FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン音楽祭って!?☆これからのファンの道

知らなかったわ~。
TBSが秋の音楽特番やるなんて。
10月31日夜7時から「ハロウィン音楽祭2016」
ジャニーズから4組出演で、我らのキスマイくんたちも~。
TBSに貢献してきたから当然かも~
他には、NEWS Hey Say Jump A.B.C-Z
番組HP⇒TBS
なかなか面白いメンバーのチョイスです。
この司会者は、火曜日深夜の音楽番組の方たちですね。
中居くん司会の「Momm!!」が、音楽番組からバラエティに移行してから出来た番組だと思います。
中居くんが、長く手掛けてきた音楽番組がなくなったのは寂しい限りなんですけどね。
そもそも「UTAGE!」になった時点で、あれれ?って感じではありましたけど
あれはあれでいいのかなとも思います。

なにはともあれ、キスマイが、音楽番組に呼ばれることが喜ばしい。
最近、A.B.C-Zも活躍していますね。
よきライバルであってほしい。
ジャニーズだから、そこは、踊って歌って・・・ステージ上のクオリティの勝負でお願いしますよ

SMAP解散報道があってから、私の気持ちも、あっちへこっちへ動きました。
今は、しずかに見守りたい。
その日が来るのを、静かに待つ。
やはりケジメとしてライブなりイベントなりをしてほしい気持ちもありましたが、今は、なくてもいいかなと。
でも、せめて「スマスマ」最後の日には、ファンに対してメッセージを発信してほしい。
そこは、やはり「ケジメ」ですよね。
人としてのケジメだと思います。
本当のことは言えるはずもないので、今、そして「これから」どうしたいかを話してほしいです。

今日会った友人たちが(関ジャニファン)来年からはどうするの?と聞いてきた。
それぞれがソロ活動だよと言ったら「違う」
つまり、私がどうするのかと心配していたらしい。
それぞれのファンクラブが出来るらしいけど、私は拓哉担だから木村のファンクラブに入るよと言った。
中居くんのもいいかな~とか、個人的には思うが、そこはやはりSMAPファンの入り口になってくれた拓哉を応援したい。
なんだか、それが「礼儀」のような気もするんだよね。
ありがとうって、直接言えるなら彼に言いたいしね。
こんな世界を知る切っ掛けになってくれた人だもん。
ジャニーズ嫌いだった私が。

来年のことなど考えたくもないファンの方も多いと思う。
解散まで、すでに2カ月ちょっと。
まだまだ諦めていないファンの方たちも多く、さまざまな動きもあるようですが、私の心は波風立つことなく静かなものです。
むしろ、来年からが楽しみです。

過去にあったいいことも良くないことも、すべてを包み込んで、人は先へ進むものです。
それらは、拓哉が言うように、なかったことにはならない。
それも、それぞれの一部として生きていくことになります。
メンバーとしていた時代が、彼らの一人一人を作り上げたことには違いないから。
今、解散すると言うなら、それなりの生きる意味があるのでしょう。
たとえ、解散させられたということであっても(私は、それは否定します)
それも、それなりの意味があってのことなんでしょう。
長い、長い人生の中では、必要不可欠な出来事なのでしょう。
個人の力では抗うことのできない「時の流れ」というものが、人生の中では存在するからです。
人は、思いもかけない方向に進んでいくことも有り・・です。
でも、もっと先に行ったとき「ああ、これか。このためだったのか、あの出来事は」って思えるのです。
だから、しっかり足元をみて生きてほしい。
生き抜いてほしいと思うのです。
2016年は、きっと、絶対に無駄には成らなかった年になると思います。
それぞれが(ファンも含め)投げやりにならず、やけっぱちにならなければ、先にあるものを掴み取ることが出来ると信じます。
人生って、無駄になることなんてないのだから。
今日の積み重ねが明日につながるのだから。
でも、今日と同じ日が、明日も来るとは限らない。
だから、一日一日を大事に生きてほしい。
私たちもね!!




スポンサーサイト

木村拓哉のホンネ

拓哉くんへのインタビュー。
「木村拓哉のホンネ」
雑誌「UOMO」買うべきか否か迷った。
買って売り上げに協力すべきと思ったが、きっと、いずれは捨ててしまうのでやめて立ち読みしてきた。
なんつう、ファンだよ、この期に及んでとは思ったが、自分のスタンスは変えられない。
内容は、とっても良かった。
拓哉ファンは読んでおいた方がいいよ。
ホッとした。
変わってない、彼はいつも、いつも同じだ。
そこにホッとした。
I amではなく、今でもこれからもWe are。
一人で事を成しているわけではないという意識。
彼が「無念」と言った意味がわかりました。
そういうことだったのか。
そういう人だったね。
自分が・・・ではなく、周りのスタッフやファンの気持ちを思ってのことだった。

ありがとうございました、ではなく、ありがとうと言いたい。
メンバーと作り上げたことは、これからも残るから。
なかったことにはならないから、引き続き「ありがとう」なんだね。

これからのことは、何も考えていない。
やや自虐的に答えていたようですが、彼のことだから、一人になってから考えようかなって思っているのかな。
今は、きっとSMAPでいることに全力なのかなと思った。

人それぞれの受け取り方はあると思うけれど、ずっと変わらない木村拓哉が今もいて、それはこれからも続くのだなと思えました。

12月に発売のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」の収録曲の集計が遅れているけれど、11月3日に発表されるようですね。
何が選ばれたのか楽しみです。

ついでながら。
キスマイ担の皆さま。
というか、玉担さん太輔担の皆さま。
12月の「ジャニーズ オールスターズ アイランド」の抽選結果が出ていますが、いかがでしたか?
私は、やはり全滅でした~~
キス友さんたちも、みんな全滅で、ここまで見事に粉砕してしまうと、いっそ諦めもつくってもんです
しかし、本当に当選した人がいるのか!?
ってくらい厳しかったです。
一人一公演の申し込みとかにしてほしかったわ。
何回でもOK!ってなると、倍率が高くなるじゃないか~~(♯`∧´)
こういうのに当たったことがないワタシ。
当たってみたいもんだ・・・(´・_・`)


月曜日はスマスマから

「スマスマ」ビストロゲストは、2016年に大ブレイクした芸人さんたち。
誰も知らなかった吾郎ちゃん。
テレビ、観ないんだね~。
実は、私もよく知らない。
バラエティ番組に出ている人はわかるけど、その持ち芸を知らない。
だから、きっとツマンナイだろうな~と期待していなかった
イケてないのにイケメンを装っている人とか、セクシーじゃないのにセクシーさを強調している男が苦手である
ま、それも持ち芸の一つなんだろうけど。
女性は、どこか可愛げがあれば、ほとんどOK!なのに引きかえ、厳しい採点をするワタシ。
期待していなかったので楽しかった(^^♪
横澤夏子さんとやらが面白かったな。
拓哉くんが、「卓球」と答えて狂喜乱舞して可愛かった。
自分の情報など知るはずがないと思ったのだろう。
いやいや、拓哉くんは、けっこう情報通である。
あと、平野ノラさんとやらを初めて観たよ。
面白かった。
女性陣の方が冴えているよね。
言葉で笑わせるのがいい。
「今年一番嬉しかったこと」で、藤ヶ谷太輔くんと買い物に行ったことという斎藤さん。
番組で知り合って連絡先の交換をして、たいちゃんから誘ってきてくれたとか。
その話を真剣に聞いている拓哉くんの顔が印象的でした。

S-Liveは、バナナラマ。
ていうか、洋楽に疎い私は、よくわかんない~。
歌は知ってるけど、さすがに。

次回は、松任谷由実さん
これは嬉しいかも~。
楽しみです。

それにしても、ビストロゲストのキャスティングは、噂通り難航しているのだろうか。
フジなら、絶対にブッコんで来る番宣、一個もない・・・・・・(T_T)

「キスマイBUSAIKU!?」
ハロウィンのコスチューム選びが課題。
興味がないらしい横尾くん。
日本のイベントじゃない・・・と。
確かに・・・
ハロウィンの意味わかっててやってるとは思えないけどね。
もはや、日本の場合は仮装行列。
でも、その横尾くんが3位に入っていた。

「Momm!!」は、視聴者参加の歌番組。
点数がクリアできれば夢をかなえる。
NYのアポロシアターのオーディションを受けたいと言っていた青年の歌が良かった。
母子家庭で育った彼は、正しいレッスンを受けたわけではない。
ちゃんと教わったら、ちゃんと声が出て、もっと上手くなるだろうと思えた。
たくさんのひな壇ゲストのアーティストさんたちが、あれだけの出番で勿体ない。
この企画は、このクールだけでいいよ~。

ついでながら。
「誰かにとって正しいことは、誰かにとって理不尽かもしれない」
月9「カインとアベル」でのセリフ。
企業には有りがちなこと。
むしろ、そういうことで成り立っているのが企業かも。
正義感だけではお金は稼げない。
このドラマ、弟が兄に嫉妬してっていう内容だと聞いていたが、旧約聖書どおり兄が弟に嫉妬して・・・の図じゃない?
桐谷健太が、なんとなくコワいわ~。
主題歌、Hey Say JNMP、なかなか良い歌です。



「特命指揮官 郷間綾香」

このミステリーがすごい!大賞を受賞したらしい小説のドラマ化。
ちなみに「一千兆円の身代金」と同時受賞らしい。
応募の課題が、面倒な手続き・・・らしく、それでか!と納得した。

正直言って、ミステリーとしては私の好みではない。
架空の秘密組織や、存在しないナントカ王朝とか、あまりにも非現実的すぎて入り込めない。
でも、きっと若い世代には自然に入っていける内容なのかも。
アナログ世代の私には、しっかりとした現実がないと入り込めない。
小説もドラマも映画も、そのたぐいは避けるほうかな。

というわけなので、冒頭のテロップでえ?え?となってしまった。
理解するまでに、ちょっと時間がかかる。
あれ、これ普通の刑事ドラマじゃないんだと。
途中でダレた。
郷間綾香の生い立ちとか、そこまでやらなくてもいいんだけど~と思ったりもした。
でも、それが最後になって重要だったことが分かる。
でも、立てこもり犯の交渉人になっているのに、プライベートなことを言われて外に出ちゃうっておかしいとか思ったり。
突っ込みどころの多かった前半。
それが一気に集中できるようになったのは、郷間が犯人と向かい合った時から。
すごいいい場面だった。
吾郎ちゃん、ただ者ではない立てこもり犯。
一転二転、三転くらいする役どころ。
面白い役だったね。
遣り甲斐あるよね、これは。
こういうのは、稲垣吾郎にとってはお手の物だと思う。
年を重ねて、むしろ可能性に幅も出てきて楽しみだなと思う。
吾郎ちゃんは、役を作り上げることが楽しくて仕方ないんだよね、きっと。
中心人物も、チョイ役だけど存在感のある役も、主役を引き立たせるような役も、きっと何でもハマると思う。
もっと、もっと稲垣吾郎が観たいと思いました。

まさか、あの人が裏切っていたなんて。
私は、吉田警視正が裏切ったと思っていたよ(笑)
おまけに何よ?!
最後の最後w(゚o゚)w
ぎょえ~そこで終わるかい!??
単細胞のアタマでは、ミステリーは書けないわね~





つよぽんドラマ発表!!

鳥取で震度6とか!!
こちら方面にお住いの方、大丈夫でしょうか。
まだまだ余震が続きそうなのでお気を付けください。
日テレ報道部の方が「小さなお子さんが、そばにいたら守ってください。
もし余裕があって、隣近所に高齢の方がいらしたらお声掛けをお願いします。
車は端によって徐行運転をお願いします。
避難する際はドアを開けたままキーを差したままにしておいてください。
緊急車両が通る際移動できるように。」
などなどと分かり易く注意喚起をしていて、なぜかとっても感動しました。
たくさんの悲しい出来事は、たくさんの知恵を与えてくれています。

さて、早朝から、剛くんの来年のドラマ「嘘の戦争」の発表がありましたね。
待ちくたびれた発表ですが、いよいよ始動ですね。
オリジナルドラマだとか、とっても楽しみ

「めざましテレビ」で、元SMAP草彅剛さんのソロとしての初仕事と言ったものだから、非難ごうごう。
フジテレビに抗議がいったようですね。
ピリピリしている時だけに、これは辛いだろうね。
テレビ局も少し考えればいいのに~。
とはいえ、間違った言い方ではないのですけどね、今は言われたくないのだよね。
それぞれの名前の前にグループ名は要らないと思うけどね。

拓哉くんも言われるのかな。
元SMAP木村拓哉って
私は気にならないけど~。
気になるのは、そのドラマの内容だけどな。
共演者とか。
拓哉くんも撮影に入っているそうです。
ワッツで言っとりました。
すごく元気そうな声だったと思う。
きっと、現場が楽しいのだと思う。
もう、前に進んでいる。
きっと、つよぽんも同じだと思う。

もうね、5人は、前に進んでいると思うのだよ。
だから、見守ってあげることは出来ないかな。
出来ないよね・・・・・・SMAPが大好きだと
私だって大好きだし、いてくれたことに感謝しているけど、もう個人の動きが気になっているよ。
個人が活躍して、誰にも何も言われなくなってほしい。
実力も人気も自分一人で勝ち取ってほしい。
元SMAPの・・・じゃなくて、元が取れる日を楽しみにしてる。

朝日新聞に「タレントの自由とは」という記事が載っていた。
ドキドキしながら読んだけど、しごく当たり前の冷静な、どっちの肩を持つといった内容ではなかった。
当たり前か・・・朝日だもんなぁ。
日本の芸能界は、事務所あってのタレント。
タレントが実力を蓄えてデビューするわけではないので、事務所が育てる。
だから、独立した際には制裁が入る覚悟は必要と。
育て上げる莫大な費用と、辞めることによって生じる莫大な損害を考えたうえで独立する人はするんだろうな。
タイタンの社長が、「自分たちの実力だと勘違いした。
『事務所の枠』・・・で出来ていた仕事だった」と、爆笑問題独立の頃を思い出して語っていた。

アメリカでは、実力を蓄えてから出てくるので、個人が主導権を取って、自分がマネージャーを雇うらしい。
あちらでは、日本のように一から育て上げることはないから、当然、個人が主導権を持つのだろう。
オファー受けるも受けないも(逆オファーもあるし)ギャラも本人が決めることだ。
だから、きっとSMAPの解散騒動など理解出来ないのだろうな。
怖いくらいの実力社会だもんね、あちらは。
だから、次から次に優れた人材が輩出される。
けど、いなくなる人も多い、怖い世界だけど遣り甲斐もあるんだろうな。



出そろったかな、秋ドラマ(^^♪

映画「何者」を観ました。
面白かったですが、身につまされます。
突っ込みどころのない珍しい映画

「少女」を観る勇気がなくて、吾郎ちゃんファンの方、ゴメンナサイ(ノ_<)
湊かなえさんは、やはり苦手だ~

で、秋ドラマ、たくさん観てます

(月曜)
「カインとアベル」
先の記事にも書いたけど、案外、面白い。
桐谷健太扮するお兄ちゃんの「闇」が怖くて、気になる。
山田くんの弟くんは、やはりあの髪型と茶髪はやめるべき。
このままだとジャニーズそのまんまで損しているのに、誰も言ってあげないのか~。

(火曜)
①「レディ・ダ・ヴィンチの診断」
これも、どこかで書いたけど、アメリカドラマ「Dr.HOUSE」に似ているが、これほどのパンチはない。
患者の自宅に入り込むって、家宅侵入罪なんだけど、そのへんが「ま、いいか」と言わせるほどのものがない。
でも、エピソードが面白い。

②「逃げるは恥だが役に立つ」
面白い、文句なし。
気の利いた映画のテイストで、ガッキーが可愛い♪

(水曜)
「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」
これはね、石原さとみちゃんでなくちゃツマラナカッタと思う。
あのセリフの間は秀逸だと思う。
ものすごく綺麗になったよね。
毎回、スカッとさせてもらっている。

(木曜)
「Shef~三ツ星の給食~」
天海祐希さんお得意のキャラだと思うけど、もうそろそろ、もっと違う女を観たいな。
だけど、ついつい観てしまうのは、自信満々のシェフが、どうやって給食を改革していくのか気になるから。

(金曜)
①「砂の塔~知りすぎた隣人」
怖いのよ~松嶋菜々子さん演じるところの隣人・・・これはサスペンスよね。
決して、ママ友ドラマじゃないよね?
菅野美穂さんが、自然とママを演じていて感慨深い。

②「家政夫のミタゾノ」
まだ放送されていないが、録画してある。楽しみ。

(土曜)
「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」
なんでも押し付けられる市職員の田辺誠一さん。
彼は、ここ数年、こういうすっとぼけた役が多いが、もっと難しい役柄もこなす人。
そういうのが観たいのだけどな~。
無理難題に取り組む彼が、どんな逆襲をするのか。

(日曜)
①「キャリア~掟破りの警察署長」
可もなく不可もなく(;^ω^)
裏のTBSドラマの主演が苦手なので、こちらを観てるってくらいだが、破天荒な警察署長に玉木宏さんなのが気に入っている。
役名が、遠山金志郎ってフザケテルわ~

②「レンタル救世主」
これもフザケテルわ~って展開のドラマ。
沢村一樹さん主演で、ジャニーズWESTの藤井流星くんとやらが出ている。
流星くんは、かなりの身体能力のようだ。
派手な顔なのに覚えられない・・・セクゾンまでが限界だ~
いや、覚えるから待っていてね(誰に言ってる)

朝のNHK連続ドラマ「べっぴんさん」
展開が早すぎて主人公に入り込めない。
ためて観ているが、最後まで見続けられるかな。
でも、綺麗なものを作ることを生涯の仕事にするヒロインに興味はある。

こんなところで。
何本か挫折するかな~。
今のところ、ちゃんと観ていますが。

嵐の翔くんと有吉さんの番組「究極バトル”ゼウス”」に、初めてキスマイから太輔と二階堂くんが出演
出来るかどうかはさておき、この番組に関われて良かったなと思います。
たくさんの先輩、後輩とお仕事して、視野を広げてほしいと思います。


40代あるあるとキスマイのロケ

「中居正広のミになる図書館」は、40代あるあるで、見入ってしまった。
ワタクシは、その年代はとうに過ぎ、そんなん甘いぞと突っ込み入れたくなりましたが。
あるよね、あるある、そういうことって・・・なイロイロ
面白かったです。
人の名前とか覚えても忘れる。
特に芸能人の名前、すぐ忘れる。
あと、読めない名前もあるな~。
ドラマの話をしたくて、「あれ、観た?」とか聞いてみる。
誰が出てるの?って聞かれて、え?誰だっけ?となる。

中居館長は、白髪があるらしい。
とは、常々言っているよね。
白髪の中居くんも観てみたい気がする。
これが、50代になると白髪じゃなくて、薄くなる方が気になって来るよね。
これは、女性も。
けっこう薄毛の中年女性は多いのに、治療法が確立しているのは男性だけらしい。
気のせいかもしれないけど、40代のゲストと、そろそろ40歳の劇団ひとりさんとかに囲まれているとリラックスしている中居くん。
キスマイからは北山くん。
ひとりさんに突っ込まれていた。
北山くんは、中居先輩にいろいろ質問事項を考えて、収録に挑むらしいが、どうやら見透かされているらしい
椅子に浅く腰かけて前のめりになっている北山くんが可愛かった。

「キスマイレージ」は、前の「キスマイ魔ジック」より面白い。
「キスマイ魔ジック」で後半にやっていた、街中へ出て一般人に突撃して数字を競う企画を一本化したもの。
今回は、ドラマ番宣に来たTOKIOの松岡くんがゲスト。
バラエティでは、初めての絡みで、お互い楽しそう
こういうのは、もっともっとやってほしい。
三軒茶屋に北山くんが行き、下北沢に横尾くんが行く。
カメラ片手に、若い女性にインタビューして、家に案内してもらい家賃を競うという企画
横尾くんが上手い。
アプローチもさりげなく、イヤミがないし、家に入ったら入ったで隅々を見逃さず。
本人に話しかけながら、先へ進むアプローチの方法は、どこで学習したんだろう。
いろいろなお仕事が役に立ち、彼の才能や可能性を引き出しているなと思う。
今や、一番お仕事をしているメンバーだそうである。

いや、それにしても、横尾くんが声をかけた女性が、翌日、三茶で北山くんに声をかけられていた
すごくない?この確率。
そもそも、芸能人に遭遇することさえほとんどないのに、キスマイメンバーに二日にわたって声をかけられるなんて

あ!
そういえば、ベストジーニスト賞で、藤ヶ谷太輔くんが殿堂入りしたとか
おめでとう\(^o^)/
先輩に肩を並べましたね。


久しぶりな普通の月曜日(^-^;

タイトル通り、月9ドラマを観て、「スマスマ」を観て「キスぶさ」から「Momm!!」で締めるという月曜日。

「スマスマ」は、オリンピックで大活躍の女子レスリングの皆さま。
ビストロのほとんどがゲームという・・・(´∀`*)
なかなか楽しい方たちで、付いてきた?コーチもノリの良い方で面白かったです。
吉田沙保里さんは、もはやテレビ慣れをしていらっしゃるのですね。
なかなかにバラエティ向き?
登坂絵莉さんは「プライド」がお好きっとo(^▽^)o
「プライド」ファン、多いですよね。
私は、今一つはまらなかったドラマなんですけど、ご近所スーパーでロケがあり内密に行われたらしく、翌日に知って残念な思いをした記憶が・・・
そのスーパー店内、通常の並べ方と違っていました(笑)
ま、そんなことはどうでもよい。
登坂さんのご希望妄想デートに、きちんと芝居をする拓哉くん。
私はね~、この人のこういうとこ好きですね。
バラエティだからと手を抜かず、相手に応えようとしてその世界に入ってくれるとこ、誠意あるなあと思う。
エキストラ役もやっていたけど、全力だね。
剛くんの「バブー」には笑ったけどね
つよぽんらしいサービス精神なんですよね~。

イエモンさんを、私はよく知りません。
15年も活動を休止していたのですね。
そこに、SMAPが参加させてもらえるのは有りがたいことですよね。
ボーカルの吉井さんが拓哉に見えてしまったのは私だけじゃないよね~。
二人並ぶと兄弟みたいだった。
ああいうロックシーンでは、拓哉くんが秀逸。
こういう歌でダンス?と思ったけどカッコよかった。
つよぽんが、いつものように重量を感じさせない踊りで目を引きました

あと何回と数えるばかりになったスマスマ。
コント、作る気はないんだね~このままのスタイルで行くんだね、きっと。

「キスマイBUSAIKU!?」
ゲストが参加するのは、ずっと続くのかな?
セクゾンの菊池風磨くんは良かったけどね、メンバーを変えて出ていただいてもいいのですがぁ。
出来れば、ジャニーズだけにしてほしいです~
横浜、知らないところ、たくさんあります。
一位、太輔くんが選んだ足湯のある温泉、いいなあ、行きたいなあ。
彼はね、拓哉くんに共通するところあるなあって思うの。
真摯に、目の前にあるものに応えようとするよね。
奇をてらったり、意外性を突いたりしないの。
相手の立場を考えた企画なの、いつも。
自分が・・・は置いておいて相手の女性のことを考えている。
これは、彼の才能だと思うので、そういうところを生かしてもらえるお仕事に巡り合ってほしい。
太輔は、意外と裏方に向いていると思うので、ライブの構成とかすればいいのに~と思う。

リニューアルした「Momm!!」
正直、前の身の上相談の方が面白かったな。
歌って夢をかなえますという視聴者参加の音楽番組。
ゲストはひな壇。
なんか、こういうの、昔あったような気がする。
な~んだと思いながら、ついつい観てしまう視聴者の力、侮れず

ついでながら。
月9ドラマは「カインとアベル」(旧約聖書から)
JUMPの山田涼介くん主演。
人望もあり仕事も出来るお兄ちゃんに、桐谷健太。
題材が題材だけに暗そう~と期待していなかったが、意外や面白かった。
旧約聖書の兄カインが、弟アベル(アダムとイブの子供)を殺したのが、人類最初の殺人事件と言われている。
ここでは、立場が逆で出来の悪い弟が、兄を嫉妬する・・・云々と聞いていたのだが、登場人物すべてに「闇」を感じる設定なのが面白いと思う。
出来過ぎたお兄ちゃんに、桐谷健太を使うことないだろ、勿体ないと思っていたのだが、これがこれが~
彼自身も、弟へのジェラシーを抱えていたのかと思えるシーンの表情にゾクッとした。
山田くんは山田くんである。
彼は芝居ができるのだと思う。
役どころも面白い、なのに何故、彼はJUMPの山田涼介で出てしまうのだろうか。
ビジュアルから作り込めばいいのに、ずっと変わらない茶髪のヘアスタイルなのが残念だった。
出来る人だけに、そこら辺の意識改革があったら、もっと伸びそうな気がする。
とはいえ、ドラマ的には面白くなりそうなので注目します!

今秋、面白いドラマが目白押し。
吾郎ちゃんが立てこもり犯人になるドラマも、すっごく楽しみ



お墓参りに行く

下の記事で訂正しましたが、あらためて。
ペットショップの売れ残りの犬猫の引き取り業者は、ショップからお金をもらって引き取っているそうです。
朝日新聞の記者さんの記事をネットで読みました。
転売が目的でないとしたらなんで?
一頭につき3万とか1万とか言っていたけど、そんな収入は、すぐに底を尽くし飼育できるわけがない。
そんな業者に引き渡すペット業界がおかしいと思う。
先進国では、生体販売をしていないところが多い。
ブリーダーと直接、交渉をして、何度もお見合いして連れて帰ったり、やはり保護施設から引き取って来るケースが多い。
日本もそうなってほしいよ~~(*`皿´*)ノ

久々にお天気が良くなったので、気になっていたお墓参りに行ってきました。
父の叔母(伯母?どっちだ)夫婦のお墓があります。
都内なので、少々遠く、秋分の日は雨だったので行けなかったから。
私にとっては大叔母ですが、クリスチャンだったので、宗教問わずの墓地にいます。
父に、うちの家系を聞いても、いまだ理解できず。
むかし、むかし父のおじいちゃんの後妻さんの娘だったらしく?なんだかんだで、郷里を追い出されたらしい。
父は、その義理の祖母が大好きだったらしい。
関わるなと言われていたのに、こっそりとお邪魔してご馳走になっていたりしたらしい。
大叔母は、子供がいないので父を捜して連絡をくれてからお付き合いができました。
誰も、お墓をみる人がいないので、私が、お盆やお彼岸などに行っています。
将来はどうするかな~と悩みです。
私も子供がいないので、うちのお墓も途絶えてしまうし。
うちは、お寺さんにお墓があるので、住職さんに相談に行かなくちゃ。
お墓に、亡くなった方がいるわけではないけど、されどお墓ですよね。
お墓を一つ所に整理する家もあるんでしょうか。
単に途絶えてしまったのか・・・墓碑が撤去されているところが多くなりました。
宗教問わずのお墓は、墓碑が低くシンプルなので、目立ちました。
なんだか寂しいなと思いながら帰ってきました。

最近の友達との話題は、親の介護と病気の話。
それにお墓の問題なども加わってきました。
ああ、やだやだと思いながら、それぞれの考えを参考にさせてもらっています。
いろいろな家庭があるものです。
あ、それに、リタイアして家にいるようになった夫に対しての愚痴も増えましたね(笑)

ベランダ脇にある窓越しに、すばるを撮ったので、ちょっと荒いですが・・・。
朝は、この大きなガラス窓越しに外を眺めるのが好きらしい。
暖かいっていうのもあるんでしょうが、飽きずに眺めています。




命あるもの・・・(長いよ😅)

気になっていたけど怖くて観れなかった「ペット王国ワンだランド」の、「売れ残った犬や猫はどうなるのか」の回。
意を決して、やっと観た。
だいたいわかっているだけに正視できないよね、こういうの。

ペットショップで売られている犬猫は、だいたい6カ月を過ぎたあたりから「処分」される。
以前は、保健所で引き取っていたが、今は拒むことができるそうだ。
行政によっては、まったく引き取らないところもあるが、逆に殺処分をドンドンしてしまう地域もある。
・・・らしい・・・と聞いている。
こういった売れ残りの犬猫を低価で買い取って引き取る業者がいる。
河川敷に大量に犬の死体が遺棄されていた事件もありましたね。
番組では、こういったペット業界を糾弾している朝日新聞の記者さんをゲストに、取材した映像も見せていました。
小さなケージに大きくなった犬猫を閉じ込めて、病気の子は放置。
餌もろくに与えず・・・。
この業者の男は、抜け抜けと「虐待って、どこまでを言うのか。叩いたり殴ったりするのが虐待ではないか」と言っていた。
人間もそうだけど、虐待って、命あるものに対しての責任放棄を虐待っつうんだよ
売れる子は安く売って儲けようと思ったのだろうが、そう甘くはない。
結果、残ってしまう。
(上記訂正あり!)
先天性疾患を持っている子もいるので、彼は善意でやっているくらいに思っている
だったら世話しろよ

横浜市内で、保護施設を立ち上げた女性がいて、ここから引き取った子たちの里親を探す運動をしている。
実際に現場に行って、数匹しか引き取れず、ワンコは空気を読めるから「連れて行って」と、一斉に鳴くので辛いそうだ。
私は、ここで号泣してテレビを消そうかと思ったくらいだった。
私は、この人を尊敬する。
一時の感情に流されず、助けたい子と飼い主が見つかりそうな子を選別できるんだもん。

また、生体販売をやめたペットショップの取材も興味深かった。
少しは出てきたのかな、こういうショップも。
この経営者は、数年前まで生体販売で3000万円の売り上げがあったのに、保健所にいる子たちの飼い主を捜す運動に転向したらしい。
ショップには物品がたくさんと、成犬の子たちが数頭いて、里親を待っている。
彼もまた、人に懐く子をピックアップする。
辛いだろうなあと思う。
野犬も多く、野犬から室内犬になった子もいて、とってもいいお顔になっていた。
飼い犬が捨てられるケース、脱走して捕獲されたケース。
大事に育てられた子たちは、捕獲時より数段いい顔になっている。

以前、譲渡会を覗いてみたことがある。
当時は、ピーちゃんがいたので犬猫を飼うことはできなかったけど、たまたまやっていたので見た。
猟犬がいたのでビックリした。
猟犬って捨てられるケースが多いって知ってました?
ハンターにとって、猟犬って道具なんですって
だから、仕事が出来なくなったら山に捨てたりするんですって!!
犬は、飼い主の喜ぶ仕事をすることが好きだから、まさか捨てられるとは思っていないよね。
そのワンコは猟犬と思えないほど大人しかった。
一度捨てられた犬や猫は、自ら生きる気力を失くす。
再度、人間の愛を信じられるようになるまで。

保護活動をしている方を尊敬します。
ただ可哀想で、ついつい多頭飼いになるのは、ある意味、虐待だと思うけれど、限界をわきまえて活動している方たちを尊敬する。
我が家にすばるが来てから、ねこブログを書いている方たちの所に行くのが楽しみなんですけど、中には個人で保護活動をしている方もいて、引き取り手がないと、自分で責任をもって飼うことになる。
また「預かりさん」という方たちもいて、保護主さんを援助している方たちもいる。
ずっと預かったままってこともあるだろうに。
保護する子と、去勢避妊したあと地域猫として、元いた場所に返す運動もする。
これはね、身を裂かれるようだと思うのよ。
割り切っていないと出来ないと思う。
ノラちゃんの方が幸せな子もいるけどね、中には。

私は、そういった保護猫の中から老猫になった子を引き取ろうと思っていたのですが、厳しい譲渡基準には当てはまらず断念しました。
年もそうだけど、ほとんど一人暮らしという点でアウト。
最近では、個人で保護活動をしている方も、譲渡基準を設けているみたい。
中には、虐待目的で里親を名乗って来るヤカラもいるらしく、辛い思いをした保護主さんもいて。

ショップから、生体販売をなくしたい。
署名運動を見かけたら参加しているのですが、番組でも、ブリーダーが一対一のケアをする販売にしていくべきと言っていた。
そうそう、「せり市」で段ボール箱に入れられた犬猫が販売店に行くんです。
どんどん繁殖させて、セリに出して親犬や親猫はボロボロになるんです。
おかしいと思いませんか。
日本は先進国のはずなのに、どの先進国より遅れています。
そもそも、子犬や子猫が7週で店頭に出していいっておかしいでしょ。
せめて8週は親といないと、免疫もつかないし、犬や猫としての自覚がなく問題児になり捨てられるケースもある。

すばるは、ペットショップで6カ月を過ぎていました。
そろそろ7カ月の頃。
私の友人たちの中には、わざわざ月齢が上がった子を連れて帰るという人も多い。
子犬や子猫は可愛くて、育て方次第では、とっても懐くとは思うけれど、性格までは分からない。
大きくなった子は、もう個性が出来ていて分かり易い。

もし、犬や猫をお迎えしようと思っている方がいたら、保護猫や保護犬を迎えませんか。
ペットショップで生体販売が続けれらるなら、せめて、大きくなりすぎた子をお迎えしませんか。
私が、もっと若かったら、そうするのになあ。
今は、すばる一匹にしか責任は持てないからな~。
年を取って子犬や子猫を飼うのも、もしかしたら虐待になるのかもしれないね。
どっちが先か分からないもの。
せめて、もしもの時にどうするかを考えておかなくちゃと思う。

預かった命だから、天に返すまで責任を持たなくちゃと思う。
鳥さんも保護シェルターがあるのを知っていますか?
TSUBASAという大きな保護団体があり、定期的に譲渡会もやっています。
そのことは、ぴーちゃんが来た後で知ったのですが、病気になったとき相談をさせてもらいました。
すぐに鳥専門病院に行くように勧められて、それから何年も生きていてくれました。

宝くじが当たったら、自分ではできないけど、あちこちで頑張っている保護活動をしている団体に寄付させてもらって、たくさんの犬や猫や鳥さんたちを助けたい。
ペットとして生を受けた動物たちは、ペットとして、その生を全うできますようにと思う。
都市部には少なくなった野犬だけど、それだって、元をたどれば飼い犬だったのだろうから。
今の日本には、本当の意味の野生のイヌはいないはずだから。

それから、ペットとして飼っている亀や爬虫類、外来種の動物を放すのはやめて~~。
亀は、最初小さくても大きくなるのが多いし、長生きするってことをお忘れなく。
自分が、急に他界するとして、残された、飼うには難しい生き物をどうするかを考えてお迎えしてくださいねっ

訂正あり。
この記者さんの記事を読みました。
業者は、ペットショップからお金をもらって引き取っているとのこと。
必要悪なんですね!
飼育できもしないくせに、わずかのお金のために動物が犠牲になっている!!


ねほりんぱほりん・・・ってナニ?

これ、読んだ方は多いと思うのですが、読み逃しの方に
オリコン
再放送あり⇒NHK

Eテレの番組に「ねほりんぱほりん」という番組があるらしい。
人形劇仕立てで、聞きにくいことを聞いちゃおうというトーク番組らしい。
元国会議員秘書さんが出ていたらしい。
かつて、いろいろな騒動に巻き込まれた方。
そんな時、支えてくれたのが木村拓哉さんの言葉だったとか
いつだかのインタビューで「落ち込むことはないのか」と聞かれた拓哉くん。
「あるけど、そんな姿を誰も望んでいないでしょ」と答えたとか。
ふむふむ、かつて聞いた気がする。
常に前向きな姿勢しか見せてこなかった人。
後ろ向きな姿勢の自分を、誰も望んでいないから。
あっても見せない。
それこそがプロなんだよね~と思う。
本当の木村拓哉など知らない、知らせるはずもない。
テレビや映画で見せる姿も、発信する言葉も「プロ」としてのそれだ。
そこだけを切り取って、彼を、私たちはあってほしい姿に重ねる。
それは、相当の重圧のはずだ。
相当に努力が必要なはずだ。
でも、彼は知っている。
それこそが、自分の果たす役目だと。

拓哉くんは、きっと、ずっとこの姿勢を貫くだろうと思う。
それは、SMAPが解散しようがしまいが、同じなのだと思う。
彼自身は、何も変わっていないのだから。

この番組、日曜日に再放送があるみたいですよ。
上記サイトを参照してください。

話は違うけれど、ファミクラから会費返金の用紙が届いているんですか?
私ンとこはまだだけどね。
聞くところによると、8月に振り込んだ人が対象みたい?
解散します宣言後の人たちだけなのかな?
手数料を引かれていることに、相当、憤っている人たちがいるみたい。
何を今さらなことでも、腹が立つんだね、きっと。
前から変だと思っていたよ。
落選してお金を返してくれるのに、なぜ手数料を引かれているのか。
そっちの方が腑に落ちないけどね、私は。
でも、私はのん気だから、その内訳を考えたこともなかったよ
そもそも、ライブのチケット申し込みに、先にお金を振り込むことの方が変だと思うけどね。
でも、グループによってはネット申し込みだったりする。
当選したら期日までに払う。
コンサート事務局には、それぞれ担当があって、やり方が違うのだろうか。
ネット申し込みは、当選確認が楽だけどドキドキするし、入金するのを忘れていたら大変だけどね。
取り返しがつかない。
どっちもどっちな気がする。

でもね、会費をどう使おうと、手数料を引かれようと、自分たちが応援するタレント育成のために使われているのならいいんじゃないの。
っていうようなツイをしている方を見て、ハッとした。
そうだよね。確かに。
会費払って会報が全然来なくても、それが欲しくて入ってるわけじゃないし、ほとんどの人はチケット欲しい為でしょ。
会報はオマケみたいなもんだ、確かに・・・と思った。
私たちの会費は、私たちに直接還元されるものではなく、ジャニーズタレントの活動を助けるものだと思うから「投資」なんだね~。
自分が入っているファンクラブのみならず、ジャニーズ全体を応援していると考えていいのだと思う。
他のグループに使われたくない、SMAPは二年もライブをやってないのにという気持ちも分かるけどね。
自分たちの払った会費で、だれそれがライブやってると思うと許しがたいって言う人もいるけどね。
そこまで考えたことないな~。



ドラマもバラエティも面白くなくちゃ(^^♪

今日は「スマスマ」がなかった。
月9ドラマも、まだ始まらない。
そのかわりに「かもしれない女優たち」があった。
バカリズムの脚本なので楽しみにしていた。
とても面白かった。
バカリズムさん、大した才能だと思う。
以前やっていたドラマも面白かった。
あの時、選択を間違えていたら・・・。
選択を間違えた(と思っている)人生が、実は、本来の道なのかも・・・って思った。
人生、そんなもんだと思う。
ただ、選択するときには慎重に
思い込みや、他の強い影響があってはいけない。
あくまでも、自分という芯を持ったまま、どちらを選んでも後悔しないぞ!というくらい煮詰まってから決断してほしい。

「キスマイBUSAIKU!?」が久しぶりだった。
これは、好みの問題かもしれないけど、パフォーマーに芸人さんを入れるのは止めてほしい。
ゲストには、何人誰が来てもいいとは思うけれど。
フジってさ、何かっていうと芸人さんを入れると上手くいくと思い込んでないか?
もう、そういう時代じゃないんだけどね。
芸人さんが悪いわけじゃないよ。
使い方っていうか、バランスの問題でジャニーズ対芸人さんは合わないと思う。
トーク番組ならいいけどね。
対決するのに、どうしても違和感を感じてしまった。
私は、キスマイだけの対決が観たいんだけどな~

飲み会で、盛り上がるゲームを考案するっていう、いつもの企画とはちょっと違っていて面白かったけどね。
こんなの、私は、ぜんっぜん思いつかないから、みんな凄いと思う。
一位太輔、髪が短いまま(* ´ ▽ ` *)
なかなか良いです

10月22日(土)吾郎ちゃんが犯人役をやる「特命指揮官 郷間彩香」⇒モデルプレス
立てこもり犯。
なかなか面白そうだ。
映画「少女」が公開されたのかな。
舞台挨拶に登壇したみたいですね。
個人的には、湊かなえさんの小説が、ちょっと苦手なので観ようかどうしようか悩んでいる。

とりあえず、明日は(もう今日だけど
中井貴一さん主演の「グッドモーニングショー」を観に行きます。
ワハハと笑いたいよね~(^∇^)
今月は、映画を観る回数が多いような・・・?



いろいろ。思いつくまま。

ここのところ、スマゴトもキスゴトも書くことが、取り立ててない。
ブログ、来年からどうしようかな~と思っている。
少し形態を変えようかなと思ってはいますが・・・。
自由になんでも書けるようにしたいな。
何かに捕らわれるのは、もうたくさんだから。
柔らかな自由な発想でいたいと思う。

大好きなブロガーさんがいる。
二度ほど会って、とってもとっても良くしてくださった。
人気のブロガーさんだから、これまでにも色々と大変なこともあったらしい。
今回、写真掲載の警告がきたらしい。
なので、過去記事全部の写真を削除する作業に没頭していらっしゃるらしい。

私は、写真も雑誌の記事も載せない。
特別にこうであるべきという信念があるわけじゃないけど、ダメなものはダメでしょというスタンスである。
写真は肖像権の侵害だし、テレビの番組を動画でアップする人もいるが信じられない
視聴率の妨害になるし、著作権の侵害にもなる。
雑誌に至っては、買おうかな~と思っていた人も、ここで読んだからいいか!って買わない。
購買力を失墜させてしまう。
三流雑誌とか、三流スポーツ紙とかは、買わなくていいですけどね
ブログもTwitterも、写真が氾濫している。
自分の写真を載せるのは自己責任だけどね、場所を特定されないようにご注意くださいね。

こんなこと書いてありましたよって、新聞や雑誌の記事をアップする人もいるけど、確かに言葉で伝えるより早い。
でも、ダメな行為なんですよね。
ここに、こんな記事が出ていました、でいいと思うのだけど。
スマ関連では、この勢いが止まらない。
全体を読むと、そういうことなのか・・・なのに、一部分だけを載せて、さも全部であるかのような拡散の仕方はどうなのと思う。
最近は、もうTwitterを覗くことも少なくなりました。
平穏な日常になっています。
あと二カ月半、静かに時は流れていくのでしょう。

好きなことだけします。
好きな音楽、大好きな映画、興味のある本、そんなものに囲まれている幸せ。
愛しい可愛い猫、すばるが元気でいること。
友達全部の健康と幸せ。
もちろん、父や姪や甥や親族全部の健康と幸せ。
そういう人たちとの交流が、一番なごませてくれる。
この年になったら、好まない相手と付き合うこともない。
好きな相手とだけ付き合えばいい。

先日、マンションの4軒お隣のHさんが、ドアノブにお土産を掛けておいてくれた。
昨日は、丹波の黒豆になる前の枝豆みたいのを持ってきてくれた。
日ごろ、お付き合いがあるわけじゃない。
たま~に廊下で会うくらい。
関西の方なので気さくで、とっても人情味のある、私よりもずっと若いお母さん。
隣の若奥様には、夏以来会った。
「見てください、こんなんなりました」
12月に待望の二番目の赤ちゃんが生まれるとか
付き合いなど、ほとんどない。
でも、会えば会話をするし、そうそう、彼女はバレンタインにお菓子を持ってきてくれたな~。
何か、困ったときに、ドアチャイムを押す勇気を持ってくれたらと思う。
ちょっとした会話の先に「お互いさま」の気持ちを育みたいと思う。
ここに来てすぐに、父のオムツの尿とりパットがトイレに流されて詰まって水が溢れたときも、
隣の前の住人さんに助けてもらった。
その若奥様もいい人だったな~
お子さんの長期入院に伴って引っ越されて残念だったけど、今の方もとっても素敵な奥様である。

話がそれたけど、そんな、なんでもない日常が大事だと思うこの頃。
今日と同じ繰り返しの明日があることは幸せ。

映画「君の名は」を観た。
友達に勧められて・・・とっても良かった、お勧め映画ですよ。

「ワイドナショー」に、ベッキーが出ていた。
周りの松本さんやヒロミさんたち出演者の愛を感じて感動した。
ほっこり話題も、腹立つ話題も、またか!の話題も、毎週毎週尽きないけどそれも日常である。

「関ジャム」を観た。
さだまさしさんがゲストだったが、本当に素晴らしい歌の数々、いまさらだけど。
歌詞にすべてのメッセージが込められている。
関ジャニとのセッションは「主人公」
あ、これダメなやつだ~泣けるヤツだ~当時、どれだけ励まされたか分からない。
錦戸くんが、ギターとボーカル。
彼が歌うと新しいポップスのようだ。
上手くなったな~と思う。
楽器演奏も、みんな、本当に上手くなった。
場を与えられることの確かさを観た思いだった。
他のグループにはないものを、たくさん育んでほしい。

観たい秋ドラマが多くて、チョイスするのは難しいかも?

秋ドラマが始まった(^^♪

最近、観た映画は「ハドソン川の奇跡」
トム・ハンクスが、いい感じに年を取っていた。
昔、メグ・ライアンとコメディタッチの恋愛映画をやっていたよね。
懐かしい~が、メグ・ライアンはどうしたんだろう・・・。

実話なので、特別な劇的な展開はない。
あの奇跡的な航空機事故の裏に、こんな事実があったのだと驚かされました。
でも、考えてみたら、助かっても助からなくても事故の解明はするのだし、検証もするのですよね。
そういうものは、疑ってかかるところから始まる。
川に不時着したら絶望的だと言われているのに、全員が助かった。
しかも極寒のハドソン川で。
沿岸警備隊や、走行中のフェリーなどが、すぐに駆け付けた。
指示待ちなんかないのである。
行くぞ!ってなもんである、カッコいい。
ニューヨークの風景は、相変わらず美しくセンチメンタルである。
行きたい、とっても行きたい。
エンパイアステートビルは、そこにあるのに、テロで失ったツインタワービルがない…最近の映画を観ても、つい探してしまう・・・。

次は何を観ようかな。秋だからたくさんあるよ。
ドラマも始まりました。
まず、一番楽しみにしていた
「校閲ガール」すっごく面白かった。
石原さとみちゃん、いい、いい、すっごく可愛い
知り合いの漫画家さんに教えておいた。
校閲さん、隅々までチェック入るそうです。
私は漢字とか、言い回しとか自信ないし、実際にある土地とかの地名とか場所とか調べる自信ない

この秋は、面白そうなドラマが目白押しです。
海外ドラマも面白そうなのが始まっていて、録画してあるけど、まだ観られない。
天海祐希さんのドラマとか、吉田羊さんのとか、女優さんのが多いのかな。
血がドバっと出るやつは、もういいかな。
楽しいのがいい。
月9は、JUMPの山田くんが主演で「カインとアベル」
旧約聖書の、この話をどんな風にアレンジするのか楽しみだけど、見続けられるか疑問。
月9らしくないなあ・・・。

朝ドラ「とと姉ちゃん」が、無事に終わった。
とっても良かった、すごく良かった。
高畑充希ちゃん、超、売れっ子になっていて映画にも出てる。

今回の朝ドラ「べっぴんさん」も昭和の美しい時代だ。
「ファミリア」創業者がモデルらしい。
このころの、お道具類の美しいことったら。
刺繍のセットとか憧れる~。
刺繍は、母に教わった。
この主人公のように。
主人公すみれの母に菅野美穂さん。
慈愛に満ちた母を、素敵に演じている。
そういう年になって、母を演じて不都合はないという女優さんになったことが感慨深い。

来週、スマスマないのね~。
月9ドラマも、まだ始まらない。
久々に「キスぶさ」ある~(^_^)

「金スマ」楽しみ。
キンタローさんが、社交ダンスの世界大会の日本代表になったみたいだ。
新しい相方さんは芸人さんらしいが、ダンスが抜群に上手い
最初の相方、山本アナウンサーも、格段に上手くなって驚いたけどね。
最初は、オマケの得点か?って思っちゃうくらいの出来だったのに。
凄いよね。



なんだか久しぶりな気がするスマスマ

スマスマより「キスぶさ」は、いつになったら放送されるのかな。
無くなったわけじゃないよね~。
無いなら無いで淋しい「キスぶさ」

ビストロゲストは、東京都知事の小池百合子さん。
面白い方なんですね~。
サービス精神もある都知事に期待したいです。
小池百合子さんが政治家になる前は何をしていたのか知らなかった・・・。
しかも、ただ今独身。
それも知らなかった。
お疲れだけど、やる気満々なんですね。
SMAPのおもてなしはストレス解消になったでしょうか。
しかし~、稲垣パパとカラオケ友達とは!!
稲垣パパって何をしている人なんだろ。

懐かしのコント!!
最初の二年だけで、この数のコントが作られていたのね。
凄い。
改めて思う。
SMAPは大きな功績を残したんだなって。
テレビの歴史を作ってきたんだなと思った。
このコント、2016年の現在に観ても、絶対に面白いと思う。
そこが凄いところだね。
そういえば、鈴木おさむさんも、ここで育って大きくなった人だった。
彼の功績も大きい。
DVDにしてほしいなあ。
私は、シュールなグラッシーズが好きだったよ。
また観たいな~。
安達祐実ちゃんが出たグラッシーズが観たい。
ビデオに撮っておいたのに、もうない・・・
サンキューゴローとか、フランケンとか、がんばれ世良さんとか、マコちゃんとか好きだったな~

今週から最後の週まで、この思い出コントを流すつもりかな・・・。
ま、それもいいかと思った。
面白くない、付け焼刃的な新しいコントをやるくらいなら、こっちの方がずっといい。

S-liveは、JUJUさん。
相変わらず魅力的な歌い手さん。
昭和な歌が新しく聞こえる。
あと何回、歌ゲストが呼べるのだろうか。
10回もあるんだろうか・・・。

明日は「UTAGE秋の祭典」
楽しみ、楽しみ。
舞祭組くんたちに癒してもらおう
そういえば、横尾くんがMCやってる「ペット王国ワンだランド」だけど、多方面に取材している動物番組で、他と違うところが面白い。
横尾くんは、たくさんロケに行っている。
幸せなことだと思う。
東北の放射能で汚染された牧場で、被爆した牛300頭を死ぬまで面倒をみるといって飼っている牧場主さんを取材していた。
いい経験をさせてもらっていると思う。

真摯に前向きに仕事して、自分の血肉にしてもらいたい。
彼らには、その力があると思うから。


なんだかね・・・・・(-_-;)

実話ナンチャラという雑誌に、山Pのコンサートに、木村、香取が揃って来ていた、裏も取ったという記事が出ているらしい。
Twitterに記事をアップしている人がいる(それ、ダメだと思うけど?)
それいつの話?
Twitterで流れて、どうやら噂レベルだったらしいと、あとで拡散取り消しのお願いをしているのも見た。
来たらしいというだけで、実際に見た人がいるのかいないのか。
ま、よくある話なんだけど、ことSMAPに関しては、緊張感が走るよね。

その実話ナンチャラっていう、イカガワシイ雑誌を信じているファンの人たち。
落ち着きませんか?
文春とかスポーツ新聞とか信じないのに、自分たちにとって都合のいい記事を書いている、ウソ記事で有名な雑誌を信じるって
さっき、少し検索してみたら、スマヲタさん笑われてる。
なんだか、悲しくなった。

これが、山Pのコンサートだっていうことを忘れていないだろうか。
彼が精魂込めて作り上げて、たった一人で闘っている彼のステージのことには触れず。
木村香取が一緒に観に来ている。
事務所が、仲が悪いとでっち上げているんだ。
ウソがばれたとかなんとか書く前に、山Pに申し訳ないと思わないのかな。
私がファンだったら、大好きな人の神聖な場所に、土足で上がってこられた気がするけどな。
山Pは、ジャニーズ事務所の大事なタレントでアーティストで、事務所のバックアップなしには活動できない人なんだよ。
そこに、悪口三昧書かれたらいい気持ちはしないと思うけれど。

ここへきて、ファンの間が、はっきりくっきり分かれてきたような気がする。
木村担オンリーで来た人たちは、4人が許せないと思っている人も多く、その気持ちが確定してきた感じもする。
オンリーさんがアンリーに変わってきているのが悲しいし寂しい。
コメントで頂いたけど、その傾向が増えているそうな・・・。
分かるけどね・・・。
私も一応、拓哉担だからさ。
アンリーじゃないよ。
アンリーとかいう言葉があることを知らなかった。
オンリーは、グループも好きだけど、ピンポイントでその人を応援。
アンリーは、他メンバーを認めずってことらしい。
あとグループ担。

逆に、木村拓哉を認めずっていうファンもいる。
絶対に許せないと思っているらしい。
なんで?と思うけれどね。
誰がどんな決断をしても自由でしょ、それが分裂することになっても。
人の人生の選択に、他人が許す許さないという判断をすることはおかしい!
ファンだけの私有物じゃないよって言いたい。

5人は、何も悪くない、ただただ事務所の画策にのっかって辞めさせられる。
だから、私たちが守って阻止しなくては!と思っているファンの人たち(無理ある設定だけどね)

報道を受け止め、各分野の意見等を聞いたりみたりして判断して受け止めているファンの人たち。
自分は、どこに入るかな・・・って分類分けできるくらい、くっきり分かれてきた感じがする。
自分の気持ち固まってきた人が多いってことかな~。
10月に入り、解散へのカウントダウンが始まった。
これからじゃ、もう間に合わないこともある。
間に合うこともある。
どうするのかな。



9月も終わりだ。その③

「9月も終わりだ」シリーズ、その③で終わりです。

9月は映画を3本観ました。
「秘密」
「BFJ」
「怒り」
どれもタイトルが短い!

「秘密」は、あまり内容がない。
「BFJ」は、とっても癒されて楽しい映画です。
「怒り」
これお勧め。
あまり期待していなかったし、怖かったり気持ち悪かったりしたらどうしようと思っていたが、いい意味で裏切られた。
人が他人に思うこと。
無条件の信頼。
ちょっとした疑惑。
相手に抱く感情次第で人生は、大きく動いていく。
小説は長いので躊躇したが、読んでみたいと思っている。

なにしろ、宮崎あおいさんの演技には脱帽です。
広瀬すずちゃんが幼く見えるくらい。
どの俳優さんも、本当に素晴らしくて見どころ満載です。

来週は「ハドソン河の奇跡」を観る予定です。
楽しみ~♪

ドラマは「とと姉ちゃん」が終わりますね。
とってもいいドラマでした。
高畑充希さん、「怒り」にも出ていて売れっ子なんですね!
昭和の言葉遣いの美しいこと。
最近の学生さんの女の子が「ちげぇよ」とか言っているのを聞くとガッカリします。
「違うよ」って言えばいいだけなのに。

秋ドラマも楽しみです。
石原さとみちゃんの「校閲ガール」に期待

関ジャニの番組で、カラオケ女王を決めるのをやっていて、ちょっとだけ観た。
新妻聖子さんは最強だ
17歳の高校生と対戦していたが、その高校生の上手いことったら!!
負けるかと思ったよ。
しかし、聖子さんは強かった!!
対戦相手は、甲乙つけがたいほど上手いが、決定的に違うのは表現力なのかな。
同じ歌でも、歌う人によって違うものに聞こえる。
その上に、新妻聖子さんは、ミュージカルで培った芝居心で歌うから怖いものがない。
さすがでしたp(*^-^*)q

9月も終わりだ。その②

「女性セブン」に、草彅剛「ぼくは流されていた」というタイトルの記事があった。
週刊誌は、本屋に寄っても立ち読みすることさえ、ほとんどないですが、表紙のそれが気になって読んでみた。
つよぽんは、雑誌にエッセイを書いているのね。
その内容が、微妙に変わっているらしい。
決断する時に、自分の中で用意していた答えを言えなくて、大方の意見に賛同してしまうことがあると。
あとで、そうじゃなかったのにと思うが、発してしまったことだから責任は持たなくちゃいけないと。
中居くん流に言えば、タイムリーな内容だな~と。
もし、つよぽんの本意が別の所にあるのにもかかわらず、違った決断をしているのなら胸が痛い。
でも、彼自身が言うように、決めたことには責任があるから、撤回することはないのだろう。
そう思うと、辛いな~と。

どう考えても、そんなに性急に答えを出さなくてはいけなかったとは思えない。
だから、きっと後悔する。
その時が怖い。
その時、誰かが付いていて適切な助言なり、慰めなり言ってくれる人がいるだろうか。
それならいいけど・・・と、余計なお節介だけど、そう思う。

「ワッツ」を、最近は、真面目に聞いている。
キャプテンの相談への答えは的確で信頼できる。
一回り上の先輩に可愛がられている後輩OLさんの相談。
その先輩が好きで、しかも、ちゃんとその先輩のことを理解しているようだから、何も不安になることはないと言っていた。
OLさんは、嫌いな人のことをコテンパンに言うらしい先輩を、もし敵に回したら怖いと思っているらしい。
それだけ分かっていれば敵に回らないだろうし、大丈夫だろうと。
拓哉キャプテンの洞察力は凄いなと思う。
考えてもみなかったところに着眼する。
そこは男性目線だからなんだろうか。

そんな人だもの、目先のことで判断したりしないだろうなと思う。
揺るぎない姿勢と、相手への配慮は、長い間の試練に研ぎ澄まされた知覚から来るものだろうなと思う。
理不尽な世間の攻撃等さえ、彼は、それをスパイスにして自分自身を作り上げる材料にしてしまうことが出来る。



9月も終わりだ。その①

9月も終わりだ。
その終わりの30日は、私のすばるの誕生日っと
おめでとう~
三ちゃいの誕生日。
私には、いつまでも赤ちゃんみたいな気がするけれど、猫年齢でいえば、働く気まんまんの30代かな。
元気に、誕生日を迎えてくれて嬉しい。
アメショーだから、もっと活発かと思っていたけど、そうでもない。
好奇心は強いが飽きるのも早い
遊ぶの大好きだったのに、最近は、猫じゃらしに反応しない。
淋しいことだ。
小さなプラスティックの、鈴が入ったボールを追いかえるのは好き。
狭いマンションですが、幸いにも廊下が長いので、そこに向かって投げると玄関ドアに激突しながら走る。
運動してほしいから、なるべく投げて遊ぶようにはしている。

猫あるあるだと思うが、何か気に入ると、しばらくそればっかりする。
たとえば寝る場所。
季節によって変わることは変わるが、それにはパターンがある。
夏の間、フェルトが敷いてあるキャットタワーの箱の中には入らない。
ところが、ここ2週間前くらいから、気が付くとそこにいる。
お留守番をする寝床は、物置化している部屋のソファの下が夏で、上が今。
夜は、自分のケージに入っている。
このところ寒くなったからか、私の膝の出番も増えた。
本格的に寝るのは、キャットタワーのてっぺん、箱の中ではない。
不思議だ、ルーティーンが決まっている。

最近、可愛い仕草をするようになった。
ご飯頂戴は、背伸びして私の後ろ足あたりからお尻にかけてガリガリする(痛いぞ!)
本格的に用意を始めると、キッチンカウンターに上がってきて、私の腕を、前足でチョイチョイと叩く。
これが、ちょ~可愛いのであります。
ね、ね、ご飯ま~だと言わんばかりの仕草です。
頭をチョイチョイすることもあるかな~。

下の写真、ちょっと見にくいですが。
私が、パソコンを開いて作業をしていると占領するすばる。
これも、猫あるあるですね。
パソコン、新聞、邪魔しに来ますよね。
堂々と横座りするんですが、この日は、堂々と寝てしまいました。
おまけに、この後、キーボードの上で毛づくろいしました。
暖かいから好きなんだとは思いますが、夏でもするので、かまってアピールなんでしょう。
集中していると邪魔しに来ますから。
電話していると、電話に頭突きしますしね。

いつまでも元気でいてほしいです。

09 | 2016/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あられちゃん

Author:あられちゃん
お仕事をリタイアしたら、SMAP&キスマイくんのことを語りたくて始めましたブログ初心者です。
神奈川在住の、かなりのおばちゃんです。
いつの頃からかSMAPファン。
意識したのは「ロンバケ」の拓哉くんあたりから。
5人が大好きだけど、拓哉くんイチオシ。
キスマイの藤ヶ谷くんをマークしたのは2009年くらい。
Mステに出ていました。
以来、気にしていただけでしたが2011年Marching Jで、SMAPの番組に出たときから、応援体制に。

SMAP1解散は衝撃的でしたが、そもそも立ち直りが早いワタクシ。
過去は追いません。
執着心もない、ある意味、淡泊なワタシ。
書きたいことだけを書いていくブログに変更しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールフォーム再開しました♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとうございます♪
またいらしてくださいね♪
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。