スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつ少しずつ・・・ヽ(^。^)ノ

今日の「スマスマ」は、映画「家族はつらいよ」ご一行様。
(ベビスマでやってた~。ネタはなかったんかい!? 笑)
でも、これは、友達と観に行こうねって言っているので有りがたい。
とっても楽しみ~
タイムリーなゲストで嬉しいよo(^▽^)o
番宣や映画の宣伝などは、双方の会社にとって利益があるので、逆オファーがあると聞く。
本当なら、宣伝の場所に「スマスマ」を選んでくださってありがたい。
まだ、その価値が大いにあるってことですからね。
番宣がイヤっていう人も多いのだけど、私は、なんで?と思う。
宣伝する場所としての番組に選んでくれているって、とっても価値のある事。
多くの人の目に触れる・・・と踏んでくれているからこそのオファーだから。
(ま、今は何でもありがたいけどね。番組を放送してくれるだけで

そして、やっと観れる(o‘∀‘o)*:◦♪
「PちゃんVSGちゃん」
ピンクの犬とブルーの犬が、何やらコントやってたあ。
楽しそう。
Gちゃんの攻撃に、呆れている風のPちゃんでしたが、いかに?
ま、一筋縄ではいかないPちゃんだから、難なく撃退しそうだけど、大丈夫かしらGちゃん(^∇^)

S-Liveは、広瀬香美さん。
おとなSMAPが観れる予感

3月13日日曜日の「NHKのど自慢」のゲストMCに、またまた慎吾くんが呼ばれた模様。
NHK会長さんはウソ付かなかったp(*^-^*)q
引き続きSMAPさんには応援してもらいます!って言っていたもん!!
またきっと、全員で応援することもあると思うよ。

事務所の顔色を窺っているように見える民放各社は見習ってほしいわん

こんな記事が、昨日から出回ってましたが・・・
たけしさん、何気にSMAPのこと気にしていてくれたと思うと嬉しい



ビートたけしさんが審査委員長を務める「第25回東スポ映画大賞」で、SMAPがエンターテインメント賞部門の「特別話題賞」を受賞したそうです。⇒⇒スポニチ
東スポってところには引っかかるが・・・たけしさんが応援してくださっているのが嬉しい。

さてさて、今日の夜は「いつ恋」佳境に入り、楽しみすぎる~~
「スマスマ」も、ワクワクする~。
「キスぶさ」と3時間続くと、さすがに疲れるもののやめられない・・・
場合によっては「Momm!!」と続くんだけどね、今日はあるのかな??

昼間、もう一度、税務署に行ってきます。
2月中に行っておきたかったな~(´・_・`)



スポンサーサイト

いいお知らせ・・・言の葉について♪

藤ヶ谷太輔、新CMで歌い踊る
「銀座カラー」の新しいCMは、オオカミに扮した太輔が、赤ずきんちゃん100人の前で踊りまくる・・・らしい。
観た~い(((o(*゚▽゚*)o)))⇒⇒(オリコン)
今は、そういう明るくカッコよく前向きなのが観たいよ。

金曜日は、朝から嬉しいニュースが飛び込んできて、これはテンション上がるよね
テレ朝で、3月27日(日)21:00~スペシャルドラマ「ストレンジャー~バケモノが事件を暴く」
慎吾ちゃん、テレ朝初主演
やったね。
これで、SMAP全員テレ朝での主演を果たす。
去年のうちに撮影を終えていたらしいが、飯島さん、いいお仕事用意していてくれたんだね。
しばらくは、そういうのがあるだろうけど、それ以降は正念場。
だけど、これは・・・こういうことは素直に喜びたい。
萩尾望都さん原作「ポーの一族」が原案らしい。
へえ~(*^_^*)⇒⇒(コミックナタリー)
私の年代には、萩尾望都さんと言えば、漫画界のスターだった。
名作の数々は、今も読み継がれている。
しかし、私は、実は読んだことがない。
友達に借りて読んだことがあるかも・・・でも、なんだかコワくて続かなかったかも。
私は、池田理代子さんの漫画を追い求めていたクチである。
ま、それはさておき、面白そうな内容にワクワクする。
慎吾の、クールな表情を変えないだろう役どころはピッタリである。
楽しみ\(^o^)/

「ゴロウデラックス」ゲストは、直木賞、芥川賞の3人である。
しかし、私はこういう賞を取った作品には、まったく興味がない。
滝口悠生さん・本谷有希子さん(芥川賞)、青山文平さん(直木賞)
なんで、賞を取った文学って難解なんだろう・・・。
よくわからない内容のが多くて、たいていは読まない。
それなのに、3冊も!!吾郎ちゃん、外山さん、仕事とはいえ凄いな~。
しかも、ちゃんと理解していたw(゚o゚)w
当たり前か!!
映画とかもさ、賞を取ったものより無冠の作品の方が面白かったりするよね。

金曜日は、クラシックの講座なんだけど・・・月に二回くらい。
知ってました?
「キッスは目にして」とか「情熱の花」(知らない人も多いか!!)とか、ベートーベンの「エリーゼのために」をアレンジしたものだって。
ザピーナッツの「情熱の花」を、久々に聞きました。
いまどき、you tubeで何でも観られるのね。
「キッスは目にして」って、化粧品のCMで流れていて、先生は、まだ中学生くらいで友達に言われて、それと気が付かなかったことがショックだったと言っていた。
そういえば「エリーゼのために」だけど、なんとなく聞いていたら分からないよ~。
ベートーヴェンは、当時、はやりの作曲家だから、こういうアレンジも可能な楽曲ってことなんでしょうか。
天国で、びっくりぽん!しているよね、きっと。

ベートーヴェンの時代のウィーンには100軒のピアノ工房があったそうですよ。
木製だから自宅で作れたから・・・らしい。
100人のマイスターがいて、一年に一台くらいしか作っていなかったらしいけど、吾郎ちゃんの舞台でもいっていたけど、ベートーヴェンは注文がうるさかったらしい。
そのおかげで、ピアノの技術が上がったわけだけど、当時のピアノでリストの「愛の夢」を弾いているのも聞きました。
「愛の夢」って、歌もあったなんて知らなかったよ~。

先生いわく、どんなにピアノを上手く弾いても(先生はピアニストです)素晴らしいオーケストラが演奏しても、歌にはかなわない。
歌われたら、全部持っていかれてしまう。
「第9」だって、最後に来て合唱があって、観客の心に残るのはこの歌のみなんだよね。
「第9」といわれて、一楽章を思い浮かべる人はいないでしょって。
確かに~。

それくらい、言葉の力は強いんだよ。
言葉って、どんなものより強いんだ。

ん~~と、私は、別のことを考えて唸ってしまいました。
歌・・・言の葉。
口から発した言の葉。
言霊・・・だよね、やはり。
私が、「言霊」のことを書いた日、朝ドラ「あさが来た」で、主人公が同じことを言っていて、録画して観た私はびっくりぽん!
パクったわけではなかったんだけどね。

歌の力は信じたいねp(*^-^*)q
力強く歌うSMAPやキスマイを、一日も早く観たいよ。


中居くんが太輔と旅行に!?

父のところから税務署に行ったら、なんと受付を終了していた~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
ホームページを確認したのに。
確認の仕方が悪かったのか。
先日も行って、父の申告が終わり、私の・・・と思ったら、なんと源泉徴収票を忘れていた。
またまた出直しです。
会社に勤めていたころは、勝手にやってもらっていて有りがたかったな~。

帰りにコンビニに寄ったら「月刊ザテレビジョン」が一冊だけ残っていた。
剛くんの表紙の。
いつもは買わないのだけど、思わず連れて帰りましたとさヽ(´∀`)ノ
中居くんのインタビューに「去年、キスマイの藤ヶ谷君を連れて福島に一泊した」と書いてあり、目をゴシゴシして誤植かと疑ったよ
「明日へコンサート」のインタビューですが。
時間があったら仲間と、被災地に行っていた。
偽善者と思われようと、そのときのことが、動けるフットワークを学んだと。
毎年、被災地に遊びに行ってくださいと呼びかけていながら、自分は行っていないなと、太輔と行ったらしい。
ところが、藤ヶ谷くんは、弟と同級生を連れてきた(笑)と。
ははは・・・o(^▽^)o
中居くんだって、一対一じゃいやだったでしょ。
でも、なんで?珍しい。
北山くんが羨ましがっていないかな~と心配するよ。
そういうことがあったと、中居くんが、自分の口で語ってくれたことが、私は、とっても嬉しい。
この時期だからこそ。
震災以降、今、思うこと。
前を見るために。
「前だけを見ることが、必ずしも正しいかというと、振り返らなければならないこともありますし。
もちろん、振り返ったところで戻るわけのない過去ですけど。
今まで歩いてきた足跡をしっかり見直すこと。
どんな足跡で歩いてきたか。」
などなど、中居くんらしい言葉が続いて、なぜか安心するのでした。

剛くんへのロングインタビュー。
エッセイをまとめた「Okiraku」発売前にちなんで、今までのお仕事あれこれ、ドラマのこといろいろ。
「先のことを考えるより、今、目の前にあることを大事にしよう。
僕ら5人には「SMAPxSMAP」という番組がある。
まずそれを大切にしていきたいな。」と言っています。
つよぽんの「大切に」という言葉に、ぐっと来てしまいました。

父のところに行ったら、SMAP大好きおばあちゃんが、ロビーにいて会うなり
「文芸春秋」を読んだ?と聞かれました。
週刊誌もスポーツ新聞も、よくないことが書いてあるものは読まないワタシ。
「あの騒動以来、SMAPの人気が落ちたって書いてあるの」と悲しそう。
その週刊誌をあげるわと言われて、断る理由もないので、頂いてきたのは「週間朝日」
慎吾ちゃんが表紙の。
何が書いてあるのか、まだ読んでいない。
読みますよ、ちゃんと、頂いたものだしね。

大丈夫ですよ。
絶対に、復活してくるから大丈夫と元気づけてみましたが、心痛めていたのかと思うと辛いな~
でも「良かったわ。SMAPのこと大好きな人と話ができるから嬉しい」と言ってくださいました。
ちょっとお話しするだけで元気になってくださるなら、いつでも~ですp(*^-^*)q



蔵出しのスマスマ♪

なんらかの事情で放送できなかったらしい「スマスマ」のあれこれだった。
ん~、やはりテンション下がるよね、正直。
スマスマスタッフさんは、それでも、面白くなるように選りすぐって編集してくれたんだろう。
それは感じるし、それはありがたいことだ。
でも、これ何年前?っていうのを観てしまうと、少々不安になるよね。
といっても、それはそれで笑っちゃったり、感心したりしている自分がいる。
そういう意味では、スマスマって、SMAPって凄いなと思う。
お蔵入りして、日の目をみなかったゲストの方々には、本当に良かったと思う。
せっかく収録したのに公開されないなんて、こんな寂しいことはないもの。
そういえば、爆笑問題さんもビストロ撮ったのにお蔵入りになったとかって言ってなかったっけ???
きっと、まだまだたくさんあるんだろうな~。

女子会ならぬおばちゃん会(失礼!)楽しかったよ。
安藤優子さんって、あんな可愛い人だったんだね。
萬田久子さんも、オトボケで可愛い。
高橋真梨子さんには歌ってほしい・・・てなわけにいかないか。

おさかなプレートに感心しきり。
すごいね。
こんなことを考える人がいるんだ~。
数学が苦手な私にはびっくり。

今回は、つよぽん発言が笑えて癒されて、Mistakeコントが、シマホのお兄ちゃんみたいだったが、同時期だったのだろうか。

早く通常に戻ってほしいが、果たして戻るのだろうかと心配になってしまうよ。
今の彼らに会いたい。
そんなに難しいことなのだろうか・・・(´・_・`)
長い人生、こんなこともあるよね、と思う。
何もない、苦難のない人生からは何も生まれない。
彼らが大きくなるための、何にも負けない強さを身に着けるための時期なら、いつまでも待てる。
そういえば、彼らの口から、本当の気持ちを聞いてはいなかったのだと気づく。
それは、かなり、こたえることだな~・゚・(つД`)・゚・
拓哉キャプテンの「信じて」という言葉だけが頼りである。

3月29日の9時から「UTAGE春の祭典」があるそうだ。
「Momm!!」で予告していました。
なんだか、ちょっとでも希望が垣間見える気がする。
「Momm!!」が期間限定で終わってもおかしくはないのだけど、こんなグダグダした音楽の時間は貴重だよ。

と、HPに行って、意見を送ろうと思う。
「スマスマ」にも、過去の未公開映像も嬉しいけど、今のSMAPさんに会いたいと意見を送ろうと思う。

今の時期は、否定することはやめておいた方がいいと思う。
誰かを責めたり、疑心暗鬼になることはやめておいた方がいいと思う。
SMAPを、こんなに好きで、こんなに待っていることだけを伝えよう。
言霊ってあるよ。
口にしてしまう、マイナス要素の詰まった言葉は、悪いことを呼び起こす。
誰かを責めたり傷つける言葉は、自分に返って来るよ。
言霊・・・言葉には魂がこもるから、出来るだけいい言葉を選びたい。






懐かしい思い出(^^♪

2月22日は、にゃんにゃんの日・・・だそうで、なんと、Amazonに「猫用品ストア」なるカテゴリーが出来た!
びっくりだにゃん(=^・^=)
Facebookに、野良猫を撮っている写真家の方が、「テレビ局からの野良猫がたくさんいる地域を教えてほしいという問い合わせがあるが、決して教えないでください」という投稿があった。
さっそく、私も記事をシェアさせて頂いた。
(めったに投稿しないFacebookだけど
そうやって、オープンになると、たくさんの人が見に来て、不必要にエサを置きそのままにして帰ったり、捨て猫も増え、虐待目的に来る人も多いから、決して知られてはならないと思う。
そこの地域の人たちの保護活動にも支障をきたすだろう。
地域で、のんびりと地域の人たちと暮らしているのなら、そっとしておいてあげてほしい。
野良猫の糞や鳴き声に悩ませれている人も多いだろう。
まず、野良猫を作らない意識を持ってもらいたいと思う。
(映画「猫なんかよんでもこない」を観よう!!主人公の誤解が悲劇を生んでしまうが、そのことが理解を育てることになる。)
猫は、外に出さないと可哀想とか、外でも生きられるから放っておいてもいいとか、絶対に思わないでもらいたい。
野良猫を保護してみたら、外に出ようともしなくなった子も多いらしい。
どんなに過酷かってことである。

私の毎日の楽しみは朝ドラ「あさが来た」
佳境に入ってきた。
気になっているのは、あさの乳母のうめさんと番頭さんの淡い想い。
番頭さんは、娘が病気になって別れた妻のもとにもどったままだ。
そのままになってしまうのか。
うめさんを観ていると、いつも思い出す光景がある。
私が、まだ幼稚園に行くか行かない頃、西宮の仁川ってところに住んでいた。
今は、西の田園調布と言われるだけあって、大きなお屋敷も多かった。
うちは、父の勤める会社の社宅で、小さな2DKの家だったが、隣は、将来役員候補のお宅で、5人の娘と綺麗な奥さんと、おばあちゃんがいた。
いや、おばあちゃんだと思っていたら、奥さんの乳母さんだったのだ。
言っておくが昭和の話である。
世が世ならお姫様だったのだろう。
気さくな奥さんと乳母さんと、子供たちで仲良くしてもらった。
4軒ほど先にも、将来役員候補の(家柄がよい)お宅があって、同じ年の子と仲良くしていたが、有名テニスプレイヤーを「おじちゃま」という家柄であった。
いつも床に臥せっているお母さまも、世が世ならお姫さまだったのだろう。
おばあちゃんのことを、その子は「グランマ」と呼んでいて、なにもかもがカルチャーショックだったのだが、なぜか仲良しだった。
いいのか、あれは?と思うが、庭のケシの花が美しかった。
いや、あの頃は、庭にケシの花があるのが珍しくなかった気がするけど・・・・。

故郷がない私には、ここでの生活が懐かしく、今でも訪ねてみたいところである。
美しくのびやかで、想像力を掻き立てる町だった。
家の台所から見える上の道を、関西学院の馬術部の馬が通っていて、その道の上には同級生の家があったが、それこそ「おじゃMAP」で訪ねてみてほしいくらいのお屋敷だった。
あの同級生は元気だろうか。
遊びに行くと、お手伝いさんが応対してくれて、お母さまはいつも着物を着てお菓子を出してくれた。
日本庭園の庭は広かった。
子供だったから広く感じたのだろうか。
いや、表玄関と裏玄関があったから、間違いなく、彼女はお嬢様であった。
その、ちょっと先には修道院があった。
Googleで検索すると、今でもあるみたいだから行ってみたい。
和洋が混在する素敵な町であった。

その後の子供時代は、あまり覚えていないのに、なぜかこの頃のことは、何を感じて何を考えていたかまで覚えている。
美しい花畑のある自然も、明るい光も、うっそうとした森の中の一筋の光も、樹木の隙間に見える洋館も、夢見る夢子さんには十分すぎるほどの環境だった。
関西学院付属の幼稚園に行っていたのも、かなりの影響を与えたと思う。
そのころの日曜礼拝のときにくれたカード、あれは、引っ越しの時にも持ってきたと思うが、どこに行ったのやら。
可愛いカードが増えていくのが嬉しくて、先生に「神さまは、どこにいるの?」と聞いたことがある。
先生は、とても真面目に「あなたのそばに、いつもいてくださるわよ」と答えてくれて、そのことが、私の原点になったと思う。
すべてが、私の原点となったところである。

可愛いなあ~(*^_^*)

すばるも、だいぶ大人顔になったものである。
隣のネコちゃんはマシュマロである。
Mさんが、スマショのグッズと共に、送ってくださったもの。
ありがたい\(^o^)/
可愛すぎて食べられないけど。
お雛様に飾っていますが、ガサガサするものが大好きなすばるに、袋をかじられそうでコワい。
スマショは、今年はないかも??
それなら10周年記念のグッズは貴重なものとなりますね。
Mさん、骨折してリハビリして歩けるようになったものの、寒いスマショの行列に並んでくださったかと思うと申し訳ない思いです。
本当にありがとうね

雨の土曜日は、父の所に行くはずだったのをとりやめ、録画したものを消化した。
それでも、まだ半分は残っている。
「迷宮美術館」の猫の展覧会というのを観た。
外国の作家さんの言葉で「犬は呼ばれるとすぐにやって来る。
猫はメッセージを受け取り、後で折り返す」
というのがあるそうだ。
なるほど
その通りだと思う。
猫だって、呼んだら来ることもある。
でもしかし、たいていは、間をおいてやってくる。
「な~に?呼んだでしょ」ってなもんである。
気になってるくせにすぐ来ない、アマノジャクである。
犬と同様、しっかり理解できているが、ヒトには合わせない。
猫は犬のように、人に都合よく変化していない。
いまだに野生の遺伝子を、脈々と受け継いでいる。
そこが魅力だ。



久しぶりに「題名のない音楽会」を観た。
辻井伸行くんが、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を弾いていた。
辻井くんとベートーヴェンというのが意外な気がしたがどうなんだろう。
ショパンとかリストを弾いているイメージだが。
比較的小さな手で弾く「皇帝」は力強く華麗だった。
彼のお父様は産婦人科医であるが、私は、若いころから検診でお世話になっている。
おじいちゃまの代からクリニックをやっている。
伸行くんが今のように国際的に活躍する前は、待合室の隅っこに音楽会のチラシが置いてある程度だった。
今でも、誇張するものは何もない。
静かに彼の弾くピアノがCDで流れているだけだ。
友人が、娘さんの出産のとき、たまたまクリニックに来ていて、おじいちゃまのためにピアノを弾いているのを聞いたことがあると言っていた。
とてもラッキーだったと言っていた。
全盲の彼が、華麗にクラシックを弾くのも驚きだが、耳が、ほとんど聞こえないのに素晴らしい作曲をしたベートーヴェンも驚きである。
ピアノが今の形に近くなり、複雑な音を奏でることができるようになったベートーヴェンの曲は、本当に魅力的だと思う。

悩んだり苦しんだりした人の芸術は、やはり、いつの時代にも共感されるものなのだろうと思う。


いつでも変わらない人(^-^)

新しいレコーダーを買った。
シャープからPanasonicに替えた。
なんの理由もない。
もう、40年はお付き合いしているであろう電気屋さんが勧めたから。
シャープ・・・ちょっと心配だしね・・・アフターケアを考えた場合、こっちが良かろうと。
しかし、使い方がまったく違うので面食らっている。
ていうか、それいる??の機能が付きすぎていて煩わしい。
もっとシンプルで良いのに~~。
リモコンが一つになったのはありがたいが・・・テレビとレコーダー二つを使うのはめんどくさいから。
新しいレコーダーで、キスマイのライブのblu-rayを入れてみたら、ちゃんと読み込んでくれてやれやれ。
とりあえず、古いレコーダーもそのままにしてあるので、録画が4つ同時に出来ちゃうという凄いことになりました。
面白がって、新しい方でワード検索に「猫」「ネコ」と入れたら、この一週間に複数の番組が!
どれだけのネコ人気なんだか!
録画多すぎて、連ドラも消化していませんが・・・

それでも「ゴロウデラックス」は絶対に観る
井上ひさしさんの娘、井上麻矢著「夜中の電話 父・井上ひさしの最後の言葉」
私は、「ひょっこりひょうたん島」の歌詞を書いたのが、井上ひさしさんだったとは知らなかった。
大好きな人形劇だった。
年がバレバレだけどw( ̄o ̄)w
「ムーミン」とか「ひみつのアッコちゃん」とかもそうだったんだ。
私は、劇作家としての井上ひさしさんしか知らなかった。
麻矢さんは、お父さんと20年間疎遠だったそうだ。
がん療養中に、突然電話がかかってきて、毎夜のようにかかってくるようになったらしい。
そういう親子関係もあるんだな~(°_°)

突然だけど「ゴロデラ」の吾郎ちゃんが大好きである。
いつも、どんな時も、ほとんど変わらない表情と落ち着きを見せている。
そんな吾郎ちゃんを観ると、ざわざわとしていた自分が恥ずかしくなる。
内心は、どうだか分からない。
人知れず悩むこともあるだろう。
でも、決して見せない。
相手によって態度を変えることもない。
いつもフラットな人である
そういう人でありたいと思う。
でも、吾郎ちゃん自身はしんどくないのだろうかと、余計な心配をしてしまう。
お芝居、好きなんだね~
いいお芝居に、たくさん出会うといいねと思う(*´∀`人 ♪

「ワッツ」の木村キャプテンは、これまた、自分ペースが崩れない人である。
今週は、眠れないときはどうするかって質問に答えていたような・・・。
ていうか、キャプテン、眠れないことあるんだ~~と驚いた(;゜0゜)
木村拓哉は鉄人か!?
普通に繊細な神経を持つ人だったのかな。
なんか、ちょっと安心したよ
でも、相変わらず洋楽には興味がないんで、ごめんちゃい。

Twitterで「TVガイド」の「スマ新」に愛を感じたという情報があったので買ってみた。
雑誌を買うのは、ほんとに久しぶりで、たぶん一年ぶりくらい?
「スマスマ」初回1996年から1998年までの写真や、コメントが懐かしい。
「粘土の王国」って初年度だったんだ~!
「草彅ムサシ」とか「サンキューゴロー」とか、「数えてSMAP」とかあったよね~。
「ひみつ」なんて、マニアックな感じだけど好きだったな。
スマスマコントの初期のって、シュールなのが多くて面白かった。
少しずつ軌道に乗って行ってほしいね!
それにしても、「TVガイド」って薄くなった?
記事の字が、とっても小さくて、老眼には読めないよ~~


ぐだぐだと雑談・・・(^_-)-☆

スマキスゴトではありませんが、いろいろ感じるところあり。
いつものことですが、グダグダ・・・たらたらと(#^.^#)

芸能界は、まるで一年経って年末か?のごとくの情報に、早く年が明けてくれよ~な感じです。
三角関係とか、不倫とか、どうでもいいです。
個人のことなのに根掘り葉掘り、どうでもいいよ。
本人たちに任せれば。
どこかの議員の「育休」を使ったのは、あれはダメでしょ。
そうすることで、後に続く人が取りずらくなるではないか。

薬物使用や所持は、とんでもないね。
これは、一生かかっても更生の道を模索して、社会に出てほしい。
スポーツ界も芸能界も、ちょっとした隙間に付け込んでくる暗い闇がある。
相当の精神力がないと、こういう世界ではやっていけないのだろう。
でも、聞くところによると、一般社会にも入り込んでいるらしい。
一度、クスリを使ったら抜けることはできない。
たばこやお酒の比ではない。
人間って、結局は弱いものなのかな。

川崎の有料老人ホームで、老人が転落する事件が相次いで、その犯人が、元職員だったとか。
夜勤がきつかったとか、老人に手がかかったとか、自分勝手な言い訳をしているらしい。
馬鹿か
世の中にストレスのない仕事なんかないぞ。
確かに、介護職は過酷なわりに賃金も安く(保育士とかも)キツイ仕事に限って、対価が安いのはなぜだろうと思う。
早く、国が十分な助成金を出すなりなんなりしないと、成り手さえなくなるんじゃないかと思う。
しかし、この施設は有料老人ホームである。
企業が営利目的で営業しているのであれば、事業主体となる会社は何をしていたんだろうと思う。
確実に疑惑はあっただろうに、蓋をしたのか。
突いて発覚した後のことを考えて、蓋をしたのか。
そもそも、日常的に暴力行為があったなんて信じられない。

父がいるところは、いわゆる特別養護老人ホームという形態である。
法律のくくりでは、たくさんの施設がある。
介護職の人数は、法律で決まっている。
看護師常駐のところも、対象者に対してナースは何人と決まっているはずである。
ほとんどのところが人手不足で、法律で決められたギリギリの人数を保っていると思う。
夜勤を確保するのは困難である。
退職者が続くと、夜勤に入る日数が増えたりもする。
仕事の内容も、ハードだし人の命を預かっているので、気は抜けない。
ことに夜勤は、気を張ると聞く。
そうやって、父もそのお仲間も支えていただいている。
皆さん、とっても明るくて優しくて、確かに辞める人も多いけど、どうにか回っている。
自分のことは自分でできるお年寄りは、人を当てにしない。
それでも、職員は、そのことにも気を配らなくてはならない。
来客があると、私たちにも気を配ってくれる。
申し訳ないくらいだ。
事務所の窓口の女の子たち(4人いるかな)は、みんな、お嫁さんにしたいくらいの人たちで、ここで、何かをお願いすると、あっという間に関係機関に連絡がいく。
スリッパに履き替えたころには、ロビーにケアマネさんやナースが待っていたりする。
あっという間に縦ラインに報告が行く。
それだけで、私は、ここは信頼できると思った。
家族も、マメに顔を出した方がいいと思う。
「見てますよ」のサインである
施設によっては「家族会」なるものがあるところもある。
なかなか設立は難しいから、すべてにはないけど、あれば抑止力にはなるよね。
以前、私は勤めていたところには、途中からできた。
書記係の私は、とっても緊張していたものです。

月9「この恋を思い出して、いつかきっと泣いてしまう」
のヒロイン音の職場も老人施設である。
過酷すぎる描写は、それは違うとクレームを入れたいと思っていたが、その方面から注意勧告があったらしい。
良かった、誤解されてしまい、ますます介護職離れが進んでしまう。
毎晩続く夜勤はあり得ないし(法律違反になる)休憩も取れないくらいの激務ではない。
人手不足の上に経営難からリストラってあり得ない。
査察が入ったら、どうやって取り繕うんだろう。
仕事には分担もあるから、一人が、押し付けられることはない。
施設内を走るって、走るな~~である
音ちゃんは、派遣で、簡単に切られていたけど、介護職ってどこでもウェルカムだから仕事には困らないんじゃないのかな~。
派遣でなくてもやっていけるのにって思った。

ドラマとはいえ、大げさな表現は誤解を招くよね。
是正してほしいです。
それ以外は、とっていいドラマだけに残念。

新しいレコーダーを買いました。
来たら、さっそくキスマイのライブを観ようと思ったのに、まだ来ない。
いつもの電機屋さんだから、そのうち「まいど!」って言いながら来るだろうけど

これ、猫バンバンプロジェクト。
日産自動車が運動しています。
ネコちゃんは、ちょっとした隙間に入るし、寒い季節は、隙間で暖を取ります。
発車したとたんに、悲惨なことにならないように、ボンネットをバンバンってするだけです。
車を運転する方、よろしくお願いします。⇒⇒猫バンバンプロジェクト


やっぱり月曜日は「月9」→「スマスマ」→「キスぶさ」

大関琴奨菊夫妻には癒されましたぁ(* ´ ▽ ` *)
親友の豊ノ島関が、また、いいキャラだことヽ(´∀`)ノ
SMAPを守ってくれてありがとう
大きな身体で宣言してくれると、たくさんのことが払拭されるくらいの安心感がありました。
それにしても美しい奥様
メロメロなわけですよね。
結婚してないから分からないヒロちゃん・・・羨ましいだろう~?
なわけないか。

それにしても、観覧席にいるかのごとくの、スマ担さんの「参加」に、頭が下がります。
目頭熱くなる
一生懸命盛り上げようって気持ちが伝わってきます。
参加してくださった皆さん、ほんとにありがとう!!
早く、観覧しながらの収録に戻りますように
なんでまだ解禁しない?
スマヲタさんたちが、その場で問い詰めたり泣いたりわめいたりするとでも!?
見くびるなっていうの!
そこんとこ、お願い口調で、スマスマHPにコメント送っておきます。
皆さんもお願いしますね。

S-Liveの桐谷健太さん「海の声」
こんないい歌がCMから生まれるなんて面白い。
今回も素敵なセット。
ちょっと暗かったけどね(°_°)
でもやはりエンディングトークはなかったのだろうか。
ベビスマでチェックするしかないかな。

やはりね、週の初めには「スマスマ」がなくっちゃと思います。
3か月後、半年後、一年後には、そんなこともあったよね~って言えるようになるかな。
いつだって、ピンチをチャンスに換えてきた人たちだから大丈夫よね。
そして、いつか、あの時はこうだったんだって言えるようになると思う。
それまで、地道に応援するだけ。
会社に対する疑惑はぬぐえないけど、私は、会社という組織を信じたい。
私物化するには大きくなりすぎた事務所だから。
会社としての機能を果たすのだろうと信じている。
そうやすやすと不利益を被るとは思えないのよね。
「評判」とか「世論」とかも財産と考えるならば。

SMAPには、ここが正念場である。
中居くんの言うところの「踏ん張るとき」であると思う。
ファンも一緒に「踏ん張るとき」である。
はい、踏ん張ります

「キスマイBUSAIKU!?」
女子会に招かれた後輩の手土産は・・・。
前にも、このお題はあったような??
アイディアも出尽くしたのかな。
そろそろリニューアルも考えてほしいけど、この手のって若者世代には受けるんだろうな~。
一位に北山くん。
北山くんの、適度なチャラさが明るくて和みます。
先輩女子としては、これくらいの後輩くんがありがたい。
ツボも心得ているし、押しつけがましくなくていいよね。
鍋に、玉状になったコラーゲンなんて嬉しい。
あれは、いったいどこで手に入るのか教えてo(^▽^)o

「Momm!!」で、二階堂くんが、ライブの構成とかは北山くんが、みんなの意見を聞いてまとめてくれるって言っていたなぁ。
信頼しきっているんだね。
5周年なのか・・・。
結成からは10年を超えているのかな?
伊達に長くやってないという信頼感と絆がある、このグループには。
若いグループなのに安定感がある。
これから、ワンステップもツーステップも階段を上がるって思っているから、ほんと、マネージメントしっかりやってくださいよ。
それにしても、彼らもアニバーサリーイヤーだったね。
2016年は厄年なんだろうか・・・

月9「いつかこの恋を思い出して、きっと泣いてしまう」が佳境に入り面白い。
心の機微が、とても丁寧に描かれている、昨今珍しいオリジナルドラマ。
しかし、第二章に入ると、錬くんか??ってくらい人が変わっていてショックでありました


なんとなくザワつく・・・

なんだかね~。すっきりしないのよね。
なんだろうね・・・納得できない何かを感じているのかな。
なにせ、ワタクシ第六感とか鋭くて。

書店やスーパーの雑誌売り場を横目で見れば、その表紙を飾っているのは、ほとんどが、飛ぶ鳥を落とす勢いの後輩グループ。
副社長さんお気に入りの。
彼らがどうのってわけではありませんが、もちろん。
この傾向は、あの日以来続いているよね。
本来なら、ドラマをやってる慎吾くんや剛くんの表紙とかあっていいような?
いや、私が見ていないだけであるんでしょうか??
知ってる方いらしたら教えてください。
なにせ、まともに雑誌を買ったことがないから偉そうなことは言えませんね
テレビとかも、やけに多いような気がする、後輩グループ。
この機会にグイグイ押し込んでる気がしないでもない昨今。

ブログやってる方は気が付いている。
テレビお知らせ欄に、書くことがない・・・・・・( ノД`)
若干、キスマイくんのがあるだけなんだけど、こちらも減っているのは確か。
あのさ。
マネージメント、ちゃんとしてる??
この期に及んで、いかに、飯島さんがきっちりお仕事なさっていたかが分かるよね。
あの方は、大した人だったと思う。
三流新聞には、ああでもないこうでもないと、傷ついたスマヲタさんたちに塩を塗り込む。
えげつないと思う。
それで飯食ってるのかと思うと、もしそんな記者が我が父親や夫だったら「軽蔑する!」と言ってやる。
それで食べさせてもらっていることはさておき・・・だけどさ。
娘や妻に反発されて、転職考えるくらいになってもらいたいもんだ!!

稼げるSMAPだから、もちろん、会社が放っておくわけもないのだがじれったい。
一部には、SMAPは干されているという人もあるが、それはないと思います。
自分とこの稼げるタレントを放っておくわけがない。
会社だから、利益あげてナンボのものだから。
うまく稼働していないのでは?と思うし、この際、他を売り切んじゃおうっていう考えはあってもおかしくない。
それも利益に結び付くからね。
それはそれでいいけど、上手く稼働していないのが歯がゆい。
この際、SMAPさん、セルフプロデュースしませんか?
社長や副社長に、直接プレゼンしてもいいのでは?

ああだこうだと、ぐるぐるスッキリしない。
今日の天気も良くないね
あまり騒がないタイプの私だけど、な~んとなく、何かを感じ取ってしまう。

KATーTUN充電期間を設けたのは、中丸くんいわく、メンバースタッフで考えたと。
自分は、このままなかったことにしよう・・・と思っていたらしいが、かなりの話し合いを重ねてきた結果らしい。
メンバー間で話し合いとかしてないわけがないんだよね~、SMAPも。
今日は、ベストアルバム発売のお知らせがあったね。
タイミングいいというか、ああ、すべて会社の計らいかって思ったよ。
充電期間を経て、再出発するときには、派手にプロモーションするんだろうな。
もしかして、メンバー補充もあるかもね!?
すべてを込みで売っていくってことかって理解した。
だからさ、ハイフンさん、絶対に信じて待てばいいよ。
悪いようにはならないから、きっと!
ベストアルバムには、仁くんや聖くんの声も入っているのを編集したみたい?
これは買おうかなと思っている。
協力したいっていうこともあるけど、これは欲しい

ネットの記事で、赤西くんとメイサちゃんの結婚披露があったと知って、そのせいかお昼寝で夢を見たよ(*^_^*)
なぜか、赤西夫妻が私ンチの二階に間借りしていた!!
その家は、住んだこともない昭和なレトロな家なのだ。
でもって、日比谷で偶然会った拓哉くんが家に来ていた!!
なんで?だよね。
でもって、なぜか、そのあとに中居くんと、誰か分からないけどジャニーズの誰かが来て、仕事だから戻ってくださいよって。
先輩が3人いるので、仁くんが寝ぼけ眼で出てきて見送る。
で、なぜか綺麗なブルーのスーツを着ている木村、中居。
刺繍の柄が違うだけで。
3人がバラバラに出ていくと、赤西夫妻と出かける私。
電車で移動していたよ。
なんていう夢だ(;゜0゜)
面白かったけど。

さて、今日は、月9もあるし・・・「スマスマ」も。
桐谷健太くんとのコラボも楽しみ。
まさしく撮って出しのスマスマ。
気分を換えよう~。

バレンタインチョコのアンティーク柄のパッケージ。
Goncharoffのチョコは、毎年、柄が変わるけど、これは即買い!
父と自分用に




この記事を書いてくださった方に愛を感じます⇒⇒(music voice)


SMAPファンなら応援したい頑張れKAT-TUN♪

タイトル通りのタグがTwitter上に登場したらしい。
私は、Twitterは登録しているものの使っていない。
というか、使い方をイマイチ理解していないからだけど(*´~`*)
ちゃんと分かってないと(リスクを含め)すぐに言葉を発信するツールは怖い。
慎重になってしまいます。
face bookも同様。
ブログは、考えながら書き自分の中でGO!サインが出たら「公開」すればいいので、責任が持てる。

つまりは、充電期間に入るKAT-TUNファンを応援するタグらしい。
その節は、SMAPのCDを買ってくださったハイフンさん(カツン担さん)を応援しようってことらしい。
すぐに数字に結び付けるものは購買運動が手っ取り早い。
亀ちゃんドラマ「怪盗山猫」主題歌「UNLOCK」が、3月2日に発売とのこと。
田口くんが加わったKAT-TUN活動としての最後のCDらしい。
KAT-TUNの歌は魅力的なものが多いが買ったことはない。
テレビで観て、カッコいいなあと思うだけで買ったことはない。
だけど、こんな私でも微力ながら応援できるなら、予約しようと思う。
Amazonさんでポチッとしても売り上げに参加できるのよね。

13日って、毎月、ドキドキして迎えそうな気がしてきた。
金曜日だったりしたら最悪じゃないですかあ(;゜0゜)

それにしても、誰が作ったのか。
行動が早いスマヲタさん。
ジャニーズグループのみんながこうだといいね。
中にはGの中で仲間割れしているところもあるそうな。
理解不能である・・・事情があるんだろうけどもw(゚o゚)w
楽しくないだろうな~~。

スマ担さんの懐の大きさや行動力の早さには舌を巻くが、私は、その後ろの方から付いていくだけである。
ブログで応援しているからには、何かの情報発信する義務もあると思うので、賛同できる方はハイフンさんを助けるのもありだと思います・・・ってことで記しておきます。

そういえば、皆さんも言っているけど、かつて「スマスマ」にフルメンバーで来てくださったとき、SMAPが負けて罰ゲームをすることになっていたはず。
「スマスマ」に来ていただきたい。
できれば、4人でいるうちに。
新曲も出ることだし・・・。
「スマスマ」HPにいって、ダメもとで「お願い」メッセージを送っておきます。
何事もしないよりする方がいい。

藤ヶ谷太輔くんドラマ「MARS」
最終章は映画でo(^▽^)o
って、ほんとかい。
ドラマの最後に予告が流れた。
でもさ、これ観れない地域の方でも、最終章だけでも満足できるのかな、日テレさん。
いかにも90年代の漫画の世界だな~と思うのだけど、意外と骨太ドラマです。
なにせ、ヒロインが、意外と「強い」のが魅力的。
いちゃもんつける上級生に食ってかかるとか、今までの恋愛もの漫画ヒロインにはいなかったような?
しかも、それまで、ヒロインをイジメていた子が味方につくとか、男前~と、そのへんに感心して観ている。
むしろ、男どもしっかりせい!と言いたくなるドラマであ~る。
好きなら好きって言えよ、カッコつけずに男同士ぶつかったらどうなの?と思う。
危険な刃を隠し持つ感じもする太輔演じる零と、窪田正孝くん演じる牧生の闇みたいなものは、これから明らかになるんだろうけど。
ふわふわした恋愛ものとは違うようだ。
6月18日公開。

テレビは楽しくなくちゃ(^^♪

「スマスマ」のビストロ収録は、大関琴奨菊ご夫妻で、和やかに楽しく収録が出来たみたいで良かったね
なによりです。
でも、確か、番協はなかったはずなんだけど、観覧席なしでの収録なのかな。
私としては、観覧席あってのビストロが好きなので続けてほしいです。
ファンも参加の番組っていいよね。
ここに参加できることはないだろうけど、楽しい雰囲気が伝わってくるのが好きです。
少しずつ、通常に戻るといいね。
キスマイくんたちのお仕事にも影響が出ている気がして、申し訳ない気持ち・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

気になっていた「金スマ」のタイトル変更も、前向きに考えて変えたようで、内容はいつも通り。
ロゴは「金スマ」のままだし。
ちゃんとベッキーも出ていてカットされている気配もなかったし、「金スマ」の方向性を観た気がします。
長いものね~。仲間意識は強いよね、きっと。

その「金スマ」プロデューサー経験もあるらしいTBS社員、角田陽一郎さんがゴロデラゲスト。
「ゴロウデラックス」
課題図書 角田陽一郎著「最速で身につく世界史」
大真面目に、世界史について語る人も珍しいな~という印象だけど、とっても面白かった。
人類の起源とか、実は私も大好きな部門である。
世界中の人たちは、アフリカが起源。
そこから各地に散ったので差別は不当。
私も、そう思っていたよ。
「イブと7人の娘たち」という遺伝子の本を読んでから目からうろこ。
戦いは差別の歴史なんだよね~。

面白かったのは、いずれ未来の地球は、A.Iが支配するようになる。
人工知能を人間が作っているが、やがて機械が機械を作るようになる。
これからの時代、やりたくない仕事はA.Iがやってくれるようになるから、やりたいことをどうやって仕事にしていくか考えないと食べていけなくなる。
そりゃ、大変だ。
とりあえずバイトでもするかな~ってことは出来なくなる。
自分の人生のビジョンがはっきりしていて、そこに向かわないと生きていけなくなるってことかあ??
大変だ、これからの子供たち。
驚きは、2030年には平均寿命が100歳超え!!
ひやぁ~(;゜0゜)
すぐじゃないか。
医療の発達は嬉しいけど、長生き過ぎるのもどうなんでしょうか・・・。
それより少子化対策、さっさとしないとヤバくないか!?

毛色の変わったゲストさんで面白かった。
ゴロデラゲストって、ユニークだなぁ。
ますます面白いo(^▽^)o

余談だけど、KAT-TUNがドームツァー後、充電期間に入るとか。
懸念されていた解散ではなくて良かったけど、ファンの方は方向が定まるまでは不安だろうな。
でも、3人が、しっかりしたコメントをしている。
考えて考えた結果なのかな。
方向を見守りたい。

ジャニーズグループも、もしかしたら、過渡期が来ていて、それぞれのあり方を問われる時代に来ているのかもしれません。
今までのようにはいかなくなるかもしれない。
ってことなんでしょうか。
グループに頼らず、それぞれの能力を発揮して、それぞれに生きる道を模索しなくては、長く芸能界では生きていけないかもしれませんね。
その上で、集合がかかったら、いつでもグループで仕事ができるってあり方がいいのかもしれません。
コンサート活動は、形を変えても続けていってほしいですものね。
それって、若いときに、どれだけの場数を踏んだかにもよるし、どれだけの経験をしたかにもよるでしょうね。
それって、ジャニーズに関係なく、私たちの人生にも言えるのかもしれません。

映画と、気になるお仕事(@_@)

お陰さまで父は熱も下がって、今日は、歯医者にかかり(訪問歯科にて)お風呂にも入れた様子。
良かった、ひと安心。
帰宅した時に、ひ孫たちも一緒にランチして、施設に帰ってトランプもしたので、インフルエンザが感染したかと思ったよ。
小学校では、インフルエンザが流行っているらしく、それとは知らず罹患した友達と遊んでいたらしいから。
しばらくは外出を控えようと思う。

朝からのんびりしています。
洗濯と掃除だけした。
月9ドラマ「いつかこの恋を思い出して、きっと泣いてしまう」を、ちゃんと観た。
いいドラマだ。
みんながボタンを掛け違えている。
でも、その掛け違いが、それぞれの優しさや思いやりからなんて切なすぎる~。
主題歌がとってもよくて、いいところで流れるの~
それは罪だわ・・・と思うほど。

ここ最近、立て続けに映画を観ました。

「シーズンズ」「パディントン」「猫なんかよんでもこない」の3本。

「シーズンズ」はフランスの映画だったのね。
知らないで観ていたわ。
人類と動物のかかわりを現代まで追っていく内容で、少し作為的なところも感じて、動物物はドキュメンタリーが好きな私としては、今一つでした。
でも、もともとは豊かな森で、ヒトと他の動物はバランスを保って生きていたのに、それを壊したのはヒトだし、地球の破壊までを引き起こしかねない現状に釘を刺そうとしている意図は、とても分かりやすいです。

「パディントン」というイギリスの物語を読んだことがなく、私は、ずっと、百貨店「ハロッズ」のシンボルキャラクターとして生まれたものだと思っていた。
子供のための本のキャラクターをハロッズが使った…と友達が言っていたが正解?
パディントンそのままの縫いぐるみが、普通に街中を歩いていて、ちょっと違和感あった。
でも、なーんにも考えなくても楽しめる映画。

「猫なんかよんでもこない」
人気の漫画の映画化なのかな。
漫画の猫は、やたらと可愛い
漫画家さんが、まだボクサーを目指していた頃、犬派だった彼に、兄ちゃんが拾ってきて押し付けたところから始まる。
風間俊介くんは上手いね
登場人物も、彼と兄ちゃんとバイト先の女性と若い女性の大家さんと猫二匹である。
猫がやたらと可愛い。
猫と共に人が成長していく話である。
考えさせられる。

猫ブーム到来で、どうやら飼い犬を猫が上回ったとか追い付いたとか、朝日新聞にも載っていたくらいの注目度のニャンコである。
外猫飼いを加えたら、もう相当前から抜いていると思うけどね

そのせいか?
テレビの動物もの特集でも猫!
CMの登場率が高く、ちょっとしたところのイラストなども猫!である。
あ!
それにドラマにも、やたら出てくる。
今クールでは、深きょんドラマに出てくる。
これがまた可愛い
正しい猫の飼い方や、にゃんこの魅力が伝わるといいなあと思う。

先日のキスラジでは、久しぶりに全員が揃ったらしいが、私は、基本ラジオは聴かない。
っていうより、忘れている
年始から「仕事減った」「ヒマ」とかって言っていたそうだ。
渉さんが「去年はイベントやっていたからヒマに感じるのでは?」と言ったらしいが、実は気になっていたのでドッキリした。
ジャニーズnetのサイトを見てもお知らせがないし、以前は頻繁に来ていたメール伝言板が来ない…(>_<)
キスマイのマネージメントにも影響が出ているのかな…(-_-;)
SMAPは当事者だから仕方ないとして、キスマイを巻き込んでいるなら切なすぎる…

ところで「金スマ」が次回より「金曜日のスマイルたちへ」とタイトル変更になってるけど??
何が起きてる?!

こころ落ち着くとき(^^♪

朝早くから3か月ぶりに主治医のところへ。
9時半予約って、けっこうキツイ。
前の住んでいたところの近くなのでタクシー利用(ちなみに運転はしない)
雑談してお薬の処方箋を書いてもらって、さっさと退散する。
インフルエンザが猛威をふるっているから、なるべく近寄りたくない病院ではありますが。
珍しく早く終わったので眼科にも寄る。
アレルギーの薬と、若干出てきた白内障の薬をもらえば終わりだったはずなのに・・・。
事前検査で、左目の視力がかなり落ちていることが判明!!
眼底出血があるかどうかの検査とかも追加になり不安が倍増。
そこへ、父がいる施設のケアマネから電話あり。
どうやら微熱があるらしいし、胸に雑音があるらしい。
家から戻る途中でのランチ先で、ちょっともどしたりしているので慎重になってくれているらしいが、心配になる。
自分の結果は、老化により、いろいろ出てきているようだ。
経過観察が必要になり、また2か月後に検査。
いろいろ心配して、すご~く疲れて、夕方から寝てしまい・・・なんだか、有村架純ちゃんの声がするな~夜中にドラマやってるのかな?と思って、時計を見ると、なんとまだ9時を過ぎたばかりだった
ぎゃあ、ご飯も食べてないし月9も観たいし、なによりスマスマ
かなり焦りました。

ふ~~w( ̄o ̄)w
危なかった。前置きが長くなってスミマセン。
楽しかったあ
あの騒動なんて、どこへやら。
しかし、驚いたのは、番組の途中なのにすでにyahooニュースの記事に、「稲垣吾郎は30代前半で結婚を考えていた」と出たこと。
あのさ。
週刊誌や新聞社の芸能担当記者さん、テレビ観て、それを記事に起こすって楽してんじゃないよ!
と思いませんか。
最近の風潮だと思うのだけど、テレビの発言とか他人様のブログやTwitterとかの揚げ足取ったりする記者いるよね~。
いいニュースは流してほしいけど、そんなくだらないこと、いちいち要らんと思うこともしばしば。

拓哉くんのリードは、とっても正統派。
余計な情報は提供しない感じ。
あくまで、相手に合わせる感じ。
そこんとこ、綱渡り的なのが中居くんなんだな~と思った夜。
5人が5人の持ち味があるのがSMAPと思った夜。
未公開も含め感じたのは、この5人のチームワークと、一人一人の「面白くてナンボ」みたいなエンターテイナー精神は健在\(^o^)/ということ。

吾郎ちゃんという人は、中間管理職って言われるけど、人としてバランスが取れている人なんだな~と思う。
面白ければ、自分を前に押し出してもアイドルらしからぬこともする。
それはプロ精神なんだろうと思う。
社会において、人としてバランスが取れていることほど魅力的な人はいない。
だから長いお付き合いのお友達が多いのだろうな。
結婚相手となると別なのね~と思うが、拓哉くんが意味深に「それはいつ頃?」と聞いた、結婚を考えた相手とも長かったのだろう。
でも、一生を共にするには、もしかして付き合いの長さは関係ないのかも。
どっちにしても、一生のうちに経験しておいた方がいいと思うという吾郎ちゃんの感覚は真っ当かも。
慎吾ちゃんと真逆と言っていたけど、私は似た者同士に映るけどな~。
表現が違うだけで。

スマラブ剛くん選曲「涙のキッス」
良かったね~、なんだかホッとしたよ。
トークがないのが、やはりねって、仕方ないねって思うけど、一人語りのツヨポンの口調が優しくてありがたかった。
これはね、ツヨポンで正解だったね。
セットも森の中なんだろうけどファンタジーで素敵だった
何より暖かいセット。
スマスマの美術スタッフさんは、いつも本気の本気だけど、変わらずSMAPを生かしてくれるセットで嬉しい。
衣装も、何気ないようでそれぞれを生かしていて、背景に溶け込んで、さすが!!スマスマスタッフです。
私は、S-Liveのセットや衣装が大好きで、SMAPやゲストを生かしてくれているな~って、いつも思っている。
ここまでやってくれる番組ってないと思う。
愛されているな~って、今回も身に染みて感じた夜でした。




初日おめでとう(^^♪

吾郎ちゃん。
「恋と音楽FINAL」の初日、おめでとうございます
観劇することができた皆さま、感動だったでしょうね。
こんなときに、ベストコンディションで舞台に立てるのかしら?と、素人の私は思ってしまうが、そこはプロなんだな~。
自分に課せられた仕事は、きっちりと期待以上に頑張るのがSMAPでした。
東京の楽日まで、ケガや病気にかからないように、無事に務められますように。
残念ながらチケットを入手できなかったので、せめて、祈っていますo(^▽^)o

なにやら、中居くんは、この1か月半くらいの間に太ったそうな?
家と仕事場の往復だったらしいが、ストレス太りなのかな。
食欲、半端ない・・・ま、いいか。
食べたいものを食べて心身ともに元気でいてください。
あ、お酒は考えて飲んでくださいね。
身体が資本ですから、何をするにも。

「スマスマ」の次回予告が動画で観られるようになったらしい。
そんなこんな、ほとんどをTwitter情報で知るワタシ
ズルしてますな~~
まだ、正常営業は出来ていないのがなんとなく見え隠れするけど、せめて、何かをしようとしているのを感じますね。
ここで増えた新規ファンの方々を視聴率に結び付けたいテレビマンのサガも感じるが(笑)
ま、そこんとこ数字取ってナンボのものだから、知恵絞って、少しでもいいものにしてくださいマセ
シャッフルビストロの吾郎ちゃん編は、年末収録らしい。
楽しそうだよね
観覧した人たちから、あの騒動のさなかにも情報が漏れなかった・・・って、スマ担、凄い
余計なことは言わない。
彼らの間に不穏な空気が流れているなんて微塵も感じなかっただろうに。
そのことを伝えたくなるだろうに。
愛されているなあ
最後の中居くん編は、すっきりしてからでいいから、万全に整えてから撮ってください!!

S-Liveは、SMAPメンバーが選ぶ歌で、今回は剛くん選曲「涙のキッス」
たまたま新企画だったのか、はたまた、まだまだゲストを呼べないのか・・・。
スタッフの体制は整っているのか?とかとか。
気になることはたくさんあるけど、ちょっとずつ前に進めばいいよね。
中居くんも「踏ん張る年」って言っていたものね。

「仮装大賞」の番宣番組を観たよ。
欽ちゃんも、まだまだ頑張っているし、何度も挑戦する出場者もたくさんいるし、長く続いてほしい番組です。
けっこう大がかりなセットがたくさんあって、とてもビックリしました。
裏側を案内した鈴木梨央ちゃんと寺田心ちゃんが、とっても小さく見えるくらいでした。
これを観て元気を貰おう~



毎日、毎日、ネタが尽きないね~"(-""-)"

毎日、毎日、社会も芸能界も話題に事欠かないもんだ・・・と感心する。
ちょっと前のことなんか、すぐに過去のものになってしまう(ならいいが(´・_・`))

あ、今朝、大きい地震があったね。
鈍感な私でも、さすがに気が付いた。
あちこちで、地震が起きているし、桜島が噴火したそうだ。
鹿児島市内のMちゃん、またまた灰に悩まされているかな。
思えば、私をSMAPという沼に誘いこんでくれたのは彼女だったな・・・と、懐かしく思い出す。
その彼女は、SMAPからは、ちょっと離れていたのに、折に触れテレビを観ては「やっぱりSMAPいいですね~」って言っていた。
あの騒動が、夜中の3時に流れたとたんに、LINEのお知らせ音が鳴って、「心配です。どうなるの」と言ってきたのは彼女だった。

久しぶりに「スマスマ」の番協のお知らせが来て、やれやれと思ったのもつかの間、本人たちは来なくてVTRを観て、拍手やら笑い声やらで協力してほしいとのこと。
まだ、私たちの前に出る時期ではないのだなと思った。
いざ、ファンの前に立ったとき、何事もなかったようにはできないだろうし、かといって、何を語らせるかの段階ではないのかも?
いろいろ事情はあるんだろうね。
生放送のトーク番組とか、まだまだ出られないだろう。
その時期が来るまで、せっせと番組に感想を送るしかないかな~。
番協に行ける方は、ぜひ応募して盛り上げてきてくださいね。

「ゴロウデラックス」ゲストは佐藤さとるさん。
「だれも知らない小さな国」
コロボックルは、アイヌの妖精という知識くらいしかなく、私は、この名作シリーズを読んでいない。
でも、読みたくなった。
大人が読んでも、いやむしろ大人が読んだ方がいい童話かも。
横浜・元町にある佐藤氏の仕事場でロケ。
元町に佇んだ吾郎さんと外山さん。
元町にしちゃあ、やけに人がいないけど・・・平日ならこんなものかしら。
久しぶりだな~という吾郎さん。
以前、デートに来たという吾郎さん。
片手の指を一本二本と折って、おどけてみせる吾郎さん(*’U`*)
冗談じゃなく来たんでしょ?5人とは言わず

「おじゃMAP」まだ観てなくて・・・冒頭だけ観たけど。
藤沢だから、中居くんの町。
「中居くんの情報も探そうよ」と慎吾。
その前に、「新選組」仲間の忘年会以来会ったという山本耕史くんに、そのことでチョイチョイ連絡を取っていたらしいが
「情報が流出する」と、意味深なお言葉の慎吾くん。
なんか、そのへん、すでに笑いを取ろうとしている慎吾に嬉しくなる。
この情報漏えいは、他の事件のことだろうけど、自分たちにもひっかけてるよね。
火種が収まって消えていたのに、火を起こしたの誰だ?ってなもんでしょうか
次は板橋?
吾郎ちゃん情報流出?!(笑)
またまた「FIVE RESPECT」の「ごろ~ちゃん」「なあに~?」って流してくれるかな~
このシリーズ、かなり面白いですね。
街の不思議を、街の人に聞いて突撃するなんて、誰が考えたんだろう。
「おじゃMAP」の面白さは、やはり急に現れるところだと思う。
そういえば、吉祥寺の時、慎吾ってわかっていて普通に接してくださった町の方々。
優しいよね

ジャニーズのwebの慎吾のブログが更新になっていなかったり、画面そのものが整備されていなかったりも含め、通常営業になるには時間がかかるかもしれないけど、待つことには慣れているスマ担さん。
気長~に待ちますかね・・・(*^_^*)
(5日にスタッフブログが更新されていました。スマステに桐谷美玲ちゃんなのでドラマの話出るよね。ご参考に)

余談だけど、金曜深夜に始まった(ワッツと重なっているが)ドラマ「スミカスミレ」というドラマが面白いです。
65歳の女性が、家にあった黒猫の屏風の呪文を解く切っ掛けを作ってしまい、20歳の姿になって大学生になるってところまでデシタ。
松坂慶子さんと、桐谷美玲ちゃんが二人一役で、はまってます。
化け猫黎を及川光博さんで、ちょ~ピッタリなんですけどぉ。
45年前の服装で大学に行き、意地悪な女たちの陰謀にはまって、さっさと逃げ帰るすみれに、黎(れい)が喝を入れるんだけど、思わず笑ってしまいました。
老婆すみれ!って言うんだけど、65歳じゃ老婆じゃないよね~!
私の生きていた時代は、65は老婆だったって言うんだけどさ、化け猫の黎さんは。
隣の奥さんと、お寺の怪しげなお坊さんも面白い。
疲れた頭の週末にはお勧め~


ノンストップライブ(^^♪

もう二年半も前になるのね。
スマスマ20周年記念の第一弾。
2013年9月の「スマスマ」での50曲ノンストップライブ。
私は、不覚にも途中で胸が詰まって泣きそうになったよ。
たくさん、いろいろあったな~。
もし、報道通りなら、彼らを育てた飯島美智さんは退職をなさっているのね。
あなたが育てたSMAPは、こんなにも偉大なエンターテイナーになっていたんですね。
凄いことです。
女性が、このような過酷な世界で生きぬいて、彼らをTOPにのし上げるには、身を削ることもあったでしょうに。
もちろん、たくさんの幸せを運んでくれたでしょうけれど。
それは、私たちも同じです
ありがとうございました。
感謝に堪えません。

Twitterを読むと、なにやら「騒動後ご新規さん」という括りのファンが増えたそうな
5人旅でも27時間テレビでも新規ファンを獲得した彼らだけど、今回は、男性も多いそうな。
しかも中年男子!!
わかるわ~。
自分たちに、彼らが背負っているものを重ねて考えたら放っておけなくなったとか、その頑張りに勇気をもらったとか、そんな感じでしょうか。
意識していなかったのに、私ってファンだったのね・・・と目覚めた方もいらっしゃるし。
大歓迎です~~(((o(*゚▽゚*)o)))
スマファンは、いつファンになっても、みんな一緒です。
古参だから新規だからと区別するグループのファンもあるみたいなんだけど理解不能
どんな意味があるんでしょうか・・・???

前のと比べてないので分からないのだけど、今回のは、ディレクターズカットということで、多少違うのかな。
放送開始から反響があるみたいで、ほんと嬉しい限りです。
やっぱり、ジャニーズは歌って踊ってが基本ですね。

来週は、シャッフルビストロ、吾郎ちゃん編ということで楽しみです。
オーナーを拓哉くんっていうのがいいね!!
なにやら、皆さん大騒ぎだけどなになに~~??
とっても楽しみ
コップのツヨ子も、まだまだ続いてほしいです。
今回も大笑いさせてもらいましたっ

私は、グラッシーズとかいうのがあったでしょ。
タイトルが不確かだけど。あれが観たいな~(^^♪
それと、第一回目のビストロ。
森くんがいるときのはダメなのかな~。
とりあえず、要望を出してこよう~っと。

「キスマイBUSAIKU!?」
「Momm!!」と観ましたが、次回にということで。
ごめんちゃい・・・・・(´・_・`)
面白かったとだけ言っておきますデス。




幼少期の影響なのかな

あの日以来、ず~~っとネガティブな話題に支配されてきて、もうウンザリ・・・な昨今ですわ~ヽ(`ω´*)ノ彡☆
もうだいぶ収まってきましたが、あとからあとから、これでもかと追い掛けてくる三流新聞社や週刊誌。
外野にいるくせに、したり顔の芸能人とか、もう、うんざり。
あまりにも多くて、いい加減なので、ワタクシ、逆に無感覚になりつつあります。
本当のことなんて、本人たち以外に、誰も分からないんだも~ん
腹立つことに、いちいち反応していたら時間がもったいない(#^.^#)

日曜日なので「家族ノカタチ」を観ましたが、だんだんイライラしてきた。
あの居候のお父さんさ、いい人なんだけどさ、ダメでしょ、ご近所迷惑を考えないでマンション住まいは。
自分の親としての後悔を、今してやろうっていうのが、これ??
人の迷惑を考えないで押しつけはダメでしょ。

「関ジャム」にV6の坂本くんと、ミュージカル界のスターが3人。
井上芳雄くんといえば、芸大在学中に「エリザベート」に抜擢されて、ミュージカル界のプリンスと言われている人。
なんだけど、あれから15年も経っていたなんて、び~~~~っくり。
私も年を取るわけだわ~
その後「モーツァルト」で、大抜擢された中川晃教(あきのり)くんとのWキャスト。
そりゃあ両方観たよ。
芳雄くん言っていたけど、Wキャストは比べられるから闇を抱えると
うん、あのときのモーツァルトは、中川くん圧巻だったもんね。
芸大など音楽科で声楽を学んだ人は、音域も広く音程も確かなんだけど(劇団四季とかも)人物形成が上手くできない人が多い。
その後、ロックオペラ「モーツァルト」で中川くんのモーツァルトで、サリエリを山本耕史くんがやっていて、そりゃあもう見ごたえ満点だった。
耕史くんが、あそこまで歌えるのも驚きだったが、役者さんがやるミュージカルの人物像の深さに感銘を受けたものだった。

思うんだよね。
私は、基本的に誰を見るか・・・じゃなくて何を観るか・・・なんだって。

思えば、両親は幼児のころから私と妹を、字幕も読めないのに洋画に連れて行っていたし(観ていたよ)ディズニーなんかは、ほとんど観ていると思う。
関西にいるころは宝塚の舞台はもちろん、松竹新喜劇なんかも行っていた。
テレビではバレエや歌舞伎の中継を観ていた。
誰が好きってわけじゃなく、そのころのことだから、何でもありがたく観ていたと思う。
面白いものが観たい、いいものが観たい。
それだけだったと思う。
自分でやろうとは思わなかった。
観るのが好きで好きで、それは亡くなった母の影響かな。
「レミゼラブル」の日本初演が決まった日、小説の「レミゼ」ファンだった母は、それを新聞で読んで興奮して眠れなかったそうだ。
筋金入りの舞台大好きな人だった。
自らも日本舞踊をやっていた。
テレビの舞台中継は、今より多かったから、必ず一緒に観ていた。
影響を受けないはずがなかったのだ。
素敵~とか綺麗~とかじゃなくて、あのひと、変かも??と別の視点から観るような可愛くない女の子だったと思う。
セリフと顔が合ってないとか、袖に引っ込むとき、我に返っているとか観ちゃう人だった(°_°)
バレエに感化されていた少女時代だったので、ダンスにはうるさかった。
(それは今でもかw( ̄o ̄)w)
姪っ子が小1のとき、ジャズダンスがやりたいって言い出した。
元宝塚の先生の教室に通っていたが、厳しい先生で泣くことも多かったのに、彼女は中三まで続けた。
初めてレッスンしたあと、ちょっと踊ってみてとお願いしたら嬉しそうに踊った。
踊っている彼女を見て、驚いた、踊れるこの子は!
その通りになって、お仕事させてもらえるチームに最年少で入れた。
踊れる子ってさ、もう決まってるのね、努力とかの前に、たぶん歌もそうなんだと思う。

基本、面白ければそれでいい。
この人のは、絶対に観るっていうのもないかなぁ。
選ぶ時の参考にはなるけど、もちろん。
逆に、この人のは、絶対に観たくないってのもある(笑)
ただの好みである。
そもそも、男優さんより女優さんが好きであるからして、私の感想、女優さんのことばかりだね(笑)
女優さんで、この人のは絶対に観たくないって人はいないかな~。
興味ないって人はいるけど。
個性的な人か、とっても可愛い人が好きである。
男優さんは、どうしても駄目な人が数人いる。←知ってる人は笑ってるでしょ(笑)
それ以外は、誰でもいいや・・・なのである。
作品にハマっていれば、それでいいってことになりますね。

ジャニーズの場合は・・・・・・例外であります


01 | 2016/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

あられちゃん

Author:あられちゃん
お仕事をリタイアしたら、SMAP&キスマイくんのことを語りたくて始めましたブログ初心者です。
神奈川在住の、かなりのおばちゃんです。
いつの頃からかSMAPファン。
意識したのは「ロンバケ」の拓哉くんあたりから。
5人が大好きだけど、拓哉くんイチオシ。
キスマイの藤ヶ谷くんをマークしたのは2009年くらい。
Mステに出ていました。
以来、気にしていただけでしたが2011年Marching Jで、SMAPの番組に出たときから、応援体制に。

SMAP1解散は衝撃的でしたが、そもそも立ち直りが早いワタクシ。
過去は追いません。
執着心もない、ある意味、淡泊なワタシ。
書きたいことだけを書いていくブログに変更しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールフォーム再開しました♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとうございます♪
またいらしてくださいね♪
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。