スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後に思う・・

2017年もあとわずか。
今年を振り返っても、これと言って特筆することもない。
ないくらいでいい。
平凡な、たいしたことも起きない日々はありがたい。

先日「文春」の慎吾のインタビュー記事を、本屋でななめ読みした。
あまりにも長くて全部読むにはしんどい。
大事なところだけ読んだ。
ただ「あの人」に付いて行きたかった。
欽ちゃんとの対談で、あの人の名前は明かしてはいないが歴然としている。
そんなの、ファンはみんな知っていたことだけどさ、やれ解散させられたとか言っていた人たちは目が覚めたんだろうか。
無理やり事務所陰謀説を、まことしやかに世の中に広めた一部ファンの人たちは、どう思っているのだろうか。

と、そんなことはどうでもいい。
そうじゃなくって。
私は、ふっと、今までと違う気持ちになったのです。
ちょっとだけ、拓哉くんの味方だったから、「スマスマ」での冷たくされているような仕打ちに腹も立てていたけど、それって、あっち側からしたら木村は、やはり裏切者だったんだろうなと分かった気がした。
そうだよね・・・。
彼らの気持ちの中には、みんなで飯島さんに付いて行くのが本当じゃないかって、彼らなりの正義感があったんだよね。
そこんとこ、木村くんは「いや、それでも会社に後ろ足で砂をかける行為はしたくない」と、彼なりの正義だったんだよね。
だから。
だから、誰も悪くないんだと思う。
気持ちの中にあるものにおいては。
ただ、それを在籍中に明確にしてくれなかったために、ファンを煽ったこと。
大人として向き合うことなく解散してしまったことは責められても仕方ないと思う。
でも、慎吾くんの気持ちの中にあるもの、彼の正しいと思うこと、本当にやりたいと思うことは、別の所にあったのが、よ~く分かった。
それは、間違っているとか、仁義に欠くとか、そういうことではないんだなと思えた。
ただ、あの人と一緒に仕事をしたかっただけなんだと。
吾郎ちゃんもツヨポンも、たぶんそういうことなんじゃないかと。
もちろん不安もありますと、ないと言ったらおかしいでしょと。
あの人と一緒に仕事がしたい3人と、ジャニーズ事務所で仕事がしたい拓哉くんと、途中で考えを変えた中居くんが選んだのも事務所で仕事することだった。
5人が、それぞれ出した結論に、なんの問題もないじゃん・・・ねえ~~ヽ(´∀`)ノ
それをグダグダ言っているのもアホらしくなってきた。

中には、まるでハブられていたような「スマスマ」での木村くんのこと。
去年の年末の焼肉屋さんでの4人プラス森くんの会食。
あの夏の日、木村抜きでジャニーさんに解散を申し入れたこと。
未だに口を閉ざしている中居くんへの不信感。
などなどを連ねて、彼らを許しがたいと思っている木村ファンも多い。

だけどさあ、もういいじゃないですか。
拓哉くん自身も、みんなを応援してほしいと言っているんだし。
誰も悪者にしていないのだし。
今後、誰を応援するのかは、その人次第だし、またみんなのことを応援したくなるかもしれないし。
とにかく、SMAPの5人には幸せでいてほしいと思うだけ。
それぞれ、本当に真剣に考えた結果がこうなんだろうから。

少しこじれた関係は、必ず時が解決すると思います。
人間、それほどしつこく同じところに留まっていられるほど強くないんだよね。
そのうち、あれはなんだったんだろうとか思うようになるからね。

対談相手の欽ちゃんは、慎吾がジャニーズを去った事、けっこう喜んでいる感じだったな。
ジャニーズアイドルだった慎吾ちゃんが、自分たちの求める芸能に入ってきたって感じがしているのかな。
触れてはいけないバリアーがなくなって喜んでいるみたいだったのが印象的でした。

2018年が、彼らにも、ファンのみんなにとっても、今よりずっといい年になりますように。
来年も、細々とブログを続けていきますので、よろしくお願いいたします。
もはや、「アイドル」のカテゴリーに入れなくなった雑多なブログになっていますが、よろしかったら、またいらしてくださいね。
今年も、ありがとうございました(^^♪


スポンサーサイト

「長嶋さんと中居くん」&ゴジラ

面白かった。
なんだか愛に溢れていて、釘付けになった。
こんなのいいなあ。
人となりが伝わってくる。
久し振りに、テレビの前でテレビって楽しいなと思えた企画だった。

その前の、池上さんの番組が流れていて(実際には観ていない)そのままにしておいた。
そうだ。
今日は、中居くんの番組があるんだったと思い出した。
野球には、まったく興味がないので録画予約はしていなかった。
始まってから慌てて録画した(´∀`*)

中居くんが自ら運転する車で、沿道で待っている松井さんをピックアップする。
なぜ沿道?なんだけどね。
アメリカで活動する松井さんのもとにも、国民的な人たちのニュースは入っているらしかった。
このロケは、今年の6月。
その後、これまた沿道で待っている長嶋さんをピックアップ
こんなところで待たせちゃダメでしょと、スタッフに文句を言う中居さん。
助手席に長嶋さんで、中居くんのことを気遣う。
大変なんでしょ。
3人は決まったの?
はい、決まりましたね。
2人は一緒にやるの?
はい・・・木村とデュエットするわけじゃないですよね?(と、なぜか松井さんに聞く中居さん)
私が知りたいと松井さん
とかなんとか会話をするお三方。
行先は、長嶋さんの母校の立教大学へ。
学生さんたちが集まる、集まる。

長嶋さんは、オリンピックの監督に松井くんがいいって言っていたけど、瓢箪から駒ってあるのかな。
考えたこともないみたいだったけど?本人は。
スポーツ音痴な私には、よくわからないけど、それって光栄なことなんだよね。
実現するといいね。

ナレーションを、中居くん自らやっていて、その映像も。
可愛いナレーションだった。
野球が好きなんだな、長嶋さんを尊敬しているんだなって、野球オンチのワタシにも伝わってくる。
30年前に、東京ドームで会ったことも、長嶋さんは覚えていてビックリなのだ。
SMAP結成されたころだったらしいが、覚えているほど印象的な野球少年だったんだろうな

中居くんの、こんな顔を久しぶりに観た。
なんだか胸がいっぱいになった。
他の番組では観られない顔だった。
リラックスした構えていない顔。
たまたま、スマ友さんたちとグループラインをしていた。
中居担の友達が嬉しそうだった。
こんな中居くんの顔が観れて嬉しいと。
そうだろうな~~。
わかるよ・・・o(^▽^)o

自分が応援する相手には、いつだって幸せでいてほしいから。
いつだって笑顔でいてほしいから。

2018年、良い年になりますように


LINE NEWSでのインタビュー(*´▽`*)

LINE NEWSでのインタビューに答える拓哉くん。
写真も、すご~く綺麗で表情も良い。
 ⇩  ⇩
(LINE NEWS)

ネガティブな意見も受け入れると言う木村拓哉。
しかし、全部を受け取ったら足腰が経たないので半分ずつ・・・と。
ふむふむ。
な~るほど。
と、やけに感心してしまった。
ふつ~、人は批判されたり不当なことを言われたら反撃したくなる。
そこは、絶対に是正したいと思う。
凡人のワタシはそうだ。

だけど、この方は受け入れると言う。
それも「共有物」だと言い切る。
すごいメンタルだと思う。
長い間、根拠のない意見や批判にさらされて麻痺してるんだろうかと思ったが。
そういうわけでもなさそうな。
ネットは読む、見る。
避けているわけではない。
その中心にあるときも、全部、知っていたのかと思うとツライものがあるが、それもすべて受け入れて消化していたんだね~。
それもすべて、もっと先にある「本物」との出会いのためなのかな。
プロとは?に、それは人が判断するものというドッキリな言葉。
昔、上司が「評価は他人がするもの」と言ったことを思い出した。
誰かと共同作業をした成果がすべてらしい。

いつものことながら、うんうんと頷いてしまう言葉たち。
知っていたつもりだが、この強靭でしなやかな精神力に脱帽です。
2018年に期待


木村拓哉LINEスタンプ

ひゃ~~
久々にテレビの画面で観る拓哉さま~~。
LINEのお年玉キャンペーンのCMで、忌野清志郎さんの歌を弾き語り。
久々に聞く、拓哉くんの歌声。
これって、31日から3日間限定なの~~~??
その期間に捕えられるか自信ないんですけどぉ(;゜0゜)
でもって、木村拓哉のスタンプが販売されるってホントか?
「NEWS ZERO」のエンタメコーナーで、ボードに書いてあるのを観て「マジか?!」と思ったワタシ。
どうやら、26日11時から販売らしい。
(あちこちニュースを読んで、うら覚えなので、違っていたらゴメンナサイ。)
このスタンプの顔も、LINE用に撮ったものらしいが、なんでオカシナ顔ばかりなのだ~
しかしそれにしても、ジャニーズ事務所、やるじゃん(^∇^)
次に後輩がすることになったら、後に続きそうな予感。
買いますよ、もちろん。
これ欲しさにLINE登録に渋っていた人も登録するよね。
スマホなんていらないって言っていた人も、さっそく買いに走るよね
あちこち「ホクホク」しているのが目に見えます。

制作発表の場で、岡田くんから自分の結婚のことを聞かれるかもしれません。ご迷惑をおかけしますと連絡があったと話していた。
もちろん、おめでとう~~を返した拓哉くんではありますが「気遣いできる、よくできた後輩」と。
先輩後輩の、こういう関係はジャニーズならではのもので、とても気持ちの良いものですね。
こんな嬉しいニュースなら、何度聞かれても、きっと誇らしい拓哉くんだと思います。

そして、「さんタク」で、さんまさんがインスタをするらしく・・・。
さっそくフォローしてきました。
これまた、インスタ始める人も、どっと増えそうな予感。
楽しみです(^^♪

「BG~身辺警護人」の公式LINEアカウントも出来たようですね。
こちらも楽しみです(*´▽`*)
いいことたくさんで嬉しいよ~~



Merry Christmas☆彡

クリスマスイブには間に合わなかったけど

Merry Christmas 
いつ頃まで、クリスマスにケーキを食べていたかな~。
ここ数年、何もしていません。
高校生の時は、クリスマス礼拝に出席することが楽しみなくらいだったけど、卒業してからは本格的なクリスマスのお祝いをしていない。
イブの夜、近所の信者さんの家の前で、教会の聖歌隊が聖歌を歌っていた。
今より空気は澄んでいたし、やたら音がなかったので静寂だった。
その澄み切った冷たい空気を揺さぶるような、美しい聖歌隊の歌は心癒されるものだった。
教会でイエス生誕の劇を観て、帰ってから夜中を待つ。
そうすると聞こえてくる聖歌隊の声。
その昔、教会の鐘の音も、お寺の除夜の鐘の音も、澄み切った夜に鮮やかなに聞こえていた。
あの頃が、懐かしいな。

猫好きさんには、クリスマスのプレゼントか?!ってくらいの嬉しいニュース。
桜井海さんという漫画家さんが、twitterで連載している「おじさまと猫」が、ものすごい勢いで拡散されて、ついに書籍化!!
待ち望んでいたので嬉しくてたまらない。
さっそく予約完了⇒⇒(yahooニュース)

ペットショップで売れ残った、ちょっとブチャイクなエキゾチックショートヘアの成猫。
毎日、毎日、可愛い子猫が家族に引き取られていくのを、諦めの境地で見送っていた猫。
どうせ、ボクなんか・・・。
ある日、あるおじさまが「この子をください」と。
信じられない猫。
返却されたら辛いから「やめたほうがいいよ」と、内心つぶやく猫。
ワケありのおじさまは、そのブチャイク猫ちゃんが可愛くて仕方なく「ふくまる」と命名。
もう、毎回、涙なしには読めないし(感動で、です)
うちも、うちもと猫あるあるに喜んだり。
うちのすばるも、売れ残り組だったので共感できる。
検索すれば出てきますので、興味のある方はぜひ!!
癒されること間違いないです。

こちらは、保護猫活動などをやっている、「NPO法人ねこけん」さんのブログ⇒⇒ねこけんブログ
このブログ担当の方の文章が、とてもとても暖かく、生き物への愛に溢れています。
こんな美しい心を打つ文章のブログを読んだことが無くて、毎回、感動しています。
このクリスマスイブのお話は「赤いマフラー」
号泣・・・しました。
美しく哀しく暖かい。

すべての世界中の命あるものたち(動物も人も)が、蔑まれたり不等に扱われることのない世の中になりますように。
すべての子たちが、暖かい家で、暖かい食事ができる世の中になりますように。
その姿かたちで虐げられたり、命奪われるようなことがありませんように。
すべての命あるもの、神さまから頂いた等しく敬われるべき命あるものたちに、平和と愛を。
それが、クリスマスの願い。
そして祈り。




覚悟があるひと

ふむふむ。
FRIDAYの突撃取材のインタビューに答えた木村拓哉。
新聞の広告の「木村拓哉」の文字に、へっ?!と二度見するくらい驚いた私です。
意味わかんない~~。
フライデーってどうして~??と。
インターネット検索すれば、どうやら動画でも流れていたらしい。
それを見るためにはお金がいるらしい。
時間的余裕がなかったので、残念ながら聞くことは出来なかった。
でも、ちゃんとブログやtwitterで説明してくれている方もいてありがたい。
「フライデー」まだ、本屋に残っていたら買うつもり。

ふむふむ。
どうやら、木村くんの覚悟のほどが分かる、今回のインタビュー。
にっくきフライデーに取材されて、いやいや、それはないでしょといって逃げちゃう木村拓哉ではない。
それは、ファンなら不思議でもなんでもないですよね。
雑誌は、動画で語っていたことと同じ内容らしいので、どこかの皆さま「ねつ造」ではないですから~。
正面から来たら、正面を向いて答えるってことなんだと思う。
それに、ここ一年、いろいろ言われていることは知っていると思うし、総決算的な気持ちもあったのかな~。
次のステップのための。

中居くんとは連絡、「ないない」
でも、言われているような確執はないと言い切る。
出て行った3人にも、考えてそうしたことなら頑張ってほしいとエールを送る。
自分は、ここで頑張るからってことなんでしょうね。
いろいろ辛かったりしたことも、吐きだしてしまえばいいのかもしれないけど、それではなんの解決にもならない。
胸に収める。
さまざまな想いが渦巻いての解散。
後を振り向いている暇はない木村拓哉。

おそらく。
おそらく、5人には5人の、それぞれの「想い」がある。
何が正しくて何が間違っているなんてことはなく。
それぞれの、自分への言い訳や、他者への言い訳、言い分。
それぞれの、自分への肯定、他者への否定、肯定。
自分を責めたり、他者を責めたり。
自分を許したり、他者を許したり。
そうやって出した結論だから、もう見守っていてほしいと言っているように聞こえる。
だから、彼は、ラジオでSMAPの歌を流す。
SMAPはなくなってはいるけど、無かったことにはならないから。
かつて、そこにあったもの。
確かにあったものとして、木村拓哉の胸の内にはあるんだろうと思えた金曜日の「ワッツ」
だから、彼は決して否定しない。
何事も否定から始まる人ではない。
肯定してから、次へ行く人。

やめた3人も、過去は過去として清算した上で進んでほしいと思う。
ずっと先だけ見て、進んでほしい。
いつまでも3人でつるんでいてほしくないのが本音。
そうでないと、いつまでも「元」SMAPの肩書は消えませんよ~。
3人でつるんでいる限り、その後ろに「SMAP」が見えてしまう。
そこから逃げたんじゃないの?と、批判的に観てしまう。
それとも、3人でないと注目を浴びないの?と言われてしまうよ。

いまだに、事務所陰謀説を唱えていて「辞めさせられた」と思っている人たちがいることが滑稽に思えてきた。
拓哉くんが、こうやって語っているのに信じられない人たちがいる。
それとも、これも事務所の設定とか思っているんじゃあるまいね。
拓哉キャプテンが、楽しそうにお仕事の話とかをしているのを聞いて、これが陰謀だったなんて誰も信じないけどね。
そう思いたい人たちの、心の中ってどんなもんなんだろう・・・??

私は、もう来年のテレビが楽しみで仕方ない。
やっぱりね、テレビよね、映画よねと思う、時代遅れのワタクシであります。



木村拓哉さま、もうすぐですね!

拓哉くんとさんまさんの「さんタク」が、元旦の放送に決まったようだ。
やれやれ。
やっと軌道に乗った感じかな。
いろいろ楽しみな内容です。
でも、元旦は、じっとテレビってわけにもいかず・・・たぶん、録画して観ることになりそうです。
ひっさびさな、木村拓哉さま、テレビで観られるってわけですね。

ドラマの撮影も好調らしく、この寒さの中での外ロケは本当にお疲れさまです。
石田ゆり子さんのインスタによれば、まだ暗い早いうちから、暗くなっての夜までの外の撮影もあったみたいです。
エキストラに参加しているファンの皆さまも、寒い中、お疲れさまです。
でも、残念なことにSNSにあげている人たちもいるらしく、これはルール違反ですから、即止めていただきたい。
あまりヒドイようだと、エキストラ募集はなくなりますよ。

24日(日)朝5時~「はい、テレビ朝日です」
新年からの番組の情報番組ですが、「BG~身辺警護人」もやるみたいです。
ちょっとでも観られるなら嬉しいですね。
いよいよって気がしてきました。

ついでながら、杉咲花ちゃん、宮沢りえさん映画「湯を沸かすほどの熱い愛」
テレビ東京で、20日(水)9時から放送です。
花ちゃんファンの私は、もちろん映画館で観ました。
とっても、とっても良い映画です。
ぜひ、観てほしいです。
でも、CM入るしカットされていたらガッカリだな~~(;'∀')

ついでながら、木村拓哉カテゴリーには、まったく関係ないけど・・・。
弟分のKinki Kidsが、東京ドームで20周年のコンサートをやったそうで
おめでとうございます!!
剛くんの突発性難聴の影響で、バンドが使えずにオーケストラ編成で歌ったとか
万全ではない中、何かをしたいというお二人の気持ちが、痛いほど伝わってきました。
オーケストラでの彼らの素敵な歌。
思いがけず、いい思い出になったのではないかしら。
聞きたいなあと思いました。
彼らの楽曲がオケ向きであったことは良かったと思います。
将来を危惧しても仕方ない、今、出来ることを考えると言っていた剛くん。
サポートする光一くん。
普段は、そんなに交流がないのでしょうが、アーティストとしての二人のプロ意識には感動しました。
大人同士、それでいいのだと思います。

韓国のアイドルグループのメインボーカルが自殺したと、ビックリの報道。
ずっと辛かったって・・・。
死ぬほどに辛かったのなら、それこそ逃げれば良かったのに。
逃げるのが許されるのは、そういう時なのに。
逃げることは許されない環境だったのかな。

生きなくちゃ。
生きたくても生きられない人も多いのに。
生きてりゃ、いいことあるし、息してるだけで丸儲けだと思うよ、ホント。




やるせない想い・・・



キャットタワーで寝ているすばる。
覗きに行くと、イラッとするのか、こういうお顔。
久し振りに登場させました。
すばる専用インスタグラムも、ぜひ~~インスタグラム

猫は、完全室内飼いをお勧めします。
っていうか、そうしてください
お庭がだだっ広いとか、草原があるとか、外国みたいに広~い所に住んでいる方は別として。
この狭い日本、どこにいっても道路が走り車が行きかう。
まず、危険は交通事故。
猫は、危険を目の前にして固まってしまいます。
フリーズするってヤツ。
そこで状況を確かめている数秒に轢かれます。
ワンコのように、ピヤッと逃げたりできません(もちろん、犬の事故も深刻ですが)
猫は縄張りで生きているから、そこにボスねこでもいたら追い出されます。
そうして帰り道を失うらしい。
ケンカもします。
喧嘩して負傷して、感染症をもらってきます。
完全室内飼いの猫は、長くて20年くらいは生きるけど、野良猫は2~3年とか?
家と外を行き来する猫も、寿命は短いと言われています。
もちろん、長けりゃいいってもんじゃありませんが、不要な苦しみは与えたくないじゃないですか。
近所の方々が、みんな優しいとは限りません。
猫は嫌いって人も少なくないです。
それに、今、問題になっているのは、虐待目的で猫に付かづくヤツがいる。
妙に人慣れしている猫は狙われる。
そういうヤツは、やがて人間をターゲットにします。
野良猫へのエサやりも問題視されていますが、こういう場合、下手に可愛がらない方がいいのかも。
慣れてしまうと、そういう虐待目的に利用されてしまうから。

地域には、保護猫活動をしている方。
TNRといって、捕獲して去勢、避妊手術をして(協力してくれる動物病院もあるとのこと)
元いた場所に戻す活動をしている方。
責任をもってエサやりをしている方。
個人でシェルターを設けている方。
最近は、行政も、殺処分をなくすべく努力してくれています。
それでも、減らない野良猫ちゃんたち。

いまだに、去勢とか避妊に対して「よくないこと」と捉えている方々も多いです。
日本では、野良ネコは生きていけないです。
野良猫は、野生動物とは違います。
元は、飼われていた猫、ネズミ捕りに使われていた使役猫が、捨てられたり放置されて繁殖した子たちです。
猫の野性的な習性などによって嫌われているのも事実。
かつては、ネズミを獲るのに重宝がられていたのに。
去勢して、避妊して放せば繁殖することはありません。
そうやって、野良猫をなくそうという活動です。

猫は、夜中の集会があるから、外に出さないと可哀想という方がいます。
それも誤った情報です。
猫たちは、テリトリーで生きる動物。
いったん、外に出たら外をテリトリーと認識しますが、室内だと、室内のみをテリトリーとします。
なので、一歩でも外にだしてしまうと、出たくて騒ぐでしょうね。
かえって、可哀想なことになってしまいます。
一室だけをテリトリーにしても生きていける生き物です。
相性の合わない猫がいる多頭飼いのお宅では、別室に一匹だけいることも珍しくありません。
常に緊張感を強いられる生活より、その方を好みます。
ケージ飼いなんて虐待だと言う人もいるかもしれませんが、猫にとって狭いケージは安心できる場所でもあります。
なので、いざっていうときの避難場所としてケージに入れておく習慣は付けておいた方が良いです。
ケージ内にトイレと、今の季節ならフカフカの寝床と飲み物を用意しておけば大丈夫です。
うちのすばるは、姪の子供たちが押し寄せてきたときは、自ら入っていますね~~(;'∀')
イタズラが過ぎる子で、危険を伴う場合は、留守の間はケージに入れておいた方が安全です。
すばるは、シッターさんに来てもらうようにするまでは、ケージに入れていました。

うちの周辺には野良猫を見かけません。
マンションばかりの住宅地のせいだと思いますが、みなさん室内飼いをしていらっしゃるようです。
たまにお外暮らしの猫を見かけると、首輪を確認してしまいます
首輪がなくても、丸まるしているとホッとします。

野良ちゃんが多い区域には住めないかも~です。
ずっと、その子が気になって気になって仕方なくなる。
昔、むかし、子供の頃、犬も猫も放し飼いで、野良ちゃんもたくさんいたけど、気にならなかった。
それが当たり前って思っていたし、今のように車の往来も、それほどなかった。
人々も、それらの動物に対して優しかったし。
どこかでご飯をもらって、彼らは生きていた。
本当は、そういう生活がいいのかも?
自然なのかもしれないとも思う。

自然環境が破壊されている今、何が正しいのか分からない。
北極のシロクマが、痩せて衰弱して死んでいるこの時代。
クマが出没して、シカやイノシシが農作物を荒らすからと射殺されるこの時代。
昔なら、共存できていたのに。
狩りがスポーツなんていう文化は信じられないけど、狩りをして生計を立てている人たちもいる。
でも、そんな彼らは、どの部位も無駄にせず、動物を敬っている。
そうやって、人間と動物は共存していたのにバランスが崩れている昨今。
これは、すべて人が招いたことです。
ペットの飼い方も、ずいぶん変わったのは、人が傲慢になったからかもしれない。
岩合光昭さんが撮る世界のように、共存できそうな地域の方が羨ましい。
都市部では、猫は完全室内飼いをお願いしたいです。

都内で、衰弱して凍死寸前の猫さんが保護されたそうです。
生きてほしいけど、もし命絶えることになっても、ほんのわずかでも、人間に大事にされることを知って逝ってほしい。
地域猫が行方不明になって、この寒空の下、心配して捜索している方たちがいる。
ちょっとした不注意から、外に出してしまって帰ってこない猫を心配している方たちも、とても多い。
まだ、猫を飼っていない頃、戸建ての家の庭を、若干汚れた白いフワフワの猫が横ぎったことがあった。
幻か?ってくらいに、通り過ぎた。
それから数日後、あちこちに白い長毛の猫を探している張り紙を見た。
あの時の猫??と思ったが、写真よりも毛が長く違って見えたので連絡をしなかった。
今になって後悔している。
その後も、何度も、あちこちで張り紙を見た。
違っていても連絡するべきだったと後悔している。
飼い主は、わらをもつかむ気持ちだって、今なら分かる。
飼い猫を探しに行って、別の猫を保護したって人もいるし、それでもいいじゃないかと思う。
今でも、あのチラッと見えた白いふさふさの猫を思い出して辛くなる。

一段と寒くなった。
お外暮らしの猫さんたちにとって、試練の季節です。
どこのテリトリーからも受け入れてもらえない猫さんは、どうして生きていくのだろう。
仲間もいなくて固まって寝ることも出来ない猫は生きていけるだろうか。
家からいなくなって帰り道が分からなくなったペットの猫は、試練に慣れていないから生きていけるのかしら。
逞しく生きていてほしい。
そういうことを考えると切なくて涙が出てくる。

可愛がってくれるから付いて行ったら虐待されて命を奪われて。
それでも犯人は実刑を受けない、この日本の動物愛護法はなんとかならないのか。
動物が「物」扱いなんて我が国だけだよ。

高齢者の住む集合住宅で、突然に、退去命令が出て困惑しているお年寄りたちがいると聞いた。
ペット禁止のところで飼っている方が悪いと言えばそうだが、いままで見てみぬふりをしていたのに、突然の退去命令。
ただでさえ、80歳にもなろうとしているお年寄りに、転居などできるはずもない。
やむなく殺処分を選ぶお年寄りもいるらしく、その心境を思うと悲しくてたまらない。
この寒空に、お年寄りを追い出すって鬼か

愛護団体にSOSが入ったらしい。
そんなこんな似たような話題に事欠かない日本。
憂鬱になっています。
腹も立てています。
突然、涙が出てきて止まらなくなる。
何もできない自分。
何が出来るだろう。
宝くじが当たったら、でっかいシェルター作って、どの愛護団体の方たちも利用できるようにしたいなあ。
夢だけど。

すみません、長くなって。
吐きだしたかったので、読んでくださった方、本当にありがとう。
生きていることに感謝。

先日、シッターさんに来てもらった。
うちのすばるが、大、大好きなシッターさん。
しばらくすると安心して、上の写真の箱の中で寝てしまった。
と、思っていたら、目はしっかりと開いている。
もしもの時に、この子を預かってくれるNPO法人を見つけたので精査してもらっていた。
もしも、もしも、って話だけど、すばるは聞いていたのか??
シッターさんが「この子、話を聞いていますよ」って。
いつもなら寝てしまうのに、ずっと起きていて寝ている振りをしている。
聞いていたのかな。
どこにもやらないよ。
すばるは、ずっとずっとママの子だよって、何度も言って聞かせたけど大丈夫だったかな。
犬も猫も、飼い主の話は聞いていますよね。
逆に、黙って海外留学に行った飼い主さんがいて、人間不信になった猫が豹変したって話もあります。
知り合いの猫さんは、飼い主さんたちが旅行の話をすると、必ず10円ハゲが出来ていたと。
ペットホテルに預けられるのがイヤだったのか、何度もそんなことがあったので、旅行の前には本猫の前では打ち合わせせずに、預けないで家に置いて出かけたらハゲなかった。
でも、帰宅後、ツンデレの「ツン」が激しく怒っていたらしいと。
シッターさんの猫も、家の事情でしばらく留守にして、別のシッターさんに来てもらっていて、帰宅したら「怒っていた」そうな。
わかるんだね~と肝に銘じます。

すばるが、大好きだよ、愛しているよ。
どこにもやらないからいなくならないでねと、毎日話しかけています。




木村拓哉話(#^.^#)

TOKYO MX「関ジャニ∞のジャニ勉」という番組を観た。
面白い番組だと聞いてはいたが、どこで放送されているのかも知らなかった。
レコーダーに登録してある「木村拓哉」に反応して、勝手に録画されていた
夏に放送されたものらしいので、話題としては古いかも。

ゲストは、名前忘れたけど可愛い若いモデルさん。
そして個性派俳優、波岡一喜さん。
波岡さんは、ジャニーズとの共演が多い。
まずは上からってことで「木村拓哉さん」
一番最初は「プライドでご一緒した」と。
次に映画「HERO](2007年)
「ヤマト」にも出ていたらしい。
「HERO」では、法廷の場面。
最初は、キムタクだ!コワいな~と思っていたそうな
木村さんは台本を見ない、尊敬しかない!!
確か、この方は犯人役だったという記憶がある(ゴメンナサイ、定かではないが
20ページから30ページはあろうかという法廷の場面のリハーサル。
いっさい間違いがない、完璧
監督も、カットを出さないから、そのまま進む。
リハとは思えない緊張感が全員に。
「俺は泣く場面だったんだけど、凄すぎて感動して泣いていた」と。

台本を見ないってことは、よく聞く話ですね。
本番もリハも、同じ熱で演じる人。
もう10年も前の映画だけど、もうすでに、その頃から、そういう姿勢だったのね。
ブレナイ人だな~~

「どこかでご一緒する機会があるかも」という関ジャニくん。
しかし、村上くんが「断るし」
「お前から?!」と突っ込まれ
「僕には無理です!」
あ~なるほど(´・ω・`)
いやいや、アナタだって出来るでしょう~~
ご一緒する機会、ぜひぜひ~と思っていますのでヨロシク

若いお嬢さんのモデルさんは「プライド」って聞いた瞬間に「好きでした
声のトーンが上がって、みんなに冷やかされていたけど、彼女、幾つの時だったんだろう~。

ついでに。
草彅さんとはどうでしたか?と聞かれ、波岡さん「これ言っていいのかな」と言いつつ。
剛くんとは「BALLAD」で共演。
打ち上げの時に「波岡さん、いつもデニム履いてますよね。好きなのかなと思って」
と、デニムをくれた。
そんなことされたことないから「好き!」って思った(笑)
ひとりひとりに、それぞれに合うものをプレゼントしていて、それが凄いなと思ったと言っていました。
その人を思いながら買い物したんだと思うと嬉しかったそうです。
こういうとこって、ジャニーズのいい習慣なのかも。
大変だけどね。

「BG~身辺警護人」はロケが多いのかな。
遭遇した人たちのツイが上がって来るけど。
エキストラ募集も、けっこうあるけど、朝早かったり遠かったりすると難しい。
抽選だし、厳しそうね。
エキストラに行かれた方はいらっしゃるのかしら。
寒いから大変だけど、行かれた方は楽しんで



期待は膨らむ(^^♪

ドラマ「BG~身辺警護人」の予告がながれましたね
いつもは観ない「ドクターX」を観ちゃいましたよ~。
最終回も流れるなら観なくちゃ??
クールでかっこいいボディガードでした。
期待が膨らみます

「ワッツ」
桐谷健太さんと、とあるロックな場所で踊った話をしていましたね。
ガンガン、ロックがかかっていた場所だったので自然だったのでしょう。
桐谷さん、上半身裸。
自分も同じく・・・で、そこに亀梨くんが現れたとか。
これ、亀ちゃんサイドでは有名な話みたいだけどね。
亀梨くんも、Tシャツ脱いだら「あれ?ぽにょじゃね」って感じだったとか。
で、亀梨くん、一念発起?ジャニーズ一の筋肉バキバキになりますと宣言したとか。
近く、和也に会うことがあったら確認しておきますと、拓哉キャプテン(^-^)/
確認したら報告を頼みますよ~(^∇^)

幼稚園の頃に「GOOD LUCK」を観て、パイロットに憧れたリスナーくん。
大学の航空科に無事受かって、夢に向かって進んでいるそうで、キャプテン嬉しそう
リスナーくん「新海くんが機長になったところを、スペシャルでいいので放送してほしい」
うん、うん、観たいものだ!!
キャプテン「あいつ、本当に機長になれてるのかな。心配なところです。」
と言いつつ、TBSのスタッフに会ったら、そういう要望があったと伝えますとのこと。
実現したら嬉しいけどな~。
ひとり身になった今だから、そういうことが言えるのだろうし、もしかして?って期待もしちゃいますよね。

さんまさんが、関西のラジオで何を言うかわからないのでパトロールお願いしますと言っとりました(;'∀')
関西だから、何を言っても大丈夫と思っているみたいで・・・と。

「さんタク」も、もうすぐですね~。
楽しみでたまりません。
年末まで、あとわずか。
忙しいので、もっと先に延ばしてほしいところですが、早く明けてほしい気持ちも

吾郎さんの誕生日でしたね。
なにはともあれ、ハッピーな一年になりますように。
SNSで繋がっていることが幸せみたいな吾郎さん。
今までも、SNS上では、毎年この日は「おめでとう」で溢れていたんですけどね。

ついでながら、キスマイ藤ヶ谷太輔の舞台のチケット申し込みが始まりました。
申し込む方、忘れないように!!
(と、自分に言い聞かせているワタシ)


いよいよですね(*^-^*)

友達の引っ越しが無事に終わった。
連日手伝いに行き、かなりハードだったけど、それはそれで充実していた。
その間、テレビもあまり観ていない。
本も読めない。
東野圭吾著「マスカレード・ホテル」
まだ4ページくらい(。-_-。)
今週後半、予定をこなし、前出の友達のお仕事を手伝いに行く。
そんなこんなの年末で、またまた大掃除は棚上げかな~~

でも、そうやっているうちに始まるんですよね~。
ドラマ「BG~身辺警護人」
その前に番宣もあるしね。
楽しみ、楽しみ。
公式twitter始まりました⇒⇒BG~身辺警護人公式twitter

撮影も始まったようです。
石田ゆり子さんのインスタグラムで、銀杏並木に立つゆり子さん。
今日から新しい現場に入りましたって。
ゆり子さんちには、保護猫2にゃんと雪ちゃんというワンコがいて、ある保護猫活動をしている方のブログを読んで、そのことを知りました。
さっそくインスタの登録をしてフォローさせて頂いています。
ハニオ日記(茶トラねこさん)が、ことのほか可愛く面白く癒されています。
ゆり子さんの才能を、あちこちに感じます。
大好きな女優さんなので、拓哉くんとの共演が楽しみで仕方ありません。

拓哉くんはテレビの露出がないので、情報とか、今どんな感じの髪型なのかとか、さっぱり分からないぶん、楽しみが倍増です。
この世の中、ネットが普及していると、どこかで見かけたとかの情報は入って来るし、共演者のつぶやきで知ることも。
そういうの嬉しいですね
マツコさんとロケしていたという情報もあり、本当のところは分からないけど楽しみにしておく(´∀`*)

今年も、あと少しだけど来年、いよいよ木村拓哉が一歩も二歩も先に行く予感しかない



写真のチョイス(^◇^)

ジャニーズネットでスペシャルメッセージが読める。
で、中には写真が見れる人のも~~。
(なぜ全員じゃないのか。どうせ、会員番号がないと見れないのに?)
木村拓哉の写真をチョイスした担当者、なかなかのセンスですね~(^◇^)
個人的に、服を着ていない写真は嫌いなんだけどぉ。
あまりにも露出がない木村氏のことゆえ、これは良しとしよう~(偉そうに、上から目線
まだ見ていない方、会員番号をゲットしていない方、この機会にいかが??
でもさ、ジャニーズ事務所管轄の、この場所でこういう写真は珍しいのかな。
これも、個人活動になったおかげなのかも?

ワッツは、特に伝えることなし。
最近、質問に答えるのばかりだが、早くお仕事情報ほし~~。

キスマイの話題。
「ミュージックステーション」新曲紹介。
「赤い果実」
玉森くんのドラマの主題歌だけど、ドラマの方は、残念ながら途中で放棄してしまった
今日は、ワッツ終了後に観ました。
出演者がどうのじゃなくて、内容がつまらなくてね~~~(´・ω・`)
ファンの方、ごめんちゃい
主題歌は素敵。
振り付けもカッコよかった。
全員、とても素敵です。
鎖を外すのに、リハーサルでは成功無しだったらしいが本番はバッチリ!!
どういう仕掛けになっているのかな。

「キスマイBUSAIKU!?」が深夜になってしまったので、録画していても観ないままのもある。
たまたま起きていて観た、年下彼女への大人のキスとかいうテーマのを観た。
新しくなって、後半、玉ちゃんが視聴者のお悩みを読み上げるコーナーができた。
このコーナーの玉ちゃんがウケる。
大人の女性ゲストの「答え」を、自分流に解釈して結論ずけるのだけど、それが、なんでそうなるの?的発言でおかしい。
玉森くんの感性は、ほんとユニークで面白い。

ジャニーズじゃないけど、ショックだったことがある。
ぶさかわ犬で有名になった「わさお」のお母さん菊谷さんが亡くなった。
とてもショック・・・志村動物園などでお見かけしていたので親近感があったせいかな。
まだ72歳。
母と同じ間質性肺炎で亡くなったと聞いて、なおショックだった。
母も、そのくらいの年齢の時だったし。
わさおくんは、変わらずイカ焼き店に出勤しているらしい。
ファンが訪れているらしい。
見守ってくださっている方たちがいるので心配はないのだろうが、主がいないのは分かっているよね。
菊谷さんは保護猫も育てていた。
いつもお膝に乗っていて、その子が亡くなった後、また保護猫を育てていたんじゃなかったかな。
その猫さんたち(複数でいたような?)はどうなるのかな・・・。
すごく気になる。

ご冥福をお祈りいたします。



11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

あられちゃん

Author:あられちゃん
お仕事をリタイアしたら、SMAP&キスマイくんのことを語りたくて始めましたブログ初心者です。
神奈川在住の、かなりのおばちゃんです。
いつの頃からかSMAPファン。
意識したのは「ロンバケ」の拓哉くんあたりから。
5人が大好きだけど、拓哉くんイチオシ。
キスマイの藤ヶ谷くんをマークしたのは2009年くらい。
Mステに出ていました。
以来、気にしていただけでしたが2011年Marching Jで、SMAPの番組に出たときから、応援体制に。

SMAP1解散は衝撃的でしたが、そもそも立ち直りが早いワタクシ。
過去は追いません。
執着心もない、ある意味、淡泊なワタシ。
書きたいことだけを書いていくブログに変更しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールフォーム再開しました♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとうございます♪
またいらしてくださいね♪
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。