FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「NHKのど自慢」in秦野

朝から出かけていたのでオンタイムで観れなかった「NHKのど自慢」
朝の内に、父にはメールで知らせておいたのだけど、ついでに、同じユニットの98歳SMAPファンのおばあちゃんは知っているかなと書いておいた。
毎日、新聞テレビ欄をチェックする方なので大丈夫だろうと思ったけど、父いわく、ユニットの大きいテレビで食いつくように見ていたよ、とのこと。
100歳近いおばあちゃんまで虜にするSMAP
70代のころ、まだ若い若すぎるSMAPのファンになったんだろうか?
そういうこともあるよね~と思う。

関ジャニファンの友人二人とランチ&お茶しているときに、SMAPは、特に中居くんには結婚してほしいと言っていた。
山本耕史くんの結婚の話になり、あの大河ドラマの時、慎吾ちゃんには山本くんがいたから続けられたんだと思うと言っていた。
スマスマも観ていてくれるし、情報は意外と知れ渡っていることに驚く。

秦野市は、私には思い出深い地である。
とってものどかな町だった記憶がある。
そこにSMAPが
羨ましい話ではある
「NHKのど自慢」に出る方たちは、なぜか皆さん、とっても明るくて前向きである。
ここだけ空気が違うような安堵感がある。
あまりお上手じゃなくっても、かなりの歌唱力であっても、みんなが歌を楽しんでいる。
そこに、国民的アイドルのSMAPである。
なぜ嵐でもなく、V6でもなくTOKIOでもないのか・・・?
そりゃあ、アナタ。
そこんとこ、大人でアイドル然としていなくて(アイドルという自覚はないだろう)
なにしろ、一般のお客さんを喜ばせるのが大好きなグループである。
ビッグネームを、どうやって生かせばいいかを知っている人たちである。
偉ぶっているわけではなく、SMAPという名前を最大限に利用する人たちである。
会社の思惑なんぞ、置いておく。
あとで怒られたりしても、怒られて終わりならいいじゃんくらいに思っていそうな人たちである。
なによりも、なによりも自分たちが楽しんでこそ、人を楽しませることができると知っているプロである。
すべての人を巻き込んで包み込める力を持っているのは、このグループしかいないと思う。
坂本冬美さんが、オフィシャルブログで、そこんとこ讃えてくださっている。
番組が終わっても、歌ったそうである、客席に降りて。
そんなことを指示されなくてもやるのが、この人たちである。
誇らしいと、改めて思った。
山田町での「のど自慢」も、本当に楽しみだ
NHKさんに、SMAPを選んでくれてありがとうと言いたい。

社交ダンスしながら歌っていた方たちの鐘ふたつに、抗議に行く拓哉くん
長い歴史の「のど自慢」だけど、こんなことされたことないんだろうな~。
鐘を鳴らしている方が羨ましいとか思ってしまったよ。
それにしても、SMAPが動けば、いちいち新聞に出るってすごいね。
ジャニーズグループ多けれど、いちいち移動するたびに記事になってるSMAP。
名実ともにトップだねと・・・内容が良くても悪くても、関心度が高いということなんだなと嬉しく思う。

「ヨルタモリ」に、来週、慎吾くんがゲストで出るらしい。
この時間、「関ジャム」を観ていて、あとで知った。
「ヨルタモリ」9月で終了するらしい。いい番組なのにな~

「関ジャム」に、YOSHIKIさんが出ていて、すっかりのめりこんで観ちゃってました。
とっても面白かったです。
これは、いい番組ですね。
YOSHIKIさんのドラムテクを、後ろから見せてもらう大倉くんの目が♡でした。
セッションは素晴らしくて、こんなの出来るの関ジャニしかいないな~と思ったのでした。
終わった瞬間に、ボーカルすばるくんが、緊張しきっていたのが溶けて呆けたような顔をしていたのが印象的。
それにしても、YOSHIKIさんのピアノはKAWAIなんだ・・・と意外な気がした。

明日はスマスマ~楽しみ。

スポンサーサイト

怖かったけど笑えた~♪

久しぶりに、アタマからしっかり観た「ほんとうにあった怖い話」
いきなり玉ちゃんのエピソードが始まったので慌てたけど。
玉森くんって、こういう内容のドラマに合うね。
って、どういう褒め言葉かって思うけど、どこにでもいそうな青年で、優しくて付け込まれそうな性格の青年にはぴったり。
実際の彼は、キスマイの中でも一番、男気が強いと思うけど。
こんな付きまとう女には、きちんと話し合って諦めさせるタイプなんじゃないかと思うけど。
実は生霊が一番怖いのだそうだ。
なぜなら生きている人の、本人は気が付かないで念を送っているかららしい。
妬み嫉みが強い人は、知らず知らずに念を送ってしまうらしいと聞いたことがある。

前向きに。
物事や人、いいところを感じたり見ているほうがいい。
言霊、ことだま・・・という、これもね、口にしたようになってしまうから、マイナス思考の方は要注意ね
思いこみとかイメージって、そう思ったりイメージしたほうに動いてしまうらしい。

と、横道にそれたけど、哀れな女性ともいえるけど、その後どうなったのかな。
しかし、ドアを開けたらドアいっぱいに女の人、きゃあ怖いと思った後で笑ってしまったよ

今回、又吉さんが出ているから、ほんこわメンバーに相方さんが?
チビッ子たちと、なんの違和感もない吾郎さん。
こういうの見たらね。
満員電車に揺られて会社に行く普通のサラリーマン、できるじゃん!と思うのよね。

又吉さんの、なんだホッコリしたね。
カエルの置物をお店に置くあたり、優しいなって、又吉さんの人柄が出ているようで良かった。

斎藤工さんの、けっこう怖かったけど、これも切ない内容だった。
私は、高嶋政伸さんの方が怖かったよ~

涼しい日に「ほんこわ」は怖いような、怖くないような?
でも、すこ~しだけ開けていた窓は、しっかり閉めましたけど

「NHKのど自慢」楽しみですね♪
出かけることになったので録画予約完了~

キスマイコン、始まりましたね。
行かれている方、充分楽しんで気を付けて



秋を感じさせる、うちのネコちゃん♪

最近、秋か?ってくらい涼しくなったので、すばるはアンモナイトのようになって寝る。
この間まで、万歳して寝ていたり、お腹を出して寝ていたのに。
人間のように、都合よくエアコンや着るもので調節しないので、彼を見ていると季節の移ろいが分かりやすい。
床で寝ることも少なくなった。
そろそろブランケットがいるかな~。
ネコハウスがいるかな~。
ケージに入って寝ているけど、寒くなるし・・・と、過保護なママなのでした

基本、ベタベタさんではない。
やはり子猫の時から育てていなくて、ショップでキャラが出来上がったころご対面しているせいだろう。
ペットショップでは、子猫でないと売れないと言っていた。
6か月も過ぎようってころのアメショーはデカい。
(それでも、すばるは小さい方)
アメショーだからフレンドリーで育てやすいのが幸いだったけど、頑固でもある(猫ってそうなの!?)
外面がいいらしい
男性が来ると、ネコを飼っている人以外は拒否する(逃げる)
女性は、たいていがウェルカムである
先日など、郵便局のお姉さんが、父が入っている保険の指定代理人の手続きに来てくれた際、彼女の目の前の書類の上に
ちょこんと座っていて驚いた
しかし、彼のシッターの女性ほど大好きな人はいないと思われます。
ママも負けるくらいの大好きさであります。
たぶん、前世では、彼女と彼は出会っていたのではないかと思います。
すばるは猫だったのか犬だったのか、はたまたウサギとか鳥とかだったのか?
なにしろ、なんでも面倒をみちゃうシッターさんだから可能性あるよね。

甘ったれのようで自立している彼は、基本、私のベッドには来ないけど、横の椅子で寝ているから笑える。
だったら上がってきなさいってもんだけどね。
どこかで長時間昼寝をしたあとは、目をショボショボさせながら私の膝に来て寝そべったりするが、基本、別のところにいる。
なのに、電話がかかってきて話しだすと、どこからか慌てて飛び出てきて私の膝にダッシュして、いったんソファから降りて、また上がって横で寝る。
電話が終わると、私にナデナデさせたあと、またどこかに行く。
ブラッシングをするのもタイミングが難しい。
本格的に寒くなってきたら、きっと膝でアンモナイトのようになって寝ると思うけど。
一緒に寝てしまい、気が付いたら、彼はダイニングの椅子などに避難していたりするのだけど。

引出しの中のオモチャを探すすばる    ビスコの袋に興味津々♪

ドラマは脚本だよねと改めて思う♪

「ゴロウデラックス」
ゲストは、北川悦吏子さん。
数々の名作ドラマを書いた方ですが、著書は「恋をしていた。」
ご本人の詩に高校生のお嬢さまの写真が素晴らしい。
北川さん、吾郎ちゃんに「ツィッターってわかる?」
「JKって分かる?」と聞く。
それくらい分かりますよ~と吾郎ちゃん。

詩からドラマの発想が生まれるそうな。
大ヒットした「ロンバケ」のスーパーボールのシーンは、絶対に入れようと思っていて、瀬名のマンションを探すときに
下がアスファルトであることを条件にしたそうな。
「ビューティフルライフ」の、車いす目線で夕景を見るシーンを、改めて見て「エピソードが立ちすぎだよね」と
今更ながらに反省する北川さん。
「大丈夫、これくらいで」という吾郎ちゃん「いいんじゃないですか。たいていの国民が喜んで観ていたし。
それをサラッとやるのも木村拓哉の魅力だから」
北川さん「拓哉くんは天才だからさ。デコボコしたのを、すごくナチュラルにする人だよね。」と。
(ちなみに、拓哉くんがタバコを取りだしたところで、えっ!!?タバコ?という吾郎ちゃん。)
デコボコしたのをナチュラルに・・・ああ、そうか。
そうだよね、と、北川さんの言葉のチョイスに説得力あるなあと思う。

出来上がって怒るのは「距離感」だそうで。
まだ、ここまで近くないとか思うらしい。
脚本家さんって、そこまでチェックするものなのね。
出来る人ほど、いい作品ができるわけよね~。
でも、実際、そのほうが納まりが良かったりする。
グラビア写真でも、そんなポーズする?みたいなのが変じゃないし。
吾郎ちゃん「SMAPで5ショット撮るとき、40過ぎてるのに、顔とかこの辺にある(と顔の横に)」(笑)

「オレンジデイズ」の妻夫木くんの無骨な感じががいいね、という話になり
「この人だったら何を言うかだよね。」と吾郎ちゃん。
北川さん「役者さんが誰が来るかによって違ってくる」そうで「その時代に、その人がどう見られているか」にもよる、と。
自分の思っている印象とは別に。
そうかあ。
誰をあてるか、あてたら、その人のイメージによりセリフも脚本も違ってくるってことかな。

では、稲垣吾郎にドラマを書くなら?
「まだ書いてないよね。書かなきゃ」と北川さん(是非!!)
吾郎ちゃんったら「小声でぼそぼそ部下にイヤミ言うような役しか最近ない」
「紅茶淹れながら、君はクビだ」とか(笑)
「今の40過ぎた僕にどうでしょう」
北川さん「ナチュラルな役もいいかな。普通の世界観の。
テレビで見ると掴みどころのない感じだったけど、人間味がある・・満員電車に揺られて・・みたいのはない?」
そんなのも出来ますよ、最近、悪人とかが多いけどとアピールする吾郎ちゃん。
「もうちょっと汚くなった方がいいんじゃない」と言われていました。
「シュッとしてるから、それが邪魔してるのかな」と吾郎ちゃん。
「たまには気にかけてください」という吾郎ちゃんに「今日は、めちゃインプットされました」と。
バラエティには出なかった北川さんが、いい番組だからと出てくださったのを機会に、ぜひ吾郎ちゃんに
SMAPに脚本を書いてくださいね

しかし、こんな王道なラブストーリーは、もうないよね。
今、テレビ離れをしてドラマの視聴率も、一桁ばかり。
いったい、どんなものが受けるんだろう。
興味深かったのは、北川さんが「フジテレビだったら、もっと派手に撮ってた」と言ったこと。
TBSドラマとフジドラマには、誰が作るかってことの前に、会社のカラーが前面に出るんだと納得するものが。
その色を払しょくしないと、いいものは出来ない時代なのかも?




早く見たいな♪

「アカデミーナイトQ」にて、吾郎ちゃんと大島優子ちゃんに、クワバタオハラの小原さんがインタビューしてくれました。
吾郎ちゃんには「お久しぶり」ってことで。

まさかベートーベンを演じることになるとは思っていなかった吾郎ちゃん。
優子ちゃん、「不安はあるんですけど、預けていたらいいんだろうなと、飛び込む気持ちは十分ある。」
対して、「飛び込まれる準備は十分ある」と心強い吾郎さん。

4ツの質問
①自分なりの役作り方法がある。
吾郎、YES 優子 YES

吾郎「バラエティやったり芝居やったり、急には切り替わらない。スロースターターだし。
前もって準備して自分をがんじがらめにするのは好きじゃない。みんなで作っていくものなので。」
優子ちゃんは、いつもは誰かに当てはめて作るのだけど、初舞台だから、どうしていいか分からず
稲垣さんは、白紙の状態で稽古に入るとお聞きしたので、それを参考にさせて頂きます・・と。
(どっぷり預けちゃうつもりなのね~心強い先輩だもんね!)

②俳優になってよかったと実感したことがある。
吾郎 YES 優子 NO

吾郎「基本、人前に出るのは苦手」(え~~25年くらいやってるのに?!と優子ちゃん、小原さん)
「素の自分がSMAPでバラエティやらなきゃいけなかったりするけど、苦手意識を持ちながらやってることが、面白く映ったりするじゃないですか。
でも俳優でいるときは役柄があるんで恥ずかしくないし、引っ込み思案な自分がいなくなるから何でも出来て面白い。」、
優子ちゃんは、良かったと、まだこのキャリアでは言ってはいけないと思うと。
それに対し、吾郎ちゃん「自分に厳しいね、見てくれて良かったとか楽しいと言われたとき実感しない?」と。
「半分嘘だと思っちゃう」という優子ちゃんに
身体を優子ちゃんの方に向けながら「さっき見た映画「ロマンス」(優子ちゃん主演)すごくいいって言ったのもウソだと思ってるの?
この人と今度共演するから良かったとか言ってるのかなとか思ってるの?そんなことないからね。すごく良かったよ!」
と、熱弁をふるう吾郎ちゃんは、本当に暖かい人なんだな~

③人前に出る舞台は緊張する。
吾郎 YES 優子 YES

もし、セリフが飛んじゃったらどうしますか?と小原さん。
吾郎「飛んだことない。」
小原さんは5分くらいの漫才でも飛ぶと。
吾郎さんに「あれだけ稽古していたら飛ばないでしょ。稽古してないんでしょ!?」と言われてました(笑)
もし優子ちゃんが、舞台の上でセリフを忘れたら
な~んと「ベートーヴェンが何とかするよ!!大丈夫」と、今回は、優子ちゃんをバックアップする姿勢まんまんなんですね。
聴覚障害だから、そこんとこ気づかれないように

④今、お互いに言っておきたいことがある。
吾郎 YES 優子 YES

吾郎ちゃんから優子ちゃんへ
「初舞台で不安と言っていたので、大船に乗った気でいてください。
終わった後に、舞台好きだなって思ってもらえるようなカンパニーにしていきたい

吾郎ちゃん、本当に舞台が好きなんだなって伝わってきた。
優子ちゃんに、やってよかったって思ってもらいたい気持ちに、それが現れているよね。
吾郎ちゃんにとっても大役だと思うけど、楽しい舞台になりますように

「UTAGE!」は、夏合宿と称してバスツァーで街中でライブやったり、どこかの屋上でライブやったり。
中居くんに、突然に振られて「やっちゃった!!」をフルコーラスで歌う羽目になった舞祭組
30度を超す炎天下、ヘトヘトながら歌いきる舞祭組。
でも、テレビでフルはやらないので出だしの動き忘れて、ごちゃごちゃになる舞祭組。
ハート鍛えられるよね~~
来週も続き。
野外で宴会していたような・・・?

SMAPにカバーしてもらいたい楽曲を、「UTAGE!」HPで募集しています。
ってことは、いずれ出るのかな?
だといいね。


秋のような涼しさ♪

まるで秋が来たかのような涼しい神奈川県ですが、台風が通過した九州地方の皆さま、大丈夫でしょうか。
熊本に歯科医院をやってる従姉妹がいますが、停電してしまったので休んで寝てるらしい。
台風の日に歯医者に来る人もいないだろうしね。

昨日の「スマスマ」懐かしい映像もたくさん。
でも、こんな人、こんな人たち来たっけ?と忘れているものもありました。
20年の間に、これだけ超がつくほどの一流の俳優さんやアーティストを招いたスマスマって凄いです
その経験が、SMAPを生かしていることは間違いないなって思いました。
良いもので溢れた引き出しをたっくさん持っている彼ら。
肥やしになっていないわけがありません。
フジテレビさんにもスマスマスタッフにも感謝です

出演者を書き出してみましたが、凄すぎて、どなたのを書こうかと悩む。
これ以外にもいらっしゃるんですものね。
私が、週一で映画館に通い、レンタルで映画を見ていた時期の常連さん、ほとんど来てる~。
ハリソン・フォード リチャード・ギア トム・クルーズ ブラピ トム・ハンクス ウィル・スミス ロバート・デ・ニーロ
ニコラス・ケイジ デンゼル・ワシントン キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
マット・デイモンも、ヒュー・ジャックマンも、みんな大好き
彼らに会った時のSMAPは、みんな少年みたいにはしゃいで楽しそうで、緊張もしてる。
ロバート・デ・ニーロはヤバいよね
緊張するよね。偉大すぎて。
でも、彼らって、みんなサービス精神が旺盛。
言葉が通じないのに、しっかりジョークで返そうというのは日本人にはない特性。
世界に通じるわけだよね~。

「Sex and the City」のサラ・ジェシカ・パーカーにお持ち帰りされそうになった拓哉くん。
髪が短くて可愛かったけど、これっていつ頃だったかも覚えていない。
このテレビシリーズの映画化最後のやつのときだったことは覚えているが、私は見ていないので忘れた。
拓哉くんって、相手がどこの国の人でも物怖じしないところが、やはり親近感になるんだろうな~。
カッコよさは万国共通なのかな?
と、これは拓哉担の贔屓気味コメントとしてお許しを~
しかし、真っ黒な中居くんがいたな、キャメロン・ディアスのときかな。
あの真っ黒さはなんで!?
などなど、忘れていることもたくさん。

洋楽には興味あるとは言い難い私ですが、すごいメンバーが揃っていることはわかる。
マドンナやレディ・ガガは、洋楽ファンじゃなくても知ってる。
お騒がせジャスティンが、まだちょっと可愛かったころ出てたんだね~
ボン・ジョヴィと拓哉くん、ライオネル・リッチーと慎吾が歌っていたけど、これって二人きりだったっけ?
ボン・ジョヴィカッコいいよね、歌もビジュアルも。
SMAPが一番輝いていたのは、やはり、レディ・ガガとのパフォーマンスだったね。
とってもカッコよかったし大人の男として色気もあった。
ガガさんの本気度が伝わったんだろうね。
ちまたでは、1Dが解散するとかしないとか話題になっているけど、私は、Backstreat Boysがいいなあと思っている時期があった。
彼らも出ていたんだね、忘れていたけど。
5人組っていいバランスなのかな~。
1Dは一人脱退してるけど。

過去映像でごまかすスマスマかぁと思ったけど、充分楽しめました

「キスマイBUSAIKU!?」は、彼女とデート中に元カノと出会ったらって課題だった。
ある?このシチュエーション。
うん。あるだろうね。
そういう時、どういうリアクションをしたら信頼してもらえるかってこと。
こういう大人の対応のお題のときに強いのは、横尾くん。
やっぱりね!の、お見事一位。
横尾さんは、やっぱり大人なのだと再確認。
太ちゃん、ちょっと迷いが見えたな。
「友達」にしちゃうのは、相手への優しさだと思うけど、これは違うかな。
ちゃんと説明して、ちゃんと気持ちを伝えればOKなんだよ。
玉ちゃんが、5位だっけな。
ときどき、大きく外れる玉ちゃんが、とっても面白いよ。
舞祭組メンバーが、だいぶ成長してきました。
みやっちが、相変わらず笑わせてくれるけど、それはそれでいいかな



いいお仕事していたぁ~♪

金曜日から父が帰宅していて、何かと忙しい。
一日の生活リズムは狂うが、確かに規則正しい生活にはなる。
でも、睡眠不足っと
日中のオムツはやめて、夜中だけ使用。
おかげで皮膚の状態は良くなった。
寝ているときは、起きてトイレに行くことが危険なので、オムツ対応で、夜中に一回取り替えます。
なので、どうしても寝不足になりますね~。
これ、毎日続いていたら、きっと大変だったと思う。

生活リズムが変わったからか、ワガママに育てたせいか?
すばるが、ここんとこ粗相をする頻度が高い
わざわざ、トイレの外にオシッコしている~
今日なんて、二度も掃除をした。
ずっと、ここ数か月、粗相してなかったのにな~。

今日の「NHKのど自慢」で、SMAPがVTR出演をしたんですね。
30日、0:15分から1時間15分のスペシャル版で、SMAPが出演。
秦野市での公開録画だったようで、私にとって秦野といえば、懐かしくもあり、苦くもある思い出があります。
秦野かあ~と、まず最初に思ったよ。
楽しみですね~
スマシプ3人旅もあるらしい。
てことは、今年も「SMAPがんばりますっ」はないのね~(残念!!)

録画していたものを追っかけ観ている状態なんだけど、「ナカイの窓」に千賀くんが出ていたのは知らなかった。
リサーチもサボりがちで申し訳ない。
ゲストMCは誰の手に?
あわよくば千賀くんにって思ったけど、そんなに甘くなかった。
でも、買ってくれているテレビ局のプロデューサーさんもいて嬉しい限り。

横尾くんが出ていた「ペット王国 ワンだランド」面白かったあ
横尾くんは、ペット介護士の資格も持っているけど、実家の年取ったワンちゃんのために取ったって聞いて、優しいんだな~と思ったよ
台風のためロケに行けなくなった篠田麻里子さんの代わりに行った横尾くん。
いいお仕事してました~
虫が苦手なのに、町田市の雑木林に出かけて、プロ・ナチュラリストの佐々木先生の指導の元、虫取りに。
プロ・ナチュラリストってなんだ?ってギモンは置いといて~っと。
大きなカブトムシを見つけて、木を蹴ったものの飛んで行って「やっちまった」と思ったらしい横尾さん。
しかし、その7㎝もあるカブトムシは、カメラマンさんの腕にしがみついていた!!
樹液を吸ってるから、綺麗な色をしていて、そうかあ、食べ物が自然のものだとこうなるんだと感心した。
セミの幼虫がふ化するために木を上っていくのを見ながら「がんばれ!」って言っている横尾さんは、本当に優しい。
一人でゲストでテレビに出ていても、全然不安じゃなくて、滑舌もあんまり気にならなかった。
のびのび楽しんでいて、なんだか母の気持ちになって嬉しかった。

キスマイコンのチケット、速達で郵便屋さんが、届けてくれてビックリ
相変わらずの、素晴らしい席で、今年も双眼鏡が手放せないな~と思ったのでした




どんな老後になるのかな??

いきなり、堀北真希さんと山本耕史さんの結婚のニュースが飛び込んできました。
「スマステ」で、さっそく(タイムリーだわ~)「俺の山本耕史をよろしく!」という慎吾ちゃん。
おめでとうございます

上戸彩ちゃんに第一子誕生!
拓哉くんが、おめでとうメッセージを送っていましたが、ほんと無事に生まれて良かった
こちらもおめでとうございます
元気に育ちますように。

久しぶりに聞いた「ワッツ」で、新曲が流れていました。
何かをしながら聞いていたので、内容は覚えていないけど
新曲のCDのジャケット写真も解禁になりました。
なかなかカッコいい。
迷うね。でも、私は、通常盤にする。
スマホのラジオで聞いたから歌詞が、今一つ分からなかった。
正直、私の好みじゃなかった・・・気がする。
ちゃんと聞いてみないとね

「ゴロウデラックス」
古市慶寿さん著「保育園義務教育化」
この人、社会学者だったんだ~。
何かの番組でコメンテーターで出ていて、若いのに面白い視点の人だなと思っていた。
たびたび、発言がもとでネットが炎上するらしい。
そうだろうな
言いたい放題言ってるけど、なぜか反感を感じない。
大丈夫か、そんなこと言って・・・と思うのは、私からしたら末息子くらいの感覚だからだろうか。
少子化対策の問題は、ほんとその通りと思うよ。
働くお母さんは尊敬していい存在なのに、なぜ保育園探しに右往左往しなくちゃいけないのか。
少子化の原因は、若者の性欲の減退か・・・?
突然、吾郎さんに「性欲強い方ですか?」と聞いてみる人である
それに対して「人と比べたことないから分からないなあ」と、真面目に答えるジャニーズアイドル吾郎さん
「強いと思われたいですか?」と、またまた古市氏の質問に
「思われたくない」と。
古市氏は、「稲垣さんが、どんな風に老いていくのか興味ある。おじさんでもないし、お兄さんだし。」
吾郎さん「まだ、20代30代よりだけど、そうもいかなくなるよね。」
本人も想像できない様子(そりゃそうだ!!)
結婚しようと思ったことは?と聞かれ
「ない」と即答(早かった!!)
本当は、孫たちたくさんに囲まれて「おじいちゃん!」とか言われて最期を迎えたいけど、一人だから
そこは覚悟してます、と言っていた。
いやいや、吾郎ちゃん、結婚しないと決めてるのかぁ。
結婚してください、ぜひぜひ~
いい旦那さまになりそうだけどな。
来週は、いよいよゲストに北川悦吏子さん
楽しみです~~

関東エリアだけなんだろうけど、26日(水)TBS深夜3:01から「アカデミーナイトQ」に、吾郎さんの名前があるので
きっと舞台のインタビューだと思います。





「SMAPプレゼンツNHKのど自慢in山田町」

いよいよ、情報公開されましたね。
「SMAPプレゼンツNHKのど自慢in山田町」
9月26日(土)夜7時半から。
ネットで新聞の記事を読んでいたら、とめどなく涙がこぼれてきました。
SMAP、やはり信頼できるグループ。
仕事の範疇であっても、その中で自分たちで出来ることを考え提案し実行する彼ら。
お仕着せの仕事して満足する彼らではなかったんだと、改めて確認することができて、私たちスマファンは幸せ~
彼らを、本当に誇りに思います。
会場に入るお客さん、一人一人と握手。
中には泣き出す方もいたそうで。
600人収容の会場は、デビュー以来初めてのキャパらしい。
「世界に一つだけの花」を歌うと、自然と会場と合唱になる。
この歌が、どれだけ愛されているのかと嬉しく思う

山田町では、676人の方が亡くなり、148人の方が今だ不明だそうです。
少しでも、SMAPによって癒されたでしょうか。
少しでも元気になれたでしょうか。
まだまだ復興できたとはいえない東北に支援を忘れない彼ら。
いまだに、スマスマで支援を呼び掛けていることを評価してくださる新聞もあって嬉しい

拓哉くんと吾郎ちゃんは、漁師さんのところでカキ養殖のお手伝いに。
慎吾は、新しくオープンする商店街に。
中居くんと剛くんは、仮設住宅の訪問に。
目撃情報も出ていた、SMAPがカラオケに?の模様も放送されるようで楽しみですね。
やるね、NHKさん!

それぞれいい記事を書いてくれているので⇒⇒スポーツ報知サンスポスポニチ


お誕生日おめでとう♪♪

中居正広さま。
お誕生日おめでとうございます

SMAPのリーダーで、誰よりもSMAPが好きで、誰よりも責任感が強い男中居正広。
「プロ」という言葉は、あなたのためにあるのではないかと思うほど。
時に暴走しちゃうのが、玉にキズなんだけどね(笑)
お父様とお別れした中居くん・・・。
辛かったと思うけど、いつも父上が見ていてくれるから安心してお仕事してくださいね。
でも、ちょっとだけ楽をしませんか!?
走っている中居くんも大好きだけど、いつも元気でいてもらいたいから、ちゃんとお休みもとってくださいね



渋谷ヒカリエに、「岩合光昭のふるさとのねこ」展に行ってきました。
青森の四季と、そこで生きる猫たちの写真が、本当に可愛くて綺麗で癒されました。
猫さんって、どの子もみんな可愛い。
さっそくカレンダーやらクリアファイルやら買っちゃいました
SMAPやキスマイのライブの時でさえ、こんなに買わないのに・・・

さて、月曜日は嬉しい「スマスマ」
今日のお楽しみは、ビストロ弁当のロケ~~
その前の芸人さん二組のビストロも面白かったぁ。
博多華丸・大吉さんとハリセンボンのお二人。
芸人さんには詳しくないのだけど、最近の、やけにうるさかったり、動きでごまかしている方たちと違って正統派な感じがする。
イヤミじゃない。
SMAPにお願いしたいこと。
春菜さんのはオチに使われるんだろうなとわかってはいるけど、そこんとこ、自分の仕事・・とばかりに奮闘する彼女はプロですね。
福岡のローカルな番組に、いつでも出ます!と本気の申し出をする拓哉くん、男前です~~
オファーがあったら、本当に行きそうですね。
朝食、私は、洋食派で~す(←聞いてないか
美味しそうなパンだった。あんな朝食が食べたい。

近所のセブンには、小さなお届け便の車が置いてある。
電気で動く、おもちゃみたいな車だよん。
でも、こんな出張していく便があったとは~。
北海道で、真っ黒な拓哉くんは、なんか変だね。
真っ黒なのは、やはり暑い地域でないと変なのかも~などと、関係ないことを考えていました。
しかし、SMAPご存じないお年寄りも・・・
木村拓哉を知らないお年寄りも・・・
まだまだだね~
ロケ慣れしている慎吾はコワいものなし。
職場体験をしていた少年も肝が据わってるけど、うちの子のお弁当は!?と心配していたお母さまが素敵っ!
母への感謝の言葉を引き出して、「ありがとう~♪」を歌えと、弟に言われて素直に歌ってる吾郎ちゃんが可愛すぎ
だからね、フジテレビさん。
彼らに任せておけば、面白い番組が作れるよ

MIYAVIさんとのコラボも素敵だったわ
ミッションインポッシブルのテーマのときのダンス、カッコよかった
決してダンスが上手いわけじゃないのに、大人の色気を放っているSMAPはカッコいい。
新曲のMVが、少し流れましたが、またまたファッショナブルな映像で
歌の内容が、今ひとつ分かりませんでしたが、早く解禁にしてほしいな~。
来週は、過去映像で誤魔化すのかいな!?


フジテレビさん、頑張って♪

とても真面目に語った後に、もう一件。

キスマイが、10月11月と連続でシングル曲を出すそうな
玉森くんの映画「レインツリーの国」の主題歌を、つんくさんが提供してくださるそうだ
つんくさんの曲、とっても楽しみです。
もう一曲は、これも玉森くん主演ドラマ「青春探偵ハレルヤ」の主題歌だそうで。
秋は、玉ちゃん祭りなのね~~
キスマイメンバーのドラマは久しぶり!?
玉ちゃん、相変わらず大活躍ですね。
太輔、どうした?
出てこないと忘れちゃうよ~~。映画の公開は来年だし~。

最近、ネット記事で、フジテレビの危機が、ドラマ「HEAT」の視聴率低下を題材にささやかれていますね。
でもって、なぜかSMAPがらみになるのは、なんでやねん!?
「FNSなつの歌まつり」の視聴率低下は、SMAPを撤退させたからとか。
そもそも、フジからSMAPを撤退させて、嵐と組もうと画策していたとか、あるかないかのアヤシイ記事ですので、全部を信じるわけじゃないけど、ふ~んと思うこともある。
アンチSMAPだったはずの、三流記事でさえ、「そもそもSMAPを撤退させようと思ったのが間違い。結局は、SMAPに助けられているのに」と書いてあって、笑っていいんだか怒っていいんだか・・・
SMAPファンも年季が入ると、つまんない記事には腹も立たなくなってる。
ていうか、読まないし、ほとんど。
たまに、何が書いてあるのかなと興味本位だけで覗くことがあって、それはそれで面白い。
確かに、あの東北の震災以降のSMAPの動向で、好意的になった気配はあるから、そんなに不愉快な記事もないけどね。

さっさと「FNS」の歌まつりは、剛くんに返せよ~~と、正直思う。
返さなくてもいいから、司会を変えろ~~。
だって、今のままで視聴率が稼げるわけがない。
ジャニーズたくさん出したって、視聴率稼ぐことにはならなかったし、そういうことじゃないんだよっ!!フジテレビ!!
演出、へたくそなんだよ、司会進行が野暮ったいんだよ、つまんないんだよっ!!
(と、言っちゃったぁ

「HEAT」の2%台の視聴率は、史上最悪なんだそうな。
映画化は諦めて、さっさと潔く終わらせろ~~フジテレビ。
まともな芝居をいている吾郎ちゃんが、逆に浮いて見えるの可哀想だっ!!
もったいなさすぎ。
そもそも、「海猿」の次のヒット作にしようと画策したのが間違い。
何かの後を追う。
何かの雛型に当てはめる。
過去の栄光にすがる。
これをやっていたら、いいものが出来るわけがない。
私は、フジテレビが好きだから、よけいに腹が立つのです。
そもそも、こういう時間帯のドラマ主演に素人同然の人を置いちゃだめだよ~。
役者さんには、上手い人もそうでない人もいる。
上手くなくても、なんだかカリスマを感じる人もいるけど、それもない。
逆に、人気のある人を主演に置いたからって、高視聴率を取れるわけでもない。
SMAPもそうだし、嵐も、みんなが視聴率に貢献できているわけではない。
飛ぶ鳥を落とす勢いの嵐くんメンバーだって、取れない時は取れないのだから、役者のせいだけではなく、総合的にツマンナイと、なんで分からないのかな。
前回の「HEAT」で、就活生のエピがあったけど、ありゃないよね。
相葉くん主演の「ようこそわが家へ」で、妹が面接を受けるシーンが秀逸だったのと対照的だ。
こんな子が欲しいと、誰でもが思うだろうなと思えるリアルな面接であった。
ドラマは架空の世界だけど、身近にないと受けないんだよ、フジテレビさん。
相葉くんも、そんなに上手い演じ手ではない。
でも、彼には、不思議なカリスマ性があるんだと思う。
そういうことなんだろうと思う。

SMAPが、何かの形で参加すれば、それ相応の成果が出る。
それは、彼らのカリスマ性だよ、フジテレビさん。
上手に使わなくちゃ、損だと思いますけど

戦後70年・・・・・

さっきまで、日テレ「ミヤネ屋」で、硫黄島からの生中継を交えながら、ここで何が起きたのかの検証をやっていた。
途中からしか見れなかったのが残念だが、それでも十分伝わったので、いい内容だったと思う。

戦後70年ということは、そろそろ戦争を知る世代がいなくなるってことですね。
今年は、各局が特集を組んでいるみたいだけど、こういうドキュメンタリータッチの、生存者へのインタビューはすんなり入りやすい。
「ミヤネ屋」昼間の番組だけど、真摯な気持ちが伝わってくる。

硫黄島の戦いが、映画になったりしたけど、私は見ていない。
辛くて目をそらしていたと思う(反省!)
日本側とアメリカ側から描いたものもある。
かつて、アメリカに住む叔母から、いろいろな物と一緒に、アメリカ側から書いた本が送られてきたことがある。
半世紀をアメリカで生きている叔母でも英語が堪能ではないから、翻訳されたものが送られてきた。
あれは、どういう意味だったのだろうと思う。
でも、今日、ミヤネ屋を観て、なんとなく分かった気がした。

戦争に勝ったも負けたもない。
あの戦いが終わった後も、大勢の日本兵が壕にこもって壮絶な戦いを続けていたらしい。
捕虜になることは恥・・・と教えられていたから、暑さと水と食料もなくて地獄絵のようだった壕から出てきた日本兵の後ろから仲間が撃ったという話。
壕の中で、味方同士が撃ち合いになったという話。
米軍が、投降にも応じない日本兵に業を煮やし、掃討作戦を敢行したこと。
それでも、生きていた方たちがいる。
水もなく食料もなく、負傷した身体で捕虜となり、今、90歳前後の彼らは幸せに生きている。
家族にその話をすることもはばかられていたのに、今回の取材に応じた気持ちに涙が出た。
一日も忘れたことのない、亡くなった仲間のこと。
苦しかった毎日のこと。
なぜ、自分が生かされたのか申し訳なさでいっぱいになるという。
アメリカでも、硫黄島の戦いにちなんでイベントがあるらしい。
やはり、生き残った元海兵隊員だった90歳くらいの老人がインタビューに答えていた。
「万歳攻撃」を仕掛けてきた武器を持たない日本兵を撃った。
そのことを一日も忘れることはない。
ときおり、夢にうなされて暴れるのを、妻がなだめるらしい。
やはり、なぜ自分が生かされたのかと問うらしい。

戦争に、勝った負けたもない。
戦争に行くのは、普通に平和に生きていた若者たちだ。
中居くんが言ってた。
「戦後、70年、戦争で亡くなった日本人はいない」
いろいろな問題は山積みだけど、それは稀有なことなのかもしれない。
今も、世界のどこかで銃を構えている若者たちがいる。
その愚かさに気が付くのは、いつか終結したあとなんだろうか。
終結することさえないのではないかと思える状況にある地域もある。

その当時、日本政府が先進国に肩を並べようと、焦ったことが間違いだった。
パールハーバーの攻撃を踏みとどまっていたら・・・などなど、今なら言えることも、当時は不可欠なことだったのだろう。
父は、「日本が負けるなんて思っていなかった。そう思わされていただけなんだけどね」と言う。
負けることは恥と教えられた日本人は、ついに原爆を落とされるまで抗ったのだと思うと、とても切なく悲しい。
でも、私たちの平和は、すべて、先に逝かれた方たちの命の上に成り立っていると、この時期だけでも思い知ることになる、こういう番組の存在は、これからもず~~っと続けていってほしい。

あの戦争で亡くなった、すべて国の人たちの御霊安かれ・・・。


戸田恵子さんは、SMAPファン♪

久々に、アタマから「ミになる図書館」を観た。
最近、深夜番組はいい加減だ。
録画はするものの、端折って観るか、そっくり削除してしまう。
「ミになる図書館lの知らなきゃよかったシリーズは好評なんでしょうか。
テーマ次第なのかな。
耳年齢のチェックは、やだね~、年を認識しちゃうよ。
戸田恵子さんが、ご自分の好きな「きざみキャベツ」の話をしなくちゃいけないのに、打ち合わせにない「SMAP愛」を語りだす。
どうしたんだ~な、中居館長。
戸田さんの連ドラ二作目が「ショムニ」だったらしい。
戸田さんって舞台女優さんだったよね、確か。
ドラマ撮ってるときに、スマスマ収録のSMAPと会うこともあった。
大好きなSMAPの誰かと、いつかドラマで共演できるかな~~と思っていた。
そうしたら、なんと!!
「古畑任三郎」で、SMAPのマネージャーをやった。
5人いっぺんに
しかし、戸田さん、なんでいきなり話しだしたんだろうね。
中居館長、「そういう話は、全員がいるときに話してください」ですって。
みんなに聞かせたかったのかな~
あのマネージャー役は、戸田さんしかいなかったよねってくらいハマっていたよね。

来週の「UTAGE」は、初めてのロケ。
しかも、夏合宿!!
外のステージ?で、中居さんを前にして歌っていたよ、舞祭組が。
学生みたいなノリだったけど、予告では。
楽しみです

吾郎ちゃんの舞台「No.9-不滅の旋律」
吾郎ちゃんと優子ちゃんと監督さんのインタビューなど、「スーパーステージ」で放送。
17日(月)深夜1:50~TBS「スーパーステージ」


またまた、すばるん♪

またまた、しつこく、私の「しゅばるん」
SMAPの拓哉くんより、キスマイの太輔くんよりイケメンな「しゅばるん
赤ちゃん言葉になりません!?
ペットを飼ってる皆さま。
すばる=しゅばるん・・・なのですワ
不思議なことに、すばると呼んでも、しゅばるんと呼んでも、しゅばる~~と呼んでも、尻尾をパタパタと振って返事をします。
猫って、尻尾の振り方で感情が分かるんですよ~。
ネコの、全身で表現する面白さは、ワンコにはないものですね~。
犬ほど、ネコは表情がないって言う人がいるけど、そんなことはない
まずいな~と思うらしいときは、目をそらすし、何か訴えたいときは、じ~~っとこちらの目の奥を覗いてます。
すばるは、たまに粗相をしますが、粗相は悪いことと思ってないらしい。
それよりも、自分のトイレ掃除が上手くいかず足を汚したとき、すっごい勢いで走り回ります。
捕まえて調べられると知っているのか、とにかく逃げます。
目が合おうものなら、シュッといなくなる


除湿器が入っていた段ボールの中で遊ぶ、すばる。
小さな穴から目だけ出し、ほんとは、ここから前足を出していたの。
それが可愛くて撮りたかったのだけど上手くいかず。


箱から出てきたところ。このあと、この中で引っくり返って寝てましたぁ♪


分かりにくいですが、ケージの上の段が寝床。
そこで、下半身は仰向けで完全に足をおっぴろげてます(失礼!!)

スマホのカメラは、あんまりよく撮れない。
夜間だから、フラッシュ使うのだけど、あまり綺麗じゃないですね。



今日も楽しかったね♪

「SMAPXSMAP」シャッフルビストロは、やっぱり面白い
久しぶりに、前のめりになって観たよ。
この人たちを自由にさせておいたら、どんなバラエティ番組も敵わないと思うよ。
密かに?(でもないけど)中居くんが、ちょいちょい軌道修正するおかげだけど。
下手なコーナーを作るくらいなら、この人たちに任せたらどうなの?
フジテレビさん。

香取慎吾は、やっぱり末っ子だ
お兄ちゃんたちの顔色を伺っているようで、とっても自由に好きなようにさせてもらって許されている典型的な末っ子だわ、と再確認した。
この日とばかりに好きな私服で決めてくるところなんかもね。
剛くんとの、まるで自宅での会話か?・・なグダグダトークも、この二人っぽくていいよね。
我慢できなくて、中居くんが口を出しちゃったけど、グダグダな二人を下から見て、ずっこけてる拓哉くんがツボでした

自ら電話番号を教えた芸能人が山P
番組終了後、ネットを覗いたら、さっそく記事になっていた
他のジャニーズのグループよりも、誰よりも一番記事になってしまうSMAP。
手ぐすね引いて待ってるよね、マスコミって。
そういえば、他のグループの発言が話題になることって、そんなにないよね。
少なくともSMAPほどには。
いまだに、良くも悪くも記事になる題材を提供してしまえる彼らって、凄いな~と思う。
慎吾くん、結婚する気あるのか、本気?
リップサービスなのか、他のメンバーが割り込んでくるのを予測して、面白くしているのか?
SMAPって、一人一人が構成作家みたいなところあるから、本気な発言なのかわからない。

慎吾くんにもおじさんの友達がいた!
しかも、ヒロくんなんだとか
慎吾クイズの、初めてのソロ曲は?に
「マヨネーズ」と答えて外れたときの拓哉兄ちゃんの照れた顔が可愛い

次は誰なのかな。
吾郎ママがんばったね。
衣装、作ったんだね~~

「Triangle」聞くと必ず、じわっと涙が出てきます。
昭和の町のジオラマの中のSMAP。
真っ白な衣装は平和を象徴しているのかな。
これだけのジオラマに、渾身の気持ちを感じた。
そこにSMAPの歌が乗る。
スマスマスタッフの、S-liveに対する本気の気持ちを感じた。
贅沢な時間だと思う。
大事なメッセージを、その時、その時、本気の気持ちで届けてくれるSMAPとスマスマスタッフ。
SMAPファンは幸せだと思う。

セブンとのビストロ企画の時期なんですね。
とっても楽しみ。
やはり、ロケは楽しいよ
一般の皆さんのリアクションを見るのが楽しい。

「キスマイBUSAIKU!?」
は、森星(ひかり)さんを喜ばせるスポッチャデート。
スポッチャってなに?ってもんですが、こういうジャンルのスポーツ施設なのね。
ランク決めは、星さん自身。
彼女、きゃぴきゃぴしてる子なのかなと思っていたけど、意外に、普通の感覚の子だった。
好感度アップ~
一位にニカちゃん。
うん、ちょっと恥ずかしいけど、これは楽しいかも。
二位、太輔。
真っ当に攻めるデートかな。
三位、みっくんだったけど、私的には、これが一位。
インドア派の私でも、これなら楽しめるから。

次、カラオケデートで、キスマイの歌が聞けるから楽しみ♪
それぞれが何を歌うのかな?


命あるもの

日付をまたいで二件目の投稿

父のところに行こうとして駅に急いでいた。
駅まで少しのところで、綺麗な40代前半と思われる女性とすれ違った。
すれ違う寸前で、その方は、あれ?という微かなリアクションとともに沿道の花壇を見た。
釣られて見てしまった。
車道より一段高くなった歩道には、車道側に花壇がある。
花が植えてあったり、花は咲かない名前が分からないけど膝くらいまでの高さの木が並んでいたりする。
あれは「木」でいいんだろうか・・・??
どうも植物のことには疎い私です。
その木の枝葉のテッペンに、小さな雀よりもメジロよりも小さな可愛いグレーと白のツートンの美しい小鳥が、足場が悪いのかバタバタ動いていた。
ああ、見なきゃよかった・・・と思う
なにしろ、鳥が大好きなワタシである。
そういう場面に遭遇したくないから、わき目も振らず歩く。
耳にも栓をする。
気が付かないフリをする。
振り返ったら、その女性は、かがんでその小鳥を見ていた。
その後どうなったのか。
帰りに、そこを通る勇気はないし、明日も通れないと思う。
ぴーちゃんが通っていた小鳥の病院に「ボクたちを拾わないで」というポスターがあった。
以前、職場のドアガラスに鳩が激突したことがあった。
胃が裂けていたように思う。
動物病院に電話してみた。
同僚の息子が、動物園でアルバイトしていて、よく野生の鳥が持ち込まれると言っていた。
しかし、その動物園が休園だったので、動物病院へ電話してみた。
優しそうなお医者さんは、野生の生き物は、その場に置いたままにしてくださいと言った。
それが自然淘汰で、外で生きる生き物の宿命だからと。
それに感染症がある場合もあるので触らないようにと(さわった後だけどね)
猫に狙われるかもしれないけど、段ボールに入れて庭に置いた。
数時間後、勇気を出して見に行ったらいなかった。
羽も散っていなかったので、猫や野犬に襲われてはいないのだろう。
野生の生き物だ、より安全な場所へ力を振り絞って飛んだのだろうと思う。
工藤静香さんが、「夜、母が小鳥の雛を連れてきて、どうにかしてって言われて」
ドンキホーテくらいしか開いていないので、ドンキで餌を買って育てた話をしていたのを思いだした。
木から落ちた雛を、お母さまはとっさに拾った(そうするよね、見ちゃったら!)
餌は生餌である。
飛び立ったあと、その子らしいのがいたので、割りばしに餌を挟んで、名前を付けていたので呼んだら飛んできた!と言っていた。
静香さんの、行動力と決断力には敵わない、男前である。

その小さな美しい柄の赤ちゃん鳥がアタマから離れない。
昨日、うちのベランダに、蝉が引っくり返っていた。
当然、すばるが凝視、でも動かないから興味を失う。
夜中になって捨てようとティッシュでつまんだら、力を感じた。
必死でしがみついたのである。
最後の力だったんだろうか・・・命切れるまでそのままにしておいた。
朝になって、もう動かなかった。
蝉は一週間くらいしか生きていないらしい。
自然の営みは美しいと思う。
今日も、蝉がチチチ・・・!と鳴いてベランダに飛び込んできた。
すばるが気が付く前につまんで外に放った。
もう飛ぶ力も失われているのだろうが、昨日の蝉よりまだ元気だった。
当たり前の営みなんだけど、なんだか切なくなった。
あの小鳥も、巣から落ちたのか、傷ついて飛べなくなったのか、自然の中では致し方のないことだ。
それでも、切ない。でも自然の力は美しいと思う。
人間と共存できる社会であってほしいと思うが、日本は難しいね、自然を人間が取り上げてしまっているから。

毎日、やるせないニュースで一杯だ。
熱中症で亡くなっていた老3姉妹。
線路に入った孫を助けようと覆いかぶさったおじいちゃん。
二人とも亡くなった。
電気柵で感電して人が亡くなった事故のあと、設置した男性が自殺した。
ただ、やってみたかったというだけで、殺され火を放たれて亡くなった若い女性。
じぶんちに飛行機が落ちるなんて思ってもいなかったでしょう、トリマーだという女性の告別式があったらしい。
世の中、不条理だ。
こんなやるせない事故や事件が、毎日起きる。

いったい何なんだ!!と腹が立つ。
腹立たしいのを通り越して、ただただ悲しい。

長くなったけど、いろいろ思った一日でした。

このYKKのCMに癒されました。
若い夫婦に飼われているネコちゃん。
赤ちゃんが生まれて、大好きな夫婦は赤ちゃんと一緒。
ネコちゃんは、お気に入りの縫いぐるみを抱いて、赤ちゃんのつもり?
遊んであげようと?ネズミのオモチャをくわえるものの、赤ちゃんは、お外でパパとママと楽しそう。
窓から淋しげに立ち去るネコちゃんの、なあ~んといじらしいこと
猫って、本当に動作が可愛い。
どんな動きも、本当に愛らしい生き物です。
見たことない方に、どうぞ⇒⇒(YKKCM)


ワイドナショーの中居くん

最近はTwitter情報が氾濫しているから、大好きなSMAPの動向が分かってしまう。
いいんだか良くないんだかわからないけど。
どうやら、NHKのど自慢の予選会に行ったらしい。
泊まったらしい。
拓哉くんは、松たか子さんと一緒に、京都大阪へ舞台挨拶に行ったらしい。
このコンビは最強だね!!
さっそくネットニュースになって、行ってなくても何があったか分かる世の中。
続編は、見ている側次第らしいので、盛り上げれば可能ってことでいいのでしょうか

「ワイドナショー」&「ワイドナB面」面白かった。
録画しておいたのを夜になって観ました。

夏休みなので、女子高校生(雑誌のモデル、可愛い子だった)が出ている。
前もってのアンケート「上手いと思う司会者は?」に
中居正広・櫻井翔・陣内智則を挙げている。
SMAPさんのライブには7回くらい行っている。だから緊張していると。
「でも好きなのは木村さん」と書いてあるよ
中居くん、カトちゃんみたいな顔していた~。

「おっさんレンタル」というものがあるらしい
ネットに登録して、指名されれば出向くみたい?
恋愛相談とか、もろもろのお仕事内容があるらしい
今までクレームや問題は一件もないらしい!!
そのモデルさんに「おっさんって幾つから?」と聞く。
「35歳以上・・・・」
全員、おっさんじゃん
中居くん「じゃ、木村もおっさんだよね!?」
高校生、即座に「違います
中居さんは?の問いに、んん~~違います
木村さん、大好きなんだね~。
女子高校生に大好きと言われる木村拓哉、凄いよね
パパくらいの年だけどね。
でも、自分も高校生くらいのとき父親くらいの年齢の俳優さんとか、カッコいいと思える人もいたよね。

泉谷しげるさんが、ライブで投げたギターが女性の額に当たり訴訟になっているとか。
いつもやっていることだったが、たまたまこうなってしまい、今後投げませんと当人は言っている。
中居くんの見解。
いつもやっていることでも、その人は、初めてだったかもしれない。
チケットなどに、そういうこともあるかもしれないという文言を入れたほうがいいかも。
お金を払って来ていただいているお客さんには、楽しかったと帰ってもらうのが大原則。
以前、色紙の角を丸くして投げていたが、危険を避けるためにやめたと。
すべての可能性を考えて排除するべきという中居くんの考えは謙虚でいい。
山里さんが言うように、「なんでも許されると思っていたかも」というスタンスの芸能人の方が多いのではないかなと思う。
以前、拓哉ドラマのエキストラが怪我をしたことを思い出しましたが、中居くんの見解には、すべての経験が生きているんだなと思う。

情報解禁♪

9月9日に発売されるSMAP55枚目のシングルのタイトルが発表になりました。
「Otherside/愛が止まるまでは」
両A面シングルで3種売り。
どれを買うか迷いますね⇒⇒ナタリー
カップリング曲が入っている通常盤にしようかな~
「愛が止まるまでは」は、ゲスの極み乙女の川谷絵音さん作詞作曲。
「Otherside」は、スマスマの新テーマ曲で、MIYAVIさんの作曲。
今月17日にコラボあるみたいです。
楽しみですね
久しぶりの新曲って気がする。

戦後70年の年ですが、次のスマスマのS-liveは、久々に「Triangle」を歌ってくれるみたいで楽しみです♪
これ、何かのインタビューで拓哉くんは「好きな歌」って言っていたのが印象的でした。
意外な気もしたあとで、やはり父親目線だと思ったものでした。
初めて聞いた時の衝撃は忘れられません。
SMAPも、こんな歌をうたうようになれたんだと思って。

いつ情報解禁するのかなと思っていた映画「信長協奏曲」
来年1月23日に公開。
もちろん、藤ヶ谷太輔くんも出演。
映画だから、壮大な物語になっていることを期待しちゃう。
信長=光秀という発想があっての本能寺も描かれるなら興味津々。
太輔くんもたくさん出てくれると嬉しいけどな⇒⇒(信長協奏曲HP)

そういえば、an'anの表紙で玉森くんが、ついに脱いだ・・とか?
この話題、ちょっと遅いか~
細マッチョだもんね、玉ちゃん、きっと綺麗だろうね。
でも、私、基本的にジャニーズのヌードはおろか、上半身裸も好きじゃないのです。
見たくないっていうのが正直なところ。
はい、たとえ木村拓哉さんでも、あれは好きじゃないです
ええええ~!!と矢が飛んできそうですが。
女性もそうだけど、まるで肌が出てしまうと「ツマンナイ」って思っちゃう。
モデルさんだと、そうあってもいいように鍛えているから美しいと思うの、男性も女性も。
どこから見ても美しい身体でないとモデルなんてできないものね。
俳優さんやらアイドルが、肌を見せちゃうと、なんだかガッカリしちゃうのよね。
それより、着衣していて色気があるって人が好きだな~
あと、表情やポーズもさせられているとは思いますが、ジャニーズの人たちのって、なんか色気の勘違いしていないか・・・?
恥ずかしくなってしまいます~
着衣のまま、ちょっとした表情や仕草に男の色気が出ていると最高なんだけどな~

すばるの日常(^_^)v


すばるは遊ぶのが大好き
お気に入りの、シッターさんに貰った猫じゃらしを見せると、狂喜乱舞する
狙っている


ソファの背もたれの隙間にすっぽり収まるすばる。
取り逃がすまい!!と集中している


捕まえた?!
すばる?
捕まえたつもりのすばる
身体は、完全に隙間に挟まっている
毎日、ソファの上でジャンプしたりバック転したりのすばる。
でも、すぐに息切れして心臓の鼓動が早くなるのが心配なママです

やっぱり雑なのね・・・

吾郎ちゃんが頑張っている「HEAT」だけど、やはりやっぱり面白くないのね・・・。
これはもう致し方ない。
でも、今回は、若干出番が多かったような気がする。
録画したのを、他に見るものないし文句言うならちゃんと観ろ!と言われそうなので観たんだけど・・・。
雑なんだなって、やっぱり。
まず最初に、大事なビッグなプロジェクトの会議なのに、社長は一人で会議室に入室!?
零細企業でもあるまいし、秘書とかはいないのか。
たとえいなくても、部下となる役員の一人や二人いそうなもんだ。
社長自らドアを開けて入ってきたのには、あれ~って思っちゃったよ。
それに、社長室には誰でも入れるんだ。
てことは電話も直通?
秘書室って、普通あると思うけどね。
ドアをとんとん♪「はい・・」って社長自ら・・・
こんな細かいところに配慮できないと、リアリティに欠けてしまう。
たとえ、この社長がワンマンの誰も信用しない人だったとしても、会社のセキュリティの上から、あまりにもガードが甘い。
有りえないと思う。
雑な作りは、感情移入が出来ない。
主演の方の表情が、いつも同じなのも気になる~
吾郎ちゃん演じるところの社長が、いったい何を考えているのか知りたいから見るけどね。

そういえば、松本人志さんが「27時間テレビは、もうやめたほうがいい」みたいなことを言ったらしい。
とりあえず休んでみるとか。
そもそも、日テレの「24時間テレビ」に対してのパロディだったはずなのに、それにもなってないと。
なぜ、同じようにマラソンをやるのか。
大久保さんが、実は車で移動したとかいう噂も出たけど、むしろ、実はそうでしたって言う方が27時間テレビだろうって。
ふむふむ、確かに。
私は、なんで「27時間テレビ」でマラソンやってるのかなと思っていた。
一般視聴者から、感動押し売り番組の「24時間テレビ」も止めるべきだという声も上がっ
ているそうです。
ふむふむ。確かに。
私も、当初の「24時間テレビ」は、世界に目を向けることができるいい機会だったので見ていたけど、いつの間にか感動押し売り番組になって、しかもジャニーズがMCやることが多くて、なんだかね・・・と観なくなってしまった。
看板にジャニーズを置いて、ドラマも彼らでって、事務所事情がプンプンしていて、嫌い
爆弾飛んできそうだが、つまんないんだもん。
ハンディキャップを持った人たちが、こんなに不利でも頑張って、これだけのことが出来ましたって、それは差別だと思う。
世の中には、黙々と自分と向きあって頑張って、命の灯をともしている人たちは、たくさんいるよ。
それでも、「頑張る」って言葉が重くて、頑張ることを諦めた人もいるよ。
人生、身を任せて生きている人もいるよ。
それはそれで、その人の精一杯の人生なんだよ。
頑張れない人に寄り添うことは出来ないのかな。
それでもいいよって肩をたたいてくれるような番組は出来ないのかな。
どこにでもいるような子供たちや学生や、社会人や、身近にいる悩んでいる人の肩をたたいてくれるような番組は出来ないかな。
その中に、身体にハンディキャップがある人もいるだろうし、そうでない人もたくさんいる。
なぜ、ハンディを持った人ばかりに集中するのか分からない。
昔、SMAPがメインパーソナリティをやっていたころ、まだこんなじゃなかったと思う。
もし、きっとないだろうけど、彼らがやるとしたら、今みたいな構成は嫌うだろうな~と思う。


月曜日は、やはり「スマスマ」♪

やっぱり「スマスマ」がある月曜日は嬉しい♪
ことにこの夏は、月9「恋仲」も観ているし、その前の「スカッとジャパン」も面白い。
でも、今週は、ちゃんと観れていない。
「スマスマ」は、アタマからちゃんと観た。
大好きな竹内結子さんと大竹しのぶさんだから、ビストロもなお楽しみってもの。
映画「インサイドヘッド」も観た。
中だるみがあるものの、なかなかいい映画だった。
吹替え版をお勧め。
結子ちゃんの歯切れのいい早口な「ヨロコビ」も素敵だけど、しのぶさんの「カナシミ」が愛おしい。
慎吾くんが、セーターにこだわったのが分かるよ~~
このお二人だから、中居オーナーとのお喋りも弾んで楽しい。
「中居くんも歌好きだもんね」という大竹さん、あなた確信犯
そういうフリ、中居くん大好きだよね。

次回ビストロ、待ってました!!のSMAPシャッフルゲスト慎吾くん。
オーナーは剛くん。
ピンクのシェフの衣装を着た中居くんが新鮮(何を作るのか
慎吾と剛くんじゃ、グダグダ進みそうだけど、きっと慎吾ちゃんが仕切るんだろうなあ

ベランダにカラスがフンをするって、吾郎ちゃんが言っていたよね。
カラス・・・!?
カラスってベランダに来るんだ。
吾郎ちゃん邸は、高層階だろうけど、きっとベランダがお庭のように広いんだろうな。
うちくらいのベランダだったら、少々幅があるとはいえ、窓の向こうにカラスがいたらビックリだよ
さすがのすばるもビビリそうだ!!
鳩が巣を作る竹内邸も木村邸も、広いベランダなのかな~。
っていうか、きっと緑がいっぱい?と想像してみた。
隠れるところがないと作らないよね、きっと。
しかし、狙ってるかもしれないけど、野良猫シメないでね、木村さん

中山秀征さんは、スマスマ初出演だったのね。
メンバーもビックリしていたけど。
それを考えたら、まだ出ていない芸歴のあるタレントさんや俳優さん、アーティストの方もいらっしゃいますよね、きっと。

洋楽に興味がないので、カーリー・レイ・ジェプセンさんが、どれくらい有名な方か分からない。
海外からのお客様のときのSMAPの振り付けが、いつも素敵だ
カッコいい。
拓哉くんは楽しそうだ。
中居くんが、踊ることに本気出してる。
そういうダンサーに徹しているSMAPが見れるっていう意味で、海外アーティストさんありがとう

「キスマイBUSAIKU!?」
グアムに行く設定での水着選び。
水着を選ぶ設定は、前にも何回かやってない!?
すでにネタ切れか、はたまた水着メーカーだか、販売店との密約でもあるのか。
もうそろそろ、新しいネタを考えないと飽きられるよ、フジテレビさん。
それにしても北山くん、真っ黒~~


忘れちゃったのかな?

今日見た光景。
私が住んでいるマンションから最寄り駅までは10分くらい。
たいていは歩いて行くのですが、なにぶんにも暑くて、時間が合えばバスに乗ります
このバスは、いわゆるシャトルバス。
うちより奥に広がる住宅地をグルッと一回りして駅に行きます。
うちからだと、一回りぶん時間がかかるので歩いた方が早かったりする
それでも暑さには敵わない!!
最近は乗らなくなっていたが久しぶりに利用してみた。
バス停に、私より先輩と思われる男性と赤ちゃんを抱っこしてベビーカーを持った女性がいた
バスが来て、男性が何か言うかな?と思ったけど、そのまま乗ったので、赤ちゃん連れのママに(最後に乗ろうとしている)何かお手伝いしますか?と聞いた。
いえ、大丈夫です、ありがとうございます、と言ったので乗った。
駅から乗ってきて自宅へ帰る人で満席に近かった。
一番奥が空いていたので座った
さっきのママはどうしたかな?
私は、たぶん誰かが席を譲ってくれると思っていた。
このあたりは、30代40代のファミリーが多い。
だから、バスはほとんどがノンステップバスであるが、普通のバスのときもあり、子供連れは大変である。
ベビーカーを畳まず乗っていいことになっている。
が、このママは畳んでいた
マナーのちゃんとした素敵な女性だ。
対応も感じ良かった
運転手さんが、しっかり掴まってくださいと言った。
子供を抱いて、ベビーカーを持っている人に、ちゃんと掴まってくださいと言うより、誰か席を替わってあげてくださいと言うことは、もしかして、このご時世にはクレームのもとになるんだろうか?!
次のバス停で、30代40代と思われる女性が二人降りた。
そのママのそばに座っていた人たちである。次で降りるんなら替わってやれよ!!と心のなかで毒づくワタシ
たぶん、幼い子供たちの子育てを終わった年齢である。
忘れちゃったのかな?!
そんな大変だったときのこと。
忘れちゃったのかな。
何度かは、人の親切に救われたこともあったと思うのに。
他には高齢者と、サッカーやってるらしい子供たちが座っていた。
しかも、ベビーカー、車イスを固定する場所の椅子である。
最近の体育系の子供たちは、運動のルールは教わり勝敗にはこだわるが、行儀作法は教わらないらしい。
昔なら、部活の先生が怒っていたもんだ。
お前たち、立ってろ!と言っている現場を見たこともある。
そんな指導員もいなくなったのか、それは自分達の役割ではないと思っているのか…
情けないことである。
しつけない親も増えた。
自由と放任を履き違えている親もいる。
ありがとうとゴメンナサイを言えない人が多すぎる
エレベーターのボタンを押していてくれる子供がいる。
親が付き添っているからさせているのだろう。
うちの姪の子供たちは、ボタンを押しているのが好きだったから、それを利用してそうするもんだと教え込んだ。
それに対して、ありがとう!を言ってくれる大人が少ない
言ってくれたら嬉しいのに。
もちろん、大人がそうしていても、ありがとうを言ってくれる人は少ない。
言ってくれる人がいたら、顔を見合わせて(^-^)と笑って、一日いい気持ちになれる
特別何かをしなくてもいい。
ちょっとした一言や行いが人を自分を幸せに出来ると思うのに

新国立競技場騒動に思うこと。

ネットの記事で知ったけど、新国立競技場が、スポーツ競技のみの使用に限定されるとか?
そもそも、今になって予算がかなりオーバーするからって白紙撤回したり、遅すぎないか!!??
もう~まったく~
もうずいぶん前から、言われていたよね。
遅すぎる。
さっさと撤回してやりなおせば良かったのに。
まあ、いろいろと大人の事情があるんだろうけれど。
オリンピックに間に合うのかしら。
今までの各国の競技場も、実は完成していなかった・・・と知ってビックリ。
子供のころに、東京オリンピックを知っている私は(年ばれるよね、いまさらだけど)生きてりゃ、二度も体験できるわけね。
でも、正直、あんまり興味ない。
子供のころは、娯楽ってそんなになかったし、日本が世界に進出することが素晴らしいと思えて熱中した。
それでも、天邪鬼な私は、日本を応援するとは限らなかった。
自分の感性で、応援したい人やチームを応援した。
心の中では・・・である
声に出したら叩かれそうである
その気質は今もある。
普段見ないくせに、サッカーのワールドカップとやらの決勝戦だけは見たりする。
かといって、日本を応援しているとは限らない時もある。
変な日本人である・・・と思う。
さりとて日本が嫌いなわけではない、もちろん。
かといって、大好きなわけでもない
どっちが勝とうが負けようが、どっちでもいいのである。
努力と運が勝敗を決める。
だから、自国が勝てなくても、仕方ないよねとなる。
勝利の女神が味方して優勝した国を人を、素晴らしいと思うだけである。
勝者がいれば敗者がいる。
とことん天邪鬼なのは、今も昔も変わっていない。

芸能人もそうだ。
みんながいい!とか、すごく人気があるらしいよと聞くと興味がなくなる。
どこがいいんだかと思う。
なので、今まで、人気が高かったドラマとか映画とか、観ていないものが多い。
損したかな~って気持ちもないではない。
でも、観たいものは自分で選ぶ。
人で選ばない。
作品で選ぶ。
それは、今も昔も変わってない。
人気者で、唯一無条件で食いついたのはSMAPだけである。
それでも、人気上昇中のころは、名前さえ知らなかったし「キムタク」って、亡くなったやすし師匠の息子さんだと思いこんでいたほどだったのに。
この人たちSMAPなんだと認識したのは「24時間テレビ」だった。
あまりにも普通の感覚を持っている青年たちだと知って、ある意味衝撃だった。
ポロリと何かが剥がれ落ちていくような衝撃だった。
でも!
SMAPだから、拓哉担だけど、人で見ない。
彼らが「仕事」として残した作品だけにこだわる。
実際の彼らが、どんな人であってもいい。
イメージも作っていない(つもり)
いい仕事をしてくれていたら、SMAP5人が、いつまでも大好きである。
今日は拓哉担でも、明日は剛担であったり中居担であったり、吾郎ちゃんだったり慎吾だったりするのである。
その時、いいものを見せてくれたり聞かせてくれたりしたとき、本気でいいと思う。
拓哉くんを見ないで、そのいいと思った人を見ていることも少なくない。
だから、コンサートで、私が目で追いかけないのを不思議がる人もいる。
たいていは、初めて見る日は、自担を追いかけるんだろうと思う。
私は、全体の構成のほうが気になる。
一つの作品として、前回を超えているかどうか、そこが気になる。
エンターテインメントとして、どれだけ優れているかが気になる。
いいものが観たい、面白いものが観たい。
それだけである。

新国立競技場が、スポーツ競技の場として尊重されそうな方向に行っていることに安堵した。
コンサートをやる必要はない。
今ある会場として使わせてもらってる場所だけで十分だと思う。
それでも、もしかして野外ステージとして使う日が来るだろうか。
それならそれでいい。
ファンが、雨具必携で参加するのはいつものことですから。
野外ステージがどこであっても。

ていうかさぁ。
東京でオリンピックやんなくてもよかったんだけどな~・・・・その税金、他に使ってほしいんだけどな。
東北の復興は未完成のままなんだけどな。


あと、新国立競技場をコンサート会場としてのこけら落としを嵐か!?とか何とか、もう今から言われていたりするけど、それに対して、最初にジャニーズで使ったのはSMAPだからとか、つまんない争いを聞きたくない。
どこが使ってもいいでしょ。
その器にふさわしい人や人たちが使えばいい。
確かに、SMAPはジャニーズの先駆者として使用許可を取れたこと、近隣の住民の方がたにお褒めを頂いたことは誇りではありますが、嵐くんたちは実績を作ったことに間違いないのです。
つまんない言い争いはやめようね
ていうかさ、2020年、もっと若いグループが出てきて凱旋してほしいよね。
もし使う日が来るなら。


07 | 2015/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あられちゃん

Author:あられちゃん
お仕事をリタイアしたら、SMAP&キスマイくんのことを語りたくて始めましたブログ初心者です。
神奈川在住の、かなりのおばちゃんです。
いつの頃からかSMAPファン。
意識したのは「ロンバケ」の拓哉くんあたりから。
5人が大好きだけど、拓哉くんイチオシ。
キスマイの藤ヶ谷くんをマークしたのは2009年くらい。
Mステに出ていました。
以来、気にしていただけでしたが2011年Marching Jで、SMAPの番組に出たときから、応援体制に。

SMAP1解散は衝撃的でしたが、そもそも立ち直りが早いワタクシ。
過去は追いません。
執着心もない、ある意味、淡泊なワタシ。
書きたいことだけを書いていくブログに変更しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
メールフォーム再開しました♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとうございます♪
またいらしてくださいね♪
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。